このページの本文へ移動

中国四国農政局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    ココねっと通信No.130号

    ───────────────────────────────────
      ココねっと通信 (中国四国米粉利用促進ネットワーク)

      第130号    2019年5月22日 発行

      編集・発行  中国四国農政局  生産部
    ───────────────────────────────────       
        ─────── 本号の主な内容  ────────

    1.「推奨ロゴマーク米粉製品第5号が誕生」について(日本米粉協会)
    2.米粉食品販売店等をPRします!(お知らせ)
    3.「米粉用国内産米の流通量」について(お知らせ)
    4.「一般社団法人メディカルライス協会」が設立されました(お知らせ)
    5.「消費税軽減税率制度」に関するお知らせ(国税庁)

    「推奨ロゴマーク米粉製品第5号が誕生」について(日本米粉協会)

      日本米粉協会では、平成31年3月19日に推奨ロゴマーク米粉製品第5号が誕生したことを公表しました。
    「推奨ロゴマーク」とは、同協会が平成29年12月20日に「菓子・料理用」、「パン用」、「麺用」といった「米粉の用途別基準」に適合する等の高品質な米粉の普及に向け「日本米粉協会推奨米粉制度」としてスタートしたものです。同協会に業者等は開発製品を申請し、品質について確認を受けた用途別基準適合米粉製品等に対し、専用の「推奨ロゴマーク」を付与する仕組みとなっています。
    今回、熊本市の業者の商品(2番パン用)に推奨ロゴマークが付与されました。

    ◯詳しくは、「日本米粉協会」ホームページをご覧ください。
    http://www.komeko.org/

    米粉食品販売店等をPRします!(お知らせ)

      中国四国農政局では、米粉の消費拡大及び普及推進として、米粉食品の販売、飲食を提供しているお店情報をホームページやイベント等を通じてPRしています。
    現状、112店舗を紹介していますが、加えて販売店からの情報提供、農政局職員の現地取材をもとに、今回5店舗を追加いたします。(後日、HPを更新します。)
    【〇広島県東広島市の「知足庵(ちそくあん)」様、〇愛媛県西条市の「こめっこぱん「あぐり工房」」様、〇愛媛県西条市「JA周桑「周ちゃん広場」」様、〇愛媛県今治市の「たこ焼き「笑屋(しょうや)」」様、愛媛県松山市の「自然をほおばる「sola」」様】
    ご紹介予定の店舗では、麺、ぱん、たこ焼き、菓子等、新たな用途への利用が進んでいます。
    皆様ご存じのように、主食としての米の消費量が年々減少する中で、新たな用途に使用できる米粉の需要拡大は重要であるため、引き続き、中国四国地域で米粉や米粉食品の販売(飲食での提供を含む)を行っている事業者様で、PRを希望される方を随時、募集しております。
    希望される方は、「米粉食品販売店マップPRシート」に記入のうえ、お店や商品の写真を添えてメールでお知らせください。
    皆さまの応募をお待ちしております。

    ◯「米粉食品販売店マップPRシート」及び「米粉食品販売店マップ」については、こちらをご覧ください。
    http://www.maff.go.jp/chushi/kome_syoukaku/komeko/map/index.html

    「米粉用国内産米の流通量」について(お知らせ)

      農林水産省では、平成31年3月27日に「食料・農業・農村政策審議会食料部会」の審議を踏まえて、「麦の需給に関する見通し」を公表しています。
    この中で、令和元年度の国産の米粉用米の流通量は、供給量の見通しや年度内出回り比率等を考慮し、3.6万トンになると見通しています。
    これまでの米粉用米の需要量は、需要者からの聞き取りから平成25年度以降、年間2万数千トンで推移していましたが、平成30年度は3.1万トン(見込み)に増加しており、見通しどおりになれば2年連続で3万トンを超えることとなります。

    ◯詳しくは、「農林水産省」ホームページをご覧ください。
    http://www.maff.go.jp/j/seisan/boueki/mugi_zyukyuu/index.html
    麦の需給に関する見通し[平成31年3月]P3
    麦の参考資料(分割その3)P34~P35

    「一般社団法人メディカルライス協会」が平成31年4月に設立されました(お知らせ)

      メディカルライスとは、コメの機能性成分を数量的に定義して病気の予防や治療に用いようというもので「治未病(ちみびょう)」を大きな目的としています。
    協会では、コメの生産、加工、消費者、研究者を結集し、規格の標準化やエビデンス(根拠)を基盤とした疾病予防や食事療法への適用を図ることを目指しています。

    ◯詳しくは、「一般社団法人メディカルライス協会」ホームページをご覧ください。
    http://medicalrice.com/
    治未病とは・・・病気予防、病気の初期、病気の蔓延防止に関する考え方とその対策の総称

    「消費税軽減税率制度」に関するお知らせ(国税庁)

      平成31年10月から消費税の軽減税率制度が導入されます。
      軽減税率制度に関することや中小事業者等向けの支援につきましては、以下のホームページ等をご覧ください。

      ○軽減税率制度に関すること・・国税庁HP又は最寄りの税務署
        https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/zeimokubetsu/shohi/keigenzeiritsu//index.htm

      ○中小事業者等への支援・・「軽減税率対策補助金事務局」
        (専用ダイヤル0570-081-222)
        http://kzt-hojo.jp/
      ※  軽減税率対策補助金の申請受付の期限が延長されました。

     編集後記

      新年度がスタートし、新しい担当に替わりました。
    すでに5月も終わりに差し掛かりましたが、本年度も力強く米粉利用を推進していきたいと思いますので、皆様からの米粉の新商品や各地で開催されるイベント等がありましたら、こちらまでお知らせください。
      komeko.chushi※maff.go.jp(迷惑メール対策のため「@」を「※」と表記しています。送信の際には「@」に変更してください。)
      今後は、米粉に関する情報の一つとして、米粉食品販売店マップの充実を図っていきますので、掲載を希望される事業者様、奮ってご応募をお願いします。
    5月も後半ともなると、日中は汗ばむくらい気温も上昇する日も増えてきましたが、読者の皆様におかれましては、お身体に気を付けてお過ごしください。
    引き続き、米粉に関する話題をタイムリーに配信してまいりますので、今後ともご愛読いただきますようお願いします。
    ──────────────────────────────────── 

      このメールマガジンは、米粉に関する情報をタイムリーにお届けするため、登録していただいた方々に配信しています。配信の申込変更などはこちらへどうぞ。
        http://www.maff.go.jp/chushi/mailm/index.html

      PDFファイルを閲覧するためには、Adobe Readerが必要です。
      なお、一部のメールソフトでは、URLをクリックしてもブラウザが立ち上がらない場合があります。
      その際は、インターネット・エクスプローラ等にURLをコピーしてご覧ください。
      メールマガジンへのご意見・ご要望、または転載を希望される場合は、メールでお知らせください。
      寄せられたご意見などは、個人情報を伏せた上でメールマガジンで紹介させていただくこともありますので、あらかじめご了承ください。

    問い合わせ窓口: https://www.contactus.maff.go.jp/j/chushi/form/161125.html
    ホームページURL: http://www.maff.go.jp/chushi/index.html
    編集    中国四国農政局生産部生産振興課
                     TEL:086-224-4511(代)  FAX:086-232-7225

      最後までお読みいただき、ありがとうございました。

    お問合せ先

    生産部生産振興課
    担当:流通改善係
    代表:086-224-4511(内線:2397、2448)
    ダイヤルイン:086-224-9411
    FAX:086-232-7225

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader