このページの本文へ移動

中国四国農政局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    四国東部農地防災事務所

    コラム―たらいうどん

    たらいうどんは、釜揚げにした麺を文字通りたらいに移し、だしにつけて食べるうどんで、手打ちのコシの強さが特徴的です。麦がさかんに作られ、古くから麺を主食としてきた阿波(あわ)市内に多くの専門店があり、そのルーツは江戸時代末期にさかのぼるとされています。当時、林業が盛んであったこの地の木こりが河原にかまどを築き、うどんを茹で、川魚でだしをとって食べたことが始まりといわれ、かつては山仕事を営む人たちが、仕事納めにたらいを囲み、みんなで食べるご馳走でした。

    「たらいうどん」の名づけ親は、昭和のはじめ頃の徳島県知事といわれています。当時の県知事が阿波市(旧 土成(どなり)町)に訪れた際にうどんを食べ、後日「たらいの様な器に入ったうどんを食べてうまかった」と話したことがきっかけのようです。

    【写真】たらいうどん

    【写真】たらいうどん

    写真提供:株式会社 徳島県物産センター

    お問合せ先

    四国東部農地防災事務所
    〒779-0105
    徳島県板野郡板野町大寺字王子72-2
    TEL:088-672-5252
    FAX:088-637-5005