このページの本文へ移動

中国四国農政局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    那賀川農地防災事業所

    那賀川(なかがわ)北岸堰の状況

    那賀川北岸堰は、国営那賀川北岸土地改良事業により、昭和22(1947年)~30年(1955年)にかけて造られたものです。
    堤体のひびわれによる漏水、護床(ごしょう)や船通の破損がみられます。

     

    北岸堰の概要

    【写真】北岸堰全景(左岸下流より望む)

    【写真】北岸堰全景(左岸下流より望む)

    • 広瀬上堰、広瀬下堰、大井出堰(おおいでぜき)を統合
    • 堤長 278メートル、堰上げ高 2.5メートル
    • 灌漑(かんがい)面積 約2,500ヘクタール
    • 最大取水量 12.1立方メートル毎秒
        

    北岸堰の破損・老朽化の状況

    【写真】堤体ひび割れ漏水状況

    【写真】堤体ひび割れ漏水状況

    【写真】護床や船通の破損状況

    【写真】護床や船通の破損状況

      

    お問合せ先

    那賀川農地防災事業所
    〒774-0013
    徳島県阿南市日開野町西居内456
    電話:0884-23-3833
    FAX:0884-21-0178