ホーム > 関係法令


ここから本文です。

関係法令

動物検疫所では、以下のような法律に基づき、家畜防疫官による業務を実施しています。

 

家畜伝染病予防法 (昭和26年法律第166号)

解説へ

家畜伝染病予防法の解説

目的

家畜の伝染性疾病(寄生虫を含む。)の発生を予防し、及びまん延を防止することにより、畜産の振興を図る。

検疫対象物
検疫対象疾病

 

狂犬病予防法(昭和25年法律第247号)

解説へ狂犬病予防法の解説

目的

狂犬病の発生を予防し、そのまん延を防止し、及びこれを撲滅することにより、公衆衛生の向上及び公共の福祉の増進を図る。

検疫対象動物

 

検疫対象疾病

 

感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(平成10年法律第114号)

解説へ感染症法の解説

目的

感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関し必要な措置を定めることにより、感染症の発生を予防し、及びそのまん延の防止を図り、公衆衛生の向上及び増進を図る。

検疫対象物
検疫対象疾病

 

水産資源保護法(昭和26年法律第313号)

解説へ水産動物の輸入許可、輸入検査について

 

輸出入の家畜衛生条件

解説へ家畜衛生条件の一覧

輸出入検疫における検査項目や検査証明書の記載事項について、相手国との間で取り決められた家畜衛生条件はこちらからご覧ください。

 

通知一覧

解説へ通知一覧

動物検疫に関する通知はこちらからご覧ください。

 


ページトップへ

動物検疫所案内

動物検疫統計

農林水産省情報

ご意見・ご質問

リンク集

植物防疫所