このページの本文へ移動

中国四国農政局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    中国四国あぐりレター 第362号
    2017(平成29)年1月5日 中国四国農政局

    主な内容 

    1 【重要なお知らせ】

    2 【ひとことメッセージ】

    3 【イベント】

    4 【ふるさと元気だより】

    5 【お知らせ】

    6 【消費者の部屋】

    7 【ホームページの新着・更新に関する情報】

    1 【重要なお知らせ】

    「高病原性鳥インフルエンザの発生について」

      昨年11月末以降、青森県、新潟県、北海道、宮崎県及び熊本県内の家きん
    飼養農場において、高病原性鳥インフルエンザが相次いで発生しています。

      発生道県をはじめ、農林水産省及び関係各省が緊密に連携し、防疫措置を
    迅速に進め、まん延防止に取り組んでいます。

      中国四国管内においても、野鳥等で高病原性鳥インフルエンザウイルスが
    確認されており、家きん飼養者の皆様におかれましては、徹底した消毒と野鳥
    等の侵入防止に努めるなど厳重な警戒をお願いします。

      また、これまで以上に念入りに、飼養家きんの毎日の健康観察を行い、異状
    を見つけた場合には、直ちに最寄りの家畜保健衛生所に連絡して下さい。

      なお、我が国では、これまで家きん肉及び家きん卵を食べることにより、鳥イ
    ンフルエンザウイルスが人に感染した事例は報告されていません。

    2 【ひとことメッセージ】

    「年頭に当たって」
                                      中国四国農政局長  坂井  康宏

      新年明けましておめでとうございます。中国四国農政局 坂井局長

      昨年11月29日、政府の農林水産業・地域の活力創造本部において、農業
    競争力強化プログラムが決定され、農林水産業・地域の活力創造プランの中
    に位置づけられたところです。

      農業競争力強化プログラムは、農業者の所得向上を図るため、農業者が自
    由に経営展開できる環境を整備するとともに、農業者の努力では解決できな
    い構造的な問題を解決しようとするものです。具体的には、生産資材価格の引
    下げや流通・加工構造の改革、生乳流通改革のほか、土地改良制度の見直し、
    収入保険制度の導入等の13項目が盛り込まれ、これらの取組を通じて、更な
    る農業の競争力強化を実現することとしています。

      国はこのプログラムに沿って改革を進めていきますが、農業を成長産業にし
    ていくためには、現場の皆さんの理解が欠かせません。このため、このプログ
    ラムの具体的な内容を知っていただけるよう、項目毎の説明の動画を作成し、
    関係資料とともに農林水産省Webサイトに掲載しています。動画では、農林水
    産省の担当局長が直接説明します。皆様には是非ご覧いただき、内容につい
    て理解を深めていただければ幸いです。

      中国四国地域は、日本海側から太平洋側まで、気候や地理的条件が異なっ
    ており、多様な農業が展開されています。こうした中で、中国四国農政局として
    は、これら地域特性を踏まえながら、農地中間管理機構を活用した農地集積や
    担い手の育成、特色ある農業の振興と6次産業化の推進、農産物の輸出の促
    進、農地・農業用水等の基盤の整備といった各般の施策の推進に努める考え
    ですので、皆様方のご理解とご協力をお願いいたします。

      これら施策の推進に当たって、中国四国農政局は、現場主義を基本として、
    現場の皆様方の声を聞きながら、施策の推進に当たることとしています。この
    ため、各県の拠点(支局)に農政局長直属の地方参事官を配置して、「現場に
    伝える」、「現場の声を汲み上げる」、「現場とともに解決する」取組を進めてい
    ます。これらを着実に進めながら、引き続き現場と農政を結ぶ機能の充実に努
    めていく考えです。

      新年が皆様にとってよき年となることと、皆様の益々のご健勝を祈念しまして、
    年頭のご挨拶とさせていただきます。

    3 【イベント】

    第5回「農を取りまく情報交流の広場」の開催について

      消費者、生産者それぞれからの「広島県の農業や農産物についてもっと知り
    たい」、「消費者に広島県農業のすばらしさをもっと知ってもらいたい」との声を
    踏まえ、広島県の農業について広く情報交換を行う場として「農を取りまく情報
    交流の広場」を開催します。

    • 【開催日時及び開催場所】
    • 日時:平成29年1月21日(土曜日)13時00分~16時00分
    • 場所:KKRホテル広島(広島市中区東白島町19-65)
    • 詳しくはこちらをご覧ください。
      http://www.maff.go.jp/chushi/press/kikaku/161219.html

    中国四国ブロック農福連携推進セミナーの開催について

    「ニッポン一億総活躍プラン」(平成28年6月2日閣議決定)において、農福連
    携の推進が位置づけられるなど、障害者の就労訓練や雇用の場として農業
    分野に注目が集まっています。

      これを受けて、これまで以上に中国四国の各地域において、農福連携の取
    組が自主的・自立的になされるように、普及啓発及び人材育成の促進等に資
    するため、農福連携セミナーを開催します。

    • 【開催日時及び開催場所】
    • 日時:平成29年1月20日(金曜日)13時30分~17時00分
    • 場所:岡山県農業共済会館大会議室6階(岡山市北区桑田町1番30号)
    • 詳しくはこちらをご覧ください。
      http://www.maff.go.jp/chushi/press/shinko/161213.html

     

    4 【ふるさと元気だより】

    「Iターン就農者と地域が一体となった
                      海士町特産『崎みかん』再生の取組」
                                                                       島根県拠点

     海士町崎地区のみかんは、昭和30年代に栽培が開始され、酸味と甘味のみかんの幼木
    バランスが良く、主に隠岐郡内で販売されていました。最盛期には、農家戸数
    約15戸、栽培面積約10㏊で栽培されていました。

      しかしながら、近年、栽培農家の高齢化・後継者不足により、農家戸数4~5
    戸、面積40aにまで減少し、既存樹園地の老木化が進んでいます。

      こうした状況の中、町は平成25年、「崎みかん再生プロジェクト」を立ち上げ、
    耕作放棄樹園地3.0㏊に4カ年計画で苗木を植栽しています。京都府と島根
    県雲南市から2人のIターン新規就農者が管理し、広島県大崎上島町への研
    修や崎地区のみかん農家から栽培技術指導を受けながら、みかん栽培に励
    んでいます。

      海士町産みかんは、隠岐郡内でのニーズが高く、今後、耕作放棄地の再整
    備、作期分散するため晩柑類の導入やレモンとスダチの試験栽培に取り組む
    ことにより、最盛期並みの8㏊まで再生することを目指しています。

     

    5 【お知らせ】

    「平成28年(2016年)熊本地震」に関する情報

     

    東日本大震災に関する情報 

    農地・農業用施設の災害査定について

    「一日農政局in中土佐町」開催のお知らせ

      中国四国農政局では、現場を第一として、地域の皆さんと一緒に考える「親
    切・丁寧・身近な相談しやすい農政局」を目指し、管内各県で「一日農政局」を
    開催しています。

    今回の「一日農政局」は、「農林漁業における女性の活躍と6次産業化の
    取り組み」をテーマに高知県高岡郡中土佐町で開催します。

    • 【開催日時及び開催場所】
    • 日時:平成29年1月24日(火曜日)14時00分~16時10分
    • 場所:中土佐町立文化館 2階 視聴覚室
              (高知県高岡郡中土佐町久礼6584-1)
    • 詳しくはこちらをご覧ください。
      http://www.maff.go.jp/chushi/press/ke_ikusei/161226.html

    平成29年度競争的資金制度等説明会の開催について

      農林水産・食品分野の成長産業化を図るためには、産学の研究勢力が結
    集し、着実に生産現場等で実用化につながる技術的成果を創出することが
    重要です。

      このため、国の施策に基づき、革新的な技術の開発を基礎研究から実用化
    研究まで継ぎ目なく支援する「農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業」
    等に関して説明会を開催します。

