このページの本文へ移動

農林水産省

こよみを知る

くらしのこよみ

春先に飛来した燕は子育てをしながら日本で夏を過ごし、秋になると暖かい南の地域へと帰っていきます。越冬先である東南アジアやオーストラリアまでは数千キロメートル。1日300キロメートル以上飛ぶこともあるそうです。燕は田畑の害虫を食べてくれる益鳥で、昔から日本人に親しまれてきました。「燕が巣を作ると家が栄える」「燕が低く飛ぶと雨」といったことわざも数多く知られています。
©うつくしいくらしかた研究所

メニュー

政策

組織別から探す