このページの本文へ移動

中国四国農政局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    ココねっと通信No.116号

    ───────────────────────────────────
      ココねっと通信 (中国四国米粉利用促進ネットワーク)

      第116号    2017年9月7日 発行

      編集・発行  中国四国農政局  生産部
    ───────────────────────────────────       
        ─────── 本号の主な内容  ────────

    「米粉の用途別基準」及び「米粉製品の普及のための表示に関するガイドライン」の説明会について(報告)
    「米粉&乳製品スタンプラリー」の開催について(岡山市)
    「消費者の部屋(米粉特別展示)」の開催について(農林水産省)
    平成30年度予算概算要求の概要について(農林水産省)
    「消費税軽減税率制度」に関するお知らせ(国税庁)

    「米粉の用途別基準」及び「米粉製品の普及のための表示に関するガイドライン」の説明会について(報告)

      「日本米粉協会」の事務局であるNPO法人国内産米粉促進ネットワークは、新たに決まった「米粉の用途別基準」及び「米粉製品の普及のための表示に関するガイドライン」を広く普及啓発するため、全国8か所(札幌、仙台、東京、金沢、名古屋、大阪、岡山、福岡)で説明会を開催しました。
      説明会では、用途別米粉を使った料理方法が紹介されたほか、用途別基準やノングルテン表示に関するガイドラインの解説などが行われました。
      なお、岡山会場に参加された方からは、「用途別基準に基づいた米粉を作りたい」、「ノングルテン表示認証を取得したい」といった積極的な意見があった一方、「用途別基準に係る測定費用がかかりすぎるのではないか」と心配する声もありました。また、米粉を広く普及するためには、「用途別の1~3番を消費者や使用者に早く周知させることが重要だ」というコメントもありました。

      詳しくは、「NPO法人国内産米粉促進ネットワーク(日本米粉協会事務局)」ホームページをご覧ください。
                  ↓
      URL  http://cap-net.jp/komeko/

    「米粉&乳製品スタンプラリー」の開催について(岡山市)

      岡山市では、お米の消費拡大のPR活動の一環として、平成22年度より実施している「米粉&乳製品スタンプラリー」を今年も開催しています。
      国産の米粉を使った料理や商品を提供しているお店、岡山市内の牧場でとれたミルクを使ったジェラート、ヨーグルトやチーズなどを提供しているお店を巡っていただくものです。
      スタンプラリー参加店のうち異なる3店舗を利用し、スタンプを集めて応募していただくと抽選でプレゼントが当たります。皆様ふるってご応募ください。

    【実施期間と応募方法】
      実施期間:平成29年8月26日(土曜日)~11月23日(木曜日)
      応募締切:平成29年11月28日(火曜日)当日消印有効
      応募方法については、「岡山市役所」ホームページをご覧ください。
                  ↓
      URL  http://www.city.okayama.jp/keizai/nourin/nourin_00123.html

    「消費者の部屋(米粉特別展示)」の開催について(農林水産省)

      農林水産省では、「お米でみんなを元気に!~食べて!見て!知ろう  お米・米粉の魅力~」をテーマに、下記の日程で消費者の部屋を開催いたします。
      消費者の部屋では、米・米粉食品の試食、米飯給食の推進・米粉のレシピ集等のパンフレットの配布、米粉食品の展示などのイベントが行われます。
      ぜひ、お近くに行かれた際には足を向けてみてはいかがでしょうか。

    【日程と場所】
      日時:平成29年9月11日(月曜日)~15日(金曜日)
      場所:農林水産省「消費者の部屋」(東京都千代田区霞が関1-2-1)
      詳しくは、「農林水産省(消費者の部屋)」ホームページをご覧ください。
                  ↓
      URL  http://www.maff.go.jp/j/heya/tenzi/index.html

    「平成30年度予算概算要求の概要について」(農林水産省)

