ホーム > 消費・安全 > 個別課題の対応(有害化学物質、有害微生物、鳥インフルエンザ、PED、口蹄疫、BSE、ペットフード等) > 山口県における高病原性鳥インフルエンザ発生に伴う中国四国農政局の対応について


ここから本文です。

更新日:平成26年年12月31日

消費・安全部安全管理課

山口県における高病原性鳥インフルエンザ発生に伴う中国四国農政局の対応について

山口県における高病原性鳥インフルエンザ発生に伴い、中国四国農政局では、次の措置を講じました。

消費者、生産者、事業者等への正確な情報の提供

(1) 我が国では、これまで家きんの肉及び卵を食べることにより、鳥インフルエンザウイルスが人に感染した事例は報告されていません。
   食品安全委員会ホームページ(http://www.fsc.go.jp/sonota/tori1603.html)においても、鳥インフルエンザに関する情報を掲載するなど、本病に関する正確な知識を普及するための措置を講じています。
   中国四国農政局としても、家きんの肉及び卵の安全性に関する消費者への情報提供を含め、正確な情報の提供に努めることとします。

(2) 「山口県産の鶏肉・鶏卵は扱っていません」といった不適切な告知や、発生県産であることのみを理由とした取引拒否等が行われることのないよう、食品関係団体及び畜産・養鶏団体等に対し、高病原性鳥インフルエンザに関する正しい知識の普及等について、改めて協力要請を行いました。

(3) 高病原性鳥インフルエンザの発生に伴い、小売店舗や飲食店等において不適切表示が行われることのないよう、小売店舗や飲食店等において不適切な表示を見かけた際には、農政局担当部局へ連絡するよう、改めて管内地域センターに対し指示いたしました。 
 

 

 

お問い合わせ先

消費・安全部安全管理課
担当者:十河(そがわ)、目次(めつぎ)
代表:086-224-4511(内線2350、2352)
夜間直通:086-227-4302

中国四国農政局案内

リンク集