このページの本文へ移動

農林水産省

こよみを知る

くらしのこよみ

柎(はなしべ)とは花の萼(がく)のこと。ワタは7月から9月にかけてフヨウによく似たクリーム色の美しい花を咲かせますが、それから約1ヶ月後、丸い実を包んでいた萼がはじけ、中からふわふわとした綿毛に守られた種が跳び出します。この綿毛を紡ぐと木綿の糸や布になりますが、純白の綿毛は萼をつけたまま花材としても用いられます。
©うつくしいくらしかた研究所

メニュー

政策

組織別から探す