このページの本文へ移動

動物検疫所

メニュー

 平昌オリンピック期間に日本へ入国・日本から出国される皆様へ

 

 日本へおみやげとして持ってくる場合

○海外では、日本で発生していない家畜の病気がたくさんあります。
○肉製品のおみやげは、免税店で売られているものであっても、少しだけお肉が入っている商品
 であっても、輸出国政府が発行した「証明書」がついていないものは日本へ持込むことができません。
○不正な持ち込みは、罰則の対象となりますのでご注意ください。


 海外へおみやげとして持っていく場合

○輸出検査を受けていないものは日本から持ち出すことができません。
○量の多少、用途(個人用、販売用)、輸送手段(手荷物、貨物)にかかわらず、
 肉製品すべてが対象です。

○不正な持ち出しは、罰則の対象となりますのでご注意ください。

     【注意】国内において鳥インフルエンザの発生が確認されたことから、家きん由来製品等について輸出検疫証明書の交付を
              一時停止しています。

              一部の国より、日本からの肉製品などの持ち込みを停止するお知らせを受けています。渡航先の国が持ち込みを停止
              している場合には、
輸出検疫証明書の発行はできません。

※海外へ肉製品を持って行く場合は、事前に動物検疫所へご相談ください。

 動物検疫の対象となるものの例

○生肉
○加工・調理された肉製品
○真空パックの商品

全て、動物検疫の対象です

生肉  ビーフジャーキー ハム・生ハム ソーセージ
生鮮肉 ジャーキー・干肉 ハム・生ハム ソーセージ・サラミ
ベーコン 砂肝 肉まん
ベーコン 加熱などの調理された肉 生たまご 肉まん
焼き餃子 鶏爪(茶) ハム入りサンドウィッチ  ハンバーガー
肉入り餃子 もみじ(鳳爪) ハム入りサンドウィッチ ハンバーガー

 


参考

その他、動物検疫に関することの詳細は以下のページをご覧ください。

日本への持込みに関するご案内

日本からの持出しに関するご案内





日本の家畜を守るために、皆様のご協力をお願いします。


PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader