このページの本文へ移動

動物検疫所

メニュー

  国慶節期間に日本から出国・日本へ入国される皆様へ

 

 肉製品の日本への持込みや日本からの持出し

 

 肉製品の日本への持ち込み

現在、中国では、豚やいのししの病気であるアフリカ豚コレラが発生中です。
また、口蹄疫や鳥インフルエンザなど、牛や鶏などの家畜の病気も発生しているため、これらの病気の侵入を防ぐため、肉製品や動物由来製品のほとんどは、日本へ持ち込むことができません。
不正な持ち込みは、罰則の対象となりますのでご注意ください。

詳しくはこちらをご覧ください。

fmd_ai_jpen_leaflet.jpgパンフレット:海外へ旅行・日本へ入国される皆様へ(PDF:1,337KB)

  動物検疫の対象となるものの例

 

   
生鮮肉    干肉 肉まん ソーセージ(香腸) 
       
肉入りちまき 調理された肉
     
肉入り餃子 もみじ

 

 動物検疫の対象

偶蹄類の動物(牛、豚、山羊、羊、鹿など)、馬、家きん(*)、犬、兎、みつばち由来の以下のものが対象です。
*家きん:鶏、うずら、きじ、だちょう、ほろほろ鳥及び七面鳥並びにあひる、がちょうその他のかも目の鳥類

  • 肉・臓器
    生、冷蔵、冷凍、加熱調理済みの加工品など、いかなる形態のものでも動物検疫の対象です。
    加工品の例:ジャーキー、ハム、ソーセージ、ベーコン、肉まんなど
  • 卵(卵殻を含む)
  • 骨、脂肪、血液、皮、毛、羽、角、蹄、腱
    革のバッグ、羊毛のセーターなどの完成品は対象外です。
  • 生乳、精液、受精卵、未受精卵、ふん、尿
  • 穀物のわら、飼料用の乾草一部の地域

 肉製品の日本からの持ち出し

肉製品などの持ち出しにも輸出検査が必要です

動物検疫の輸出検査対象のもの
1. 渡航先の国が動物検疫上の検査証明書を必要としている物
2. 野生動物(しか、いのしし、うずら、きじ、かも類等)由来の肉製品等の畜産物

詳しくはこちらをご覧ください。

肉製品の持ち出しにご注意!(輸出・おみやげ)(PDF : 1,516KB)

 

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader