このページの本文へ移動

農林水産省

こよみを知る

くらしのこよみ

ツバキ科の花には大きく分けてツバキとサザンカの種がありますが、冬の初めに先駆けとして咲くのは、山茶花(さざんか)。垣根にぽつりぽつりと花をつけ始め、冬の訪れを予感させてくれます。ツバキ科の仲間は、種類によって開花期がさまざまで、春までの長い期間をかけて咲き分けます。同じツバキ科でも、山茶花と椿(つばき)は、花の形は非常によく似ていますが、花弁の散り方に違いが見られます。

©うつくしいくらしかた研究所

メニュー

11月12日 江藤農林水産大臣記者会見


11月12日 江藤農林水産大臣会見

aff 11月号表紙画像

2019年11月号
特集1 Let's農業
特集2 キッチンで野菜作り

政策

組織別から探す