    • 【開催日時及び開催場所】
    • 日時:平成29年1月23日(月曜日) 13時30分~15時30分
    • 場所:岡山第2合同庁舎 2階 共用会議室A~C(岡山市北区下石井1-4-1)
    • 詳しくはこちらをご覧ください。
      http://www.maff.go.jp/chushi/press/se_kankyo/161227.html

    「2016農作業安全標語コンテスト」受賞作品の発表について

      中国四国農政局は、農業者をはじめとする関係者に対して、秋の農作業安
    全運動を周知徹底するとともに、農作業安全を推進するため、「2016 農作業
    安全標語コンテスト」を実施し、『皆の願い 農作業事故ゼロ』をテーマに、「農
    作業事故」への注意喚起、「農作業安全」への意識向上、「農作業時の熱中症
    対策」等を啓発する作品を募集しました。132名の方から274点の応募をいた
    だき、その中から最優秀賞として中国四国農政局長賞を選定するとともに、協
    賛団体等において、(一社)日本農業機械化協会賞、(一社)全国肥料商連合
    会賞、(株)日本農業新聞賞が選定されました。

    「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」(第3回選定)のグランプリ及び特別賞の選定結果について

      12月2日、内閣官房及び農林水産省は、30地区の農山漁村活性化の優良事
    例(10月17日決定・公表)の中からグランプリと特別賞を選定しました。

      なお、中国四国農政局管内から、木頭ゆずクラスター協議会(徳島県那賀町)が
    特別賞(チャレンジ賞)を受賞しました。

    平成28年度中国四国農政局所管農業農村整備事業優良工事等の
    受注者の表彰について

      中国四国農政局では、所管の農業農村整備事業等の円滑な施行に資すること
    を目的として、工事又は測量・調査・設計業務であって、その成果が優秀であり他
    の模範となるもの及び工事等を実施した受益地区内で優れた地域貢献活動を展
    開したものの受注者等を表彰しています。

      この度、受賞者が決定し、以下のとおり表彰式を開催します。

    • 【開催日時及び開催場所】
    • 開催日時:平成29年1月18日(水曜日)9時30分~10時30分
    • 開催場所:岡山地方合同庁舎 1階 土地改良技術事務所研修室
                   (岡山市北区桑田町1番36号)
    • 詳しくはこちらをご覧ください。
      http://www.maff.go.jp/chushi/press/setukei/170105.html

    平成28年度多面的機能発揮促進事業中国四国農政局長表彰について

      中国四国農政局では、水路や農道等の地域資源の保全管理、生産条件不利地
    における農業生産活動等の維持及び環境保全効果の高い営農活動など、農業の
    有する多面的機能の発揮を促進する活動を支援する事業に取り組む優良な組織
    等を表彰しています。また、優良な取組の推進及び啓発普及に貢献した組織等を
    対象に特別賞として表彰しています。

      このたび、平成28年度の受賞組織を決定し、以下のとおり最優秀賞及び特別賞
    について表彰式を開催します。

    • 【開催日時及び開催場所】
    • 日時:平成29年1月13日(金曜日)13時30分~14時30分
    • 場所:岡山第2合同庁舎 10階第10A・B会議室(岡山市北区下石井1-4-1)
    • 詳しくはこちらをご覧ください。
      http://www.maff.go.jp/chushi/press/nochi/161220.html
       

    平成28年度中国四国農政局補助事業再評価技術検討会の開催について

      農林水産省では、農業農村整備事業の事業採択から10年を超えて継続する地
    区及び直近の期中評価(以下、「再評価」という。)実施年度から5年継続する地区
    を対象に、事業実施の妥当性について総合的かつ客観的に評価し、補助金交付
    の方針の決定を行う再評価を実施することとしています。

      再評価の実施にあたっては、学識経験等で構成する技術検討会の意見を聞くこ
    ととしていることから、同検討会を以下のとおり開催します。

    • 【開催日時及び開催場所】
    • 第1回  ※終了しました
    • 第2回  平成29年1月16日(月曜日)13時30分~14時30分
      岡山第2合同庁舎4階第2会議室(岡山市北区下石井1-4-1)
    • 詳しくはこちらをご覧ください。
      http://www.maff.go.jp/chushi/press/setukei/161206.html

