ホーム > 食料 > 地産地消 > 中国四国地域の伝統料理 > 伝統料理(徳島県) > おみいさん


ここから本文です。

おみいさん

由来など

さといも、だいこんの葉などが入った味噌仕立ての雑炊で米が貴重だった先人の知恵から生まれた料理のひとつ。語源は「みそいり」という意味の「みい」に尊称の「お」と「さん」が付いたといわれる。

伝わっている地域

徳島県下全域

作り方

さといもは皮をむき厚めの拍子切り、だいこんは短冊切りにする。だいこん葉は1cmに切る。

鍋に水を入れ、だし袋にいれたにぼし(またはだし汁)、さといも、だいこんを入れる。(だいこん葉は後から入れてもよい)

沸騰すると弱火にして、みそをかたまりのまま所々に置く。30分くらいでみそが溶け米が柔らかくなるとかき混ぜて少し蒸らす。

情報提供

お問い合わせ先

経営・事業支援部事業戦略課
担当者:地産地消推進係
代表:086-224-4511(内線2159)
ダイヤルイン:086-224-9415
FAX:086-224-7713

中国四国農政局案内

リンク集