ホーム > 農村振興 > 鳥獣害対策の広場 > 中国地域野生鳥獣対策ネットワーク


ここから本文です。

 

中国地域野生鳥獣対策ネットワーク

 中国地域野生鳥獣被害対策現地検討会(平成28年1月27日、28日(広島県三原市))

    平成28年1月27日、28日の2日間、広島県三原市において、中国地域野生鳥獣対策ネットワーク(事務局:中国四国農政局農村環境課)の主催による現地検討会を開催しました。この現地検討会は、中国地域の野生鳥獣の保護・管理、防除、普及及び試験研究に関わるものが一堂に会し、効果的な被害防止対策の推進を図ることを目的に開催したもので、各県等から約40名の参加があり、室内検討と現地調査を通じて情報交換・意見交換を行いました。

【1日目の内容】

   近畿中国四国農業研究センターから「効果的な鳥獣被害対策の定着に向けて」と題して話題提供をしていただき、生産現場においては、様々な被害対策技術が導入されているものの、必ずしも情報や技術を正しく理解したうえでの被害対策、あるいは地域一体的な取組とはなっていない事例もある。そこで、効果のある持続的な鳥獣被害防止対策として、現場に正しい知識と技術の伝達を行うとともに、それを地域に定着させる必要があるなどのアドバイスをいただきました。

  また、各県担当者から「鳥獣被害対策の正しい知識と技術の情報伝達」等のテーマで事例報告をしていただき、全戸配付の市広報誌の特集で、イノシシ被害の対策について情報発信した事例の紹介などがありました。

    このほか、中国四国環境事務所から「特定外来生物による被害対策」、近畿中国森林管理局から「シカ等による森林被害対策の推進」について報告をしていただき、近畿中国森林管理局からは地域の被害防止対策協議会と連携したシカ捕獲の紹介などがありました。

【2日目の内容】

    広島県の鳥獣被害対策重点地区である三原市大和町椋梨(むくなし)地区において、地域住民が自ら勉強することからはじめ、地域ぐるみで取り組む被害防止対策について現地調査を行いました。椋梨地区では、本年度から鳥獣被害から守れる強い集落づくりを目指して県単事業を活用したモデル集落事業に取り組み、有識者を招いて正しい知識や対策技術を学習し、その成果を活かして、既存のWM柵を電気柵で補強する手法を中心として農地を囲んで守るとともに、柵の内側に「植えないゾーン」を設けるなどの工夫も取り入れながら、被害防止対策が実施されていました。

 【参加者からの感想】

 

検討会開催 

検討会開催の様子

大和町1

三原市担当者からの説明の様子

情報提供

近中四農研センターからの話題提供

現地調査

椋梨地区での現地調査の様子

 

 

 

  中国地域野生鳥獣被害対策現地検討会(平成26年12月10日、11日(鳥取県鳥取市、若桜町))

    平成26年12月10日、11日の2日間、鳥取県下において、中国地域野生鳥獣対策ネットワークの主催による現地検討会を開催しました。1日目は、鳥取県鳥取市で、島根県中山間地域研究センターから「島根半島におけるニホンジカの個体数管理について」、日野郡鳥獣被害対策協議会から「日野郡鳥獣被害対策協議会における鳥獣被害対策実施隊の取組」について情報を受けた後、意見交換等を行いました。2日目は、鳥取県若桜町で、いなばのジビエ推進協議会から協議会におけるジビエの取組状況、若桜町産業課から同町における獣肉利用の取組について説明があり、現地での研修会を行いました。

    この2日間、各テーマに沿って検討を行い、この議論等が課題解決の糸口になればと考えています。

 

現地検討会

検討会開催の様子

現地検討会3

いなばジビエ推進協議会からの説明

現地検討会2

講師から情報提供の様子

現地検討会4

若桜町の獣肉処理施設での研修会

 

 

 

 中国地域鳥獣被害対策現地検討会(平成25年11月11日、12日(岡山県美作市、勝央町))

 

    中国地域野生鳥獣対策ネットワークの主催で、設立から第1回目の鳥獣被害対策現地検討会が開催(参加者80名)されました。初日は、岡山県美作市で、地域が抱える鳥獣被害対策に関する課題等に対する鳥獣の生態に応じた適切な対策について、近畿中国四国農業研究センターの研究員からのアドバイス及び意見交換が行われました。2日目は、美作市の獣肉処理施設「地美恵(じびえ)の里みまさか」の見学を行うとともに、勝央町豊久田下(とよくたしも)地区における地域ぐるみの鳥獣被害対策の取組について、現地研修を行いました。
    参加者からは、「鳥獣被害対策の課題を共有できた」、「獣肉処理施設の整備の検討で参考になった」などの意見が寄せられました。

 

会議の様子

会議の様子

獣肉処理の様子

獣肉処理の様子

婦人グル-プ「おばん彩みまさか」のジビエ料理

婦人グル-プ
「おばん彩みまさか」のジビエ料理

勝央町豊久田下地区での現地研修の様子

勝央町豊久田下地区での
現地研修の様子

 

 

中国地域野生鳥獣対策ネットワーク設立総会等(平成25年7月9日(岡山県岡山市))

 

中国地域野生鳥獣対策ネットワーク(略称「中獣ネット」)は、野生鳥獣との共存、共生に基づく総合的な対策が求められる中、中国地域の野生鳥獣の保護管理、防除、普及及び試験研究に関わる者が一堂に会し、野生鳥獣に対する適切な保護管理、効率的な防除及び効果的な被害防止対策のあり方等を検討するとともに、情報交換や、被害防止対策の広域連携機動的な実施など、効果的な被害防止対策の推進を図ることを目的として、中国四国農政局が事務局となり平成25年7月に設立した。

    【主な内容】

総会

講演

講演「あなたの対策まちがっていませんか?」~野生動物の行動からわかる被害対策~

((独)農業・食品産業技術総合研究機構近畿中国四国農業研究センター)

中獣ネット写真

お問い合わせ先

農村振興部農村環境課
担当者:鳥獣被害対策係
代表:086-224-4511(内線2556)

〒700-8532岡山県岡山市下石井1-4-1岡山第2合同庁舎
fax:086-227-6659

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

中国四国農政局案内

リンク集