ホーム > 家畜衛生条件


ここから本文です。

家畜衛生条件

動物検疫の対象となるものを「指定検疫物」といいます。指定検疫物を日本に輸入する場合には、輸出国において輸出国の政府機関が行う検査に合格し、当該機関が発行した検査証明書を添付して輸入しなければなりません。その輸出国における検査項目や検査証明書の記載事項は、事前に輸出国と我が国との間で協議され『家畜衛生条件』として取り決められています。

下記に掲載されていない動物や畜産物の家畜衛生条件については、動物検疫所にお問い合わせ下さい。

動物(輸入)

 動物の検査手続(家畜伝染病予防法)については手続の案内ページをご覧ください。 

 

 

畜産物(輸入)

おみやげなどの個人消費用の畜産物を日本に持ち込む場合には「肉製品などのおみやげ」ページをご覧ください。 

 

偶蹄類(牛、豚、羊、山羊、鹿など)の畜産物

【注意】
家畜衛生条件の取り決められた国以外からは輸入できません。
また、日本向けの肉等を取り扱う施設は、日本あるいは輸出国によって指定されています。指定されていない施設で取り扱われた肉等は、日本への輸入が認められません。施設の指定状況についてはこちら(指定処理施設)をご覧ください。

 

家きん(鶏、うずら、きじ、ほろほろ鳥、だちょう、七面鳥、あひる、がちょう、その他かも目)の肉等

 その他

        (注)現在のところ、本衛生条件に基づく指定施設はありません。

(注)現在のところ、本衛生条件に基づく指定製造施設はありません。

(注)平成25年3月15日付けで家畜衛生条件が改正されました。

 

  

畜産物(輸出)

【注意】

国内において高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜が確認されたことから、家きん由来の肉及び卵等について、輸出検疫証明書の発行を一時停止しています。NEW

 

(参考)日本から輸出される食肉の受入れ状況一覧(PDF:41KB)NEW

【注意】

ただし、家きん由来の畜産物については、現在、輸出停止中です。NEW

飼料用の乾草、わら等(輸入)

 

 


ページトップへ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

動物検疫所案内

動物検疫統計

農林水産省情報

ご意見・ご質問

リンク集

植物防疫所