このページの本文へ移動

農林水産省

こよみを知る

くらしのこよみ

筍(たけのこ)が生える時期、という意味ですが、5月も後半にあたりますから、やや遅く感じられるかもしれません。実は、私たちがふだん筍と呼んでいるものには、何種類かのタケやササの仲間が含まれていて、収穫期にも少しずつずれがあります。いちばんよく目にするのは孟宗竹(もうそうちく)のもので、3月頃には早くも市場に出回りますし、真竹(まだけ)のように6月頃まで収穫されるものもあります。
©うつくしいくらしかた研究所

メニュー

5月17日 𠮷川農林水産大臣記者


5月17日𠮷川農林水産大臣会見

aff(あふ)4月号表紙

2019年4月号
特集1 「平成」の足跡
特集2 affの歩み

政策

組織別から探す