このページの本文へ移動

農林水産省

こよみを知る

くらしのこよみ

桜も盛りを過ぎると、冬の間は鳴りをひそめていた雷が、ふたたび遠くの空で鳴り始めます。春の雷は、ほとんどが寒冷前線の通過などによって起こるもので、雹を降らせて作物に被害を与えることもあります。また、この時期には降雪が見られることもあり、定まらないお天気が、まだ春浅きを感じさせます。
©うつくしいくらしかた研究所

メニュー

          農業競争力強化プログラム  


農業競争力強化プログラム

広報誌 aff (あふ)

広報誌 aff (あふ)

2017年3月号
特集1 農業高校
特集2 農高"良品"
 

政策

組織別から探す