      農林水産省は、平成29年8月末に「平成30年度予算概算要求の概要について」を公表しました。
      米粉関係では、今後の米粉の利用拡大に向け、平成29年3月に「米粉の用途別基準」及び「米粉製品の普及のための表示に関するガイドライン」を農林水産省から公表しました。
      これを踏まえ、これらに即した米粉の利用拡大を推進するため、新たな米粉製品の開発、実需者ニーズに応じた品質の米粉用米を効率的に生産する体制を構築する取組等について支援する予算を要求しております。

      詳しくは、「農林水産省」ホームページ(4の12.米粉の需要拡大・米活用畜産物等のブランド化等)をご覧ください。
                  ↓
      URL  http://www.maff.go.jp/j/budget/170831.html

    「消費税軽減税率制度」に関するお知らせ(国税庁)

      平成31年10月1日の消費税率10%の引き上げに合わせて、飲食料品(酒、外食を除く)に対して軽減税率(8%)が適用されます。事業者の方々は税率毎の「区分経理」や請求書等が「区分記載請求書等」に変更されるなど日々の業務が変わります。
      また、業種によっては、複数の税率に対応した受発注システムへの改修やレジの更新などが必要となります。
      政府では、事業者の方々の軽減税率対応に向けた取組をサポートするため、様々な施策を講じております。詳しくは以下のホームページをご覧ください。

      軽減税率制度に関すること・・国税庁HP(http://www.nta.go.jp)
      中小事業者等への支援・・「軽減税率対策補助金事務局」
                          (専用ダイヤル0570-081-222)(http://Kzt-hojo.jp

     編集後記

      平成29年8月28日から9月1日の間、中国四国農政局生産部にインターンシップとしてきていただいた学生さんに「ココねっと通信」の編集の補助をしていただいたことに感謝を申し上げるとともに、編集に携わった感想をいただきました。
      『今回、編集のお手伝いをさせていただき、簡潔かつ読んでいる方の興味を引く文書を作る難しさや、私の住む地域でも様々なイベントが行われていることを知ることができました。実際に足を運んでみることは新たな発見や出会いも増えて楽しいですね。私も「米粉&乳製品スタンプラリー」にぜひ参加しようと思います!』
      読者の皆様におかれましては、朝晩が肌寒く感じる季節となりましたのでお身体に気を付けてお過ごしください。
      また、読者のみなさまの米粉の利用推進のアイデア、ご意見やイベント情報等がございましたらお気軽にご連絡ください。
      引き続き、米粉に関する話題をタイムリーに配信してまいりますので、今後ともご愛読いただきますようお願いします。
                                                                
    ──────────────────────────────────── 

      このメールマガジンは、米粉に関する情報をタイムリーにお届けするため、登録していただいた方々に配信しています。配信の申込変更などはこちらへどうぞ。
        http://www.maff.go.jp/chushi/mailm/index.html

      PDFファイルを閲覧するためには、Adobe Readerが必要です。
      なお、一部のメールソフトでは、URLをクリックしてもブラウザが立ち上がらない場合があります。
      その際は、インターネット・エクスプローラ等にURLをコピーしてご覧ください。
      メールマガジンへのご意見・ご要望、または転載を希望される場合は、メールでお知らせください。
      寄せられたご意見などは、個人情報を伏せた上でメールマガジンで紹介させていただくこともありま
    すので、あらかじめご了承ください。

    問い合わせ窓口: https://www.contactus.maff.go.jp/j/chushi/form/161125.html
    ホームページURL: http://www.maff.go.jp/chushi/index.html
    編集    中国四国農政局生産部生産振興課
                     TEL:086-224-4511(代)  FAX:086-232-7225
      最後までお読みいただき、ありがとうございました。

    お問合せ先

    生産部生産振興課
    担当:流通改善係
    代表:086-224-4511(内線:2369、2448)
    ダイヤルイン:086-224-9411
    FAX:086-232-7225

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader