ホーム > 報道・広報 > メールマガジン > 中国四国あぐりレター(メールマガジン) バックナンバー > 中国四国あぐりレター第259号 2012(平成24)年12月5日 中国四国農政局


ここから本文です。

中国四国あぐりレター 第259号
2012(平成24)年12月5日 中国四国農政局

主な内容 

1 【ひとことメッセージ】

2 【イベント案内】

3 【ふるさと元気だより】

4 【お知らせ】

5 【消費者の部屋】

6 【ホームページの新着・更新に関する情報】

1 【ひとことメッセージ】 

「碁盤乗り」碁盤乗り
中国四国農政局生産部畜産課長  平尾 正倫

    「碁盤乗り」と聞いて何を連想されますか?
    10月下旬に長崎県佐世保市で開催された和牛のオリンピックと称される「第
10回全国和牛能力共進会」において、高校生が体重約500kgの和牛を碁盤に乗
せる牛の調教術「碁盤乗り」を披露し、多くの観衆の喝采を浴びました。
    かつて、役牛として田畑の耕作に和牛が使われていた頃、細い手綱一本で自
由自在に牛を動かす調教技術がありました。さらに、人畜一体の境地にまで牛
を調教したいと考えた岡山県新見地方の人が、大正時代に「和牛を碁盤の上に
乗せる」等の高等調教技術を作り出しました。
    この技術は全国的に普及しましたが、耕耘機の普及と共に行える人が数える
ほどしかいない状況となっておりました。
    そのような中、今から15年ほど前に新見高校(当時:新見北高校)で、生徒
有志達が地元の伝統芸を復活させました。その後、毎年後輩達に継承され、ま
た、数年前には岐阜県内の高校が新見高校から教えを請い、この調教技術を身
につけました。
    今回の全国和牛能力共進会では、両高校が「碁盤乗り」を披露しました。新
見地方のイベントでは今後も披露される機会があると思われますので、機会が
あれば『百聞は一見に如かず』です。    

 

2 【イベント案内】  

食育推進だより(中国四国版)平成24年12月の予定

    中国・四国地域での、食育活動のイベント予定をご紹介します。

 

中国四国地域におけるブランド牛の生産と牛肉消費に関する研修会イベント
の開催について

    中国四国農政局は、社団法人畜産技術協会の協力を得て、牛肉に対する消費
者指向や中国四国地域における高品質な牛肉を生産するための改良技術をテー
マに、「中国四国地域におけるブランド牛の生産と牛肉消費に関する研修会」を
開催します。

     

「食品表示セミナー」の開催について(高松地域センター)

    高松地域センターでは、消費者から信頼される食品表示の実現に向けた事業
者の自主的な取組を促進し、食品表示の適正化の推進に取り組んでいます。
    今回、香川県内で生産された農畜水産物やその加工品を「産地直売所」で販
売する事業者等を対象に、食品の表示方法等についての食品表示セミナーを開
催します。

  • 高松会場
          日時:平成25年1月24日(木曜日)14時00分~16時00分
          場所:中国四国農政局高松地域センター2階会議室
                     (香川県高松市天神前3番5号)
  • 丸亀会場
          日時:平成25年1月29日(火曜日)14時00分~16時00分
          場所:香川県立丸亀競技場1階第4会議室
                     (香川県丸亀市金倉町830)
  • 詳しくはこちらをご覧ください。
    http://www.maff.go.jp/chushi/press/kagawa/121128.html

   

3 【ふるさと元気だより】 

四万十町の新鮮な卵を使った美味しいスイーツのお店「鶏卵人(こっこらんど)」 ふるさと259
高知地域センター

    高知県中西部にある四万十町は、畜産業の盛んな町です。(株)ぶらうんは、
同町で約2万5千羽の採卵鶏を飼養している養鶏業者です。
    同社では、赤卵系の『コロンブスの茶卵(ちゃまご)』と、ピンク卵系の
『高原たまご』の2種類を生産しています。「卵が苦手な方や嫌いな方にも喜
んで頂ける美味しい卵を届けたい。いつも食卓が笑顔でありますように」との
想いから、鶏の飼料には遺伝子組み換えでないトウモロコシを始め、全て植
物性の原料を使用しています。このため、白身は透明で弾力があり、また、
黄身は盛り上がって、旨みがあります。
    また、卵の生産だけでなく、消費者ニーズに合わせた商品作りを目指して、
平成23年1月に直営スイーツ店「鶏卵人(こっこらんど)」を開業し、県内産の
豊富な食材に付加価値を加え、卵そのものの魅力を活かした、生産者の顔
が見えるお店として、人気を集めています。
    スイーツは、自社生産の新鮮な卵をふんだんに使い、県内産の米粉、果物
を使用した3種の「焼ドーナツ」や、卵白たっぷりでふわふわの「こっこぷりん」、
土佐茶香るロールケーキの「土佐茶ロール」、コロンブスの茶卵を使った生ク
リームがたっぷりのシュークリーム「ちゃまごでしゅ」などを、一つひとつ手作
りして販売しています。
    また、店内では、これらのスイーツが出来上がっていく様子を、ガラス張り
の工房を通して楽しむこともできます。

4 【お知らせ】 

東日本大震災に関する情報

 

補助事業参加者の公募について

 

5 【消費者の部屋】 

テーマ:「意外とスゴイ、冷凍食品」冷凍食品

    冷凍食品には、調理が簡単で、長期保存が可能であること以外にもまだまだ
知られていない魅力があります。
    凍結状態のため細菌が活動できず衛生的なことや、急速凍結により栄養や美
味しさが保たれていることなど、冷凍食品の持っている意外と知られてない優れ
た特性、適切な選び方や取り扱い方等を紹介します。

 

6 【ホームページの新着・更新に関する情報】 

【基本政策】

【食料】

 【消費・安全】

【生産】

【経営】

【農村振興】

【統計】

【ニュースレター】

【発注・入札情報、その他公表事項】

【その他】

 

編集後記 

    リンク農高最近、農業高校の生徒が新商品を開発する取組の新聞記事をいくつか拝見
しました。高松農業高校(岡山市)の「テンペチーズ」や高梁城南高校(高梁市)
の「きびコロッケのおからパン」などです。記事によると、この二つは企業と共同
開発しており、商品を購入することもできるそうです。
    「食」と「農」に関わって、若い人が一生懸命取り組んでいる情報には、元気
をもらいます。
    なお、中国四国農政局では、中国・四国地域9県の農業高校等と連携を進め
ていく観点から、ホームページにリンクページを開設しました。ご活用いただけれ
ば幸いです。  (か)

 

フルカラーで画像付きのHTML版は、こちらから 


最後までお読みいただき、ありがとうございました。  

お問い合わせ先

企画調整室
担当者:交流係
代表:086-224-4511(内線2295)
ダイヤルイン:086-224-9400
FAX:086-235-8115

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

中国四国農政局案内

リンク集