このページの本文へ移動

中国四国農政局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    中国四国あぐりレター 第395号 2018(平成30)年4月20日 中国四国農政局

    もくじ

    1. 【ひとことメッセージ】
    2. 【ふるさと元気だより】
    3. 【お知らせ】
    4. 【消費者の部屋】
    5. 【ホームページの新着・更新に関する情報】

    1 【ひとことメッセージ】

    熊本地震を体験して(家庭での食料備蓄により災害時に備えましょう)

    中国四国農政局消費・安全部消費生活課長  中井 敏久

    平成28年4月14日夜の前震と16日未明の本震からなる熊本地震の発生から、今年で2年を迎えます。この地震では、関連死を含め多くの方がお亡くなりになっており、心より御冥福をお祈りいたします。

    私自身、初めての九州農政局勤務で体験したこの記憶は、一生忘れることはありません。前触れもなく突然襲ってきた揺れ、「あれ、これって、もしかして地震か。」というのが第一印象でした。14日の地震による被害はそれほどでもなく、少し安堵したものの、16日未明に発生した本震での被害は甚大でした。

    熊本大学近くの宿舎に家族3人で入居していましたが、間仕切りの壁が歪み、食器類や家具にもかなりの被害を受けましたし、宿舎の駐車場での車中泊も3日ほど経験しました。ただ、一番困ったのはライフライン、特に水の確保です。電気は早めに復旧したものの、水道とガスは時間を要しました。飲料水は自衛隊の給水車からもらい受け、トイレ用の水は近隣の中学校のプールの水をポリタンクに入れて凌ぎました。

    地震を始めとする自然災害はいつどこで発生するか分かりません。災害に備えた食料品の備蓄の目安は、最低でも3日分(水は1人3リットル)、可能であれば1週間分とされています。非常用持ち出し袋の用意と併せて、常日頃からの備えが大切です。

    (緊急時に備えた家庭用食料品備蓄ガイド)
    http://www.maff.go.jp/j/zyukyu/anpo/gaido-kinkyu.html

    2 【ふるさと元気だより】

    「緑のリサイクルソーシャルエコプロジェクト」地球温暖化防止に向けた環境活動の取り組み

    徳島県拠点

    徳島県内の新野高等学校、小松島西高等学校勝浦校、小松島高等学校の生徒が集まり、地球温暖化防止に向け、未来の地球のために私たちが出来ることをしようと、「緑のリサイクルソーシャルエコプロジェクトチーム」を平成22年に立ち上げ環境活動に取り組んでいます。

    身近にある河川や道路・公園等の維持管理で発生する「刈草」に着目し、植物廃材としての処理費や焼却時に排出される二酸化炭素の削減に向け、刈草を堆肥化し有効利用する研究を進めてきました。

    研究により刈草を分解発酵させる菌を見つけ、これまでの刈草を資源化する緑のリサイクル知識技術を活用し、刈草堆肥「もったいない2号」を開発しました。

    刈草堆肥は、徳島県による成分分析で安心安全な土壌改良材・資源循環型肥料としてエコ商品の認定を受けており、県の事業や各地で実施している出前授業で、肥料を花の種とセットにして配布するなどの啓発活動も行っています。

    また、高校生の団体として全国で初めて、特殊肥料の製造並びに販売業の登録許可を受けています。

    環境や社会貢献活動を表彰する環境省の「グッドライフアワード」においては刈草堆肥「もったいない2号」が環境大臣賞のNPO・任意団体部門賞を受賞するとともに、県内で行われた「とくしま創生アワード」においては環境活動のプレゼンテーションを行い一位となる学生賞を受賞したことで、活動する生徒の大きな励みになっています。

    現在では、プロジェクトチームと徳島県、阿南市の3者で協定を結び、地域の高齢者を雇用するなど、産官学民が連携した地方創生につながっており、地域雇用を生み出す環境社会イノベーションの取組へ大きく展開しています。

    刈草堆肥「もったいない2号」
    刈草堆肥「もったいない2号」
    学生自ら配布、啓発活動
    学生自ら配布、啓発活動

    3 【お知らせ】

    「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」(第4回選定応募団体)取組事例集を発刊

    中国四国農政局は、この度、「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」(第4回選定応募団体)取組事例集を発刊しました。

    この取組事例集は、農山漁村地域の活性化・所得向上の取組事例を広く情報発信し、地域活性化を図る際の参考としてご活用いただくとともに、都市と農山漁村の交流等に資することを目的として作成したもので、昨年度の各地での優れた地域活性化の事例(管内170事例余り)を掲載しております。

    【植物性自然毒情報】野菜・山菜と似た有毒植物の誤食に注意しましょう!

    例年、春先から初夏にかけて、野菜や食べられる山菜・野草と間違えて有毒な成分を含む植物を食べてしまうことによる食中毒が数多く起きています。

    今年も既に有毒植物のスイセンやイヌサフランを食べられる植物のニラやギョウジャニンニクに見間違えたことによる食中毒が起きています。

    農林水産省では、そのような食中毒を防止するため、間違いやすい植物の特徴を説明したリーフレットを作成しています。ご自身やご家族の健康を守るため、ご利用頂ければ幸いです。

    「高病原性鳥インフルエンザ及び口蹄疫等の発生防止について」

    平成30年1月、中国四国管内の家きん飼養農場において発生した高病原性鳥インフルエンザについては、発生農場の防疫措置の完了後、3か月間新たな発生が確認されなかったことから、我が国は、国際獣疫事務局(OIE)の規定に基づき、4月15日付けで鳥インフルエンザの清浄国となりました。

    しかしながら、台湾や中国等の家きんで引き続き高病原性鳥インフルエンザの発生が確認されているとともに、韓国においても3月に口蹄疫の発生が確認されたことから、国内におけるこれらの疾病の発生リスクは、引き続き非常に高い状況にあると言えます。

    家畜飼養者の皆様におかれましては、徹底した消毒と野生動物等の侵入防止に努めるなど、飼養衛生管理基準の遵守をお願いします。

    なお、万が一、異状を見つけた場合には、直ちに最寄りの家畜保健衛生所に連絡してください。

    農林水産物・食品の輸出相談窓口について

    農林水産省と日本貿易振興機構(ジェトロ)は、農林水産物及び食品の輸出に関して、お気軽にご相談いただけるよう、国内各地に相談窓口を設置しています。諸外国の規制・制度、国の支援事業、輸出先国のマーケット情報、輸出等のお問い合わせに、ぜひご活用ください。

    「消費税軽減税率制度関係について」

    平成31年10月から消費税の軽減税率制度が導入されます。
    軽減税率制度に関することや中小事業者等向けの支援につきましては、以下のホームページ等をご覧ください。

    東日本大震災に関する情報

    4 【消費者の部屋】

    テーマ:「知って役立つ冷凍食品のひみつ」

    急速冷凍により-18℃で生産から販売まで管理された冷凍食品は、衛生的でおいしさや栄養もそのまま保つことができるため、ご家庭の食卓や外食産業等で広く利用されています。
    今回の消費者の部屋特別展示では、解凍・調理のコツなど知っておきたいポイントや冷凍食品を使ったレシピ等についてわかりやすく紹介します。

    • 開催期間:平成30年4月16日(月曜日)~平成30年5月2日(水曜日)
        8時30分~17時15分
        (土・日曜日・祝日を除く。最終日は13時まで)
    • 開催場所:中国四国農政局「消費者の部屋」展示コーナー
        (岡山市北区下石井1-4-1 岡山第2合同庁舎1階)
    • 詳しくは、こちらをご覧ください。
      http://www.maff.go.jp/chushi/press/seikatsu/180409.html

    5 【ホームページの新着・更新に関する情報】

    政策情報

    【農村振興】

    報道・広報

    【ニュースレター】
    http://www.maff.go.jp/chushi/kohoshi/mag_newsletter/

    申請・お問い合せ

    【発注・入札情報、その他公表事項】
    http://www.maff.go.jp/chushi/nyusatsu/

    その他

    編集後記

    通勤途中、満開となったツツジを見かけるようになりました。個人的な感覚として、もう少し先の時期の花というイメージがありますが、今年は桜や梨も開花が早かったと、報道で見た気がします。
    ですから、自分の部屋で未だ冬物の服が存在感を示しているのは、決して自分がズボラなわけではないのです・・・。(Ya)


    • このメールマガジンは、農政情報をタイムリーにお届けするために、登録して頂いた方々に配信しています。
      配信の変更などはこちらからどうぞ。
      http://www.maff.go.jp/chushi/mailm/
    • PDFファイルを閲覧するためには、Adobe Reader が必要です。
      なお、一部のメールソフトでは、URLをクリックしてもブラウザが立ち上がらない場合があります。そのときは、インターネット・エクスプローラ等にURLをコピーしてご覧ください。
    • メールマガジンへのご意見・ご要望、または転載を希望する場合はメールでお知らせください。寄せられたご意見などは、メールマガジンで紹介させていただくこともございます。
    • 問い合わせ窓口
      https://www.contactus.maff.go.jp/j/chushi/form/161125.html
    • ホームページURL
      http://www.maff.go.jp/chushi/
    • 編集  〒700-8532  岡山市北区下石井1-4-1 岡山第2合同庁舎
        中国四国農政局企画調整室
        電話:086-224-4511(代)(内線2295)
        FAX:086-235-8115

    最後までお読みいただき、ありがとうございました。

    お問合せ先

    企画調整室

    担当者:交流係
    代表:086-224-4511(内線2295)
    ダイヤルイン:086-224-9400
    FAX番号:086-235-8115