このページの本文へ移動

農林水産省

こよみを知る

くらしのこよみ

深夜2時過ぎ、闇の中でひっそりと蓮の花が開き始めます。水面からすっくと花茎を伸ばし、ゆっくりつぼみをほどいていく様は、見る者を幽玄の世界にいざなうかのようです。花が完全に開くのは明け方で、昼過ぎには閉じてしまいます。これを3日繰り返し、4日目、花びらは再び閉じることなく散っていきます。涼気が残る夏の朝、極楽浄土の風景に触れてみては。
©うつくしいくらしかた研究所

メニュー

水産庁漁業取締船「みかげ」による広島県三原市佐木島での給水活動へのリンク


7月13日 水産庁漁業取締船「みかげ」による広島県三原市佐木島での給水活動

あふ7月号の表紙

2018年7月号
特集1 映える農村

政策

組織別から探す