    農業分野における独占禁止法等に係る説明会を開催します

      農林水産省と公正取引委員会は共同で、農業分野における独占禁止法等に係
    る説明会及び個別相談会を平成28年11月9日(水曜日)のさいたま会場を始めと
    して平成29年3月までに全国12ヵ所で開催します。

      本説明会では、農業者や商系業者、農協関係者など、農業分野の幅広い関係者
    の皆様を対象に、農林水産省からは農協が組合員に事業利用を強制してはならな
    いことを明記した改正農協法について、公正取引委員会からは農協と独占禁止法
    についてご説明します。

      また、希望者を対象に、公正取引委員会の担当者が個別にご相談を受け付ける
    個別相談会も併せて開催します。

    【開催日時及び開催場所】

    • 岡山会場
    • 日時:平成29年1月30日(月曜日)
    • 説明会13時30分~15時30分  個別相談会15時30分~16時00分
    • 場所:岡山第2合同庁舎 10階A、B会議室(岡山市北区下石井1-4-1)
    • 高松会場
    • ※終了しました

    参加申込はこちらで受け付けています。皆様のご参加お待ちしています!
    https://www.contactus.maff.go.jp/j/form/keiei/sosiki/161013.html

    「加工食品の原料原産地表示制度に関する検討会中間取りまとめ」に
    係る説明会の開催について

      消費者庁及び農林水産省が共同で開催していた「加工食品の原料原産地表示
    制度に関する検討会」において、平成28年11月29日に「加工食品の原料原産地
    表示制度に関する検討会中間取りまとめ」が公表されました。

      つきましては、説明会を次のとおり開催しますので、参加を御希望の方は、申込
    方法に従ってお申し込みください。

    • 【開催日時及び開催場所】
    • 岡山会場
    • 日時:平成29年1月12日(木曜日)13時30分~
             ※受付は、開始時刻の40分前から始めます。
    • 場所:岡山第2合同庁舎  2階 共用会議室(岡山市北区下石井1-4-1)
    • 詳しくはこちらをご覧ください。
      http://www.maff.go.jp/chushi/press/hyoji/161202.html

    中国四国農政局事後評価技術検討会(補助事業)の開催について

      農林水産省では、農業農村整備事業等の効率的な執行及び事業実施過程の
    透明性の確保の観点から、農業農村整備事業等補助事業の完了地区において、
    事業完了後一定期間の経過後に当該事業による効果等について評価を行って
    おります。

      この評価の実施に際し、学識経験を有する者の専門的知見を活用する必要が
    あることから、事後評価技術検討会を開催します。

    • 【開催日時及び開催場所】
    • 第1回  ※終了しました
    • 第2回  平成29年1月30日(月曜日)15時00分~17時00分
                岡山第2合同庁舎  4階 第2会議室(岡山市北区下石井1-4-1)
    • 詳しくはこちらをご覧ください。
      http://www.maff.go.jp/chushi/press/tochi/161111.html

    農林水産物・食品の輸出相談窓口について

      農林水産省と日本貿易振興機構(ジェトロ)は、農林水産物及び食品の輸出に
    関して、お気軽にご相談いただけるよう、国内各地に相談窓口を設置しています。
    諸外国の規制・制度、国の支援事業、輸出先国のマーケット情報、輸出等のお問
    い合わせに、ぜひご活用下さい。

     

     6 【消費者の部屋】

    テーマ:「食品の安全を守る!」
              ~「食品トレーサビリティのしくみ」~

      食品のトレーサビリティとは、食品が「いつ、どこから、どこへ、何を、どれだけ」入
    出荷したかを記録・保存し、その移動ルートを把握できるようにするものです。これ
    により、食品事故等の問題が発生した際に、その流通ルートを特定することができ、
    原因究明や迅速な商品回収が可能になります。

      今回の展示では、法律に基づく、「牛トレーサビリティ制度」と「米トレーサビリティ
    制度」をはじめ、これら以外の食品のトレーサビリティの取組について、パネル等で
    わかりやすく紹介します。

    開催日時及び開催場所

    • 開催日時:平成28年12月26日(月曜日)~平成29年1月13日(金曜日)
                   8時30分~17時15分
                   (土・日曜日、祝日、年末年始を除く。最終日は13時まで)
    • 開催場所:中国四国農政局「消費者の部屋」展示コーナー
                   (岡山市北区下石井1-4-1  岡山第2合同庁舎  1階)
    • 詳しくはこちらをご覧ください。
      http://www.maff.go.jp/chushi/press/seikatsu/161219.html
       

    移動消費者の部屋

        中国四国農政局では、管内各地に出向き、パネル展示等を通じて農林水産
    行政や農業、食生活等に関する情報を消費者の皆さまに提供する「移動消費
    者の部屋」を開催しています。

    ★「食料自給率の向上と災害への備え」in山口

        山口県健康づくりセンター(山口市)において、前期展示では日本の食料自
    給率の現状と向上に向けてできること、需要拡大を目指す米粉の特性、また、
    後期展示では大規模な災害に備えて家庭で上手に食料品等を備蓄するポイン
    ト等を紹介します。

    開催日時及び開催場所

    • 開催日時
    • 前期:平成28年12月5日(月曜日)~平成28年12月28日(水曜日)
    • 後期:平成29年1月4日(水曜日)~平成29年1月31日(火曜日)
             8時30分~17時15分
    • ※祝日、平成28年12月29日(木曜日)~平成29年1月3日(火曜日)は休館日
    • 開催場所:山口県健康づくりセンター  (山口市吉敷下東3丁目1番1号)
    • 詳しくはこちらをご覧ください。
      http://www.maff.go.jp/chushi/press/seikatsu/161121.html

    7 【ホームページの新着・更新に関する情報】

    政策情報 【農業生産】

    政策情報  【統計情報】

    【ニュースレター】

    【発注・入札情報、その他公表事項】

    【その他】

    編集後記 

      読者の皆様、明けましておめでとうございます。

      お正月といえばお餅がつきものですが、皆様は
    お餅をどのように準備していますか?餅米から用
    意して臼と杵を使って餅つきをする方法、餅つき
    機械でつく方法、スーパーで出来合いのお餅を買
    う方法、いろいろ方法はありますが、お正月には
    欠かせない食品となっています。

      今年も、お餅のように長ーく健康でいたいものです。(On)

     

    フルカラーで画像付きのHTML版は、こちらから 

    • http://www.maff.go.jp/chushi/mailm/magazine/index.html
    • このメールマガジンは、農政情報をタイムリーにお届けするために、登
      録して頂いた方々に配信しています。
      配信の変更などはこちらからどうぞ。
      http://www.maff.go.jp/chushi/mailm/index.html
    • PDFファイルを閲覧するためには、Adobe Reader が必要です。
      なお、一部のメールソフトでは、URLをクリックしてもブラウザが立ち上が
      らない場合があります。その際は、インターネット・エクスプローラ等に
      URLをコピーしてご覧ください。
    • メールマガジンへのご意見・ご要望、または転載を希望される場合は、メー
      ルでお知らせください。寄せられたご意見などは、個人情報を伏せた上でメ
      ールマガジンで紹介させていただくこともありますので、あらかじめご了承
      ください。
    • 問い合わせ窓口   https://www.contactus.maff.go.jp/j/chushi/form/161125.html  
    • ホームページURL http://www.maff.go.jp/chushi/
    • 編集〒700-8532岡山市北区下石井1-4-1岡山第2合同庁舎
      中国四国農政局企画調整室
      TEL:086-224-4511(代)(内線2295)
      FAX:086-235-8115


    最後までお読みいただき、ありがとうございました。

    お問合せ先

    企画調整室
    担当者:交流係
    代表:086-224-4511(内線2295)
    ダイヤルイン:086-224-9400
    FAX:086-235-8115

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader