ホーム > 農村振興 > 中国四国地域の国営事業所の情報 > 中国土地改良調査管理事務所 > 土地改良の偉人 > 3. 岡山県 津田永忠(つだながただ)


ここから本文です。

中国土地改良調査管理事務所

3. 岡山県 津田永忠(つだながただ)

【生没年:1640年(寛永17年)~1707年(宝永4年)】

津田永忠は、江戸時代の前期の岡山藩士で、池田光政(いけだみつまさ)・綱政(つなまさ)の二代の藩主に仕え、この地で土木事業、藩政改革、財政再建と、数々の偉業を成し遂げた人物です。

国宝となっている閑谷(しずたに)学校の建設と経営、天下の名園と名高い後楽園の造営、百間川(ひゃっけんがわ)の開削(かいさく)、倉田新田の開発と倉安川(くらやすがわ)の開削、幸島(こうじま)新田の開発と坂根(さかね)用水の開削、沖(おき)新田の開発・・・・・・彼の業績は、数え上げればきりがありません。

中でも、とりわけ注目すべきなのが、百間川の開削と沖新田の開発です。当時、岡山城下を流れる旭川(あさひがわ)は、流れが浅く、洪水の被害が絶えませんでした。そこで、永忠は、城の上流地点で土手の一部を低くして(荒手堤)、東の中川までつなぎ、洪水時には旭川の水がそこで分流されるようにしました。

さらに、後には、この百間川を排水路として延長し、その河口に南北4km、東西5kmという大干拓を成し遂げます。工事はわずか6ヶ月という驚異的な速さで完成し、造成された1,900haにも及ぶ干拓地は沖新田と呼ばれました。また、百間川河口部には、高度な排水機構である「唐樋(からひ)」が考案、設置されましたが、この唐樋は、昭和42年に新河口水門ができるまで実に263年間の長きにわたり、岡山を高潮の被害から守り続けました。

永忠により開発された新田は、全て合わせると2,800haを超え、藩の財政を大いに助けました。

【写真】津田永忠の陶像

【写真】咽声神社

出典:農林水産省土地改良偉人伝

【写真】百間川と沖新田

【写真】咽声神社

お問い合わせ先

中国土地改良調査管理事務所
〒731-0221
広島市安佐北区可部2-6-15
TEL 082-819-1617 FAX 082-819-1620 

中国四国農政局案内

リンク集