このページの本文へ移動

農林水産省

こよみを知る

くらしのこよみ

乃東(だいとう)または夏枯草(かこそう)の異名をもつ植物「靫草(うつぼぐさ)」は、毎年冬至の頃(12月)に芽を出し、夏至の頃に枯れます。これから真夏にかけて、野山ではいっそう木々の緑が深まり、色鮮やかな夏の花も開花しようという時期なのに、ひっそりと枯れていくめずらしい花に心を寄せた、古人の自然へのまなざしを感じさせる言葉です。
©うつくしいくらしかた研究所

メニュー

    6月20日 山本農林水産大臣会見


6月20日 山本農林水産大臣会見

広報誌 aff (あふ)

広報誌 aff (あふ)

2017年6月号
特集1 スマート農業
特集2 冷凍食品
 

政策

組織別から探す