このページの本文へ移動

中国四国農政局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    中国四国あぐりレター 第365号 2017(平成29)年2月6日 中国四国農政局

    主な内容 

    1 【重要なお知らせ】

    2 【ひとことメッセージ】

    3 【イベント】

    4 【ふるさと元気だより】

    5 【お知らせ】

    6 【消費者の部屋】

    7 【ホームページの新着・更新に関する情報】

    1 【重要なお知らせ】

    「農業競争力強化プログラム」~日本の農業、もっと強く。~

      農業者の所得向上に向け、農業者が自由に経営展開できる環境を整備する
    とともに、農業者の努力では解決できない構造的な問題を解決していくため、
    農業競争力強化プログラムが決定され農林水産業・地域の活力創造プランの
    中に位置づけられました。

      このプログラムの具体的な内容を知っていただけるよう、説明動画を農林水
    産省ホームページへ掲載しましたので、ご覧ください。

    説明動画はこちらをチェック!
    http://www.maff.go.jp/j/kanbo/nougyo_kyousou_ryoku/index.html#a
    (農林水産省ホームページ)

      また、政府広報オンラインにおいても、「農業競争力強化プログラム」につい
    て紹介しています。併せてご覧下さい。
    http://www.gov-online.go.jp/tokusyu/nougyo_kyouka2017/index.html
    (外部リンク)

    「高病原性鳥インフルエンザの発生について」

      昨年11月末以降、青森県、新潟県、北海道、宮崎県及び熊本県で、本年1
    月に入り、岐阜県及び宮崎県、2月4日に佐賀県内の家きん飼養農場におい
    て、高病原性鳥インフルエンザが相次いで発生しています。

      現在、発生県をはじめ、農林水産省及び関係各省が緊密に連携し、防疫措
    置を迅速に進め、まん延防止に取り組んでいます。

      中国四国管内においても、昨年11月末以降に鳥取県内、本年1月17日に
    も山口県内の野鳥等から高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されてお
    り、家きん飼養者の皆様におかれましては、徹底した消毒と野鳥等の侵入防
    止に努めるなど厳重な警戒をお願いします。

      また、これまで以上に念入りに、飼養家きんの毎日の健康観察を行い、異
    状を見つけた場合には、直ちに最寄りの家畜保健衛生所に連絡して下さい。

      なお、我が国では、これまで家きん肉及び家きん卵を食べることにより、
    鳥インフルエンザウイルスが人に感染した事例は報告されていません。

    2 【ひとことメッセージ】 

    「農業者の皆様へ。青色申告を始めましょう。」
                           中国四国農政局  経営・事業支援部
                                    地方参事官(事業支援) 前島  仁

      確定申告の時期が近づいてきました。農業者の皆様、青色申告を始めてみ
    ませんか?青色申告は、自分の経営を客観的につかむための重要なツールで
    あり、税制上のメリットもあります。

      新たに青色申告を始めるためには、個人の場合、平成29年3月15日まで
    に最寄りの税務署に「青色申告承認申請書」を提出する必要があります。

      この申請を行えば、平成29年分の所得から、青色申告を行うことができま
    す(申告時期は平成30年2月~3月)。

      なお、政府の農林水産業・地域の活力創造本部において、青色申告を行っ
    ている農業者を対象とした収入保険制度の導入が決定されました。

      収入保険制度は、品目の枠にとらわれず自然災害による収量減少だけでな
    く、価格低下なども含めた収入減少を補塡する仕組みです。主な内容は、以
    下のとおりです。

    〇青色申告を行っている農業者(個人・法人)が対象です。
    〇当年の収入が基準収入の9割(5年以上の青色申告実績がある場合)を
       下回った場合に、下回った額の9割(支払率)を補塡します。
    〇  農業者は、保険料・積立金を支払って加入します。(任意加入)

    3 【イベント】

    「優秀農林水産業者に係るシンポジウム」の開催と参加者の募集について

      農林水産省では、農林水産業者の技術改善及び経営発展の意欲の高揚を図
    るため、農林水産祭における天皇杯の授与など、優秀農林水産業者の表彰及
    びその業績普及を行っています。

      このシンポジウムは、農林水産祭行事の一環として実施するもので、愛媛
    県西予市において開催します。 

    開催日時及び開催場所

    • 日時:平成29年2月13日(月曜日)13時30分~16時00分
    • 場所:西予市教育保健センター 4階大ホール(JR卯之町駅から徒歩4分)
             (愛媛県西予市宇和町卯之町3-434-1)
    • 詳しくはこちらをご覧ください。
      http://www.maff.go.jp/chushi/press/shinko/170125.html

    「6次産業化・農商工連携フォーラム」の開催及び参加者の募集について

      6次産業化や農商工連携の取組は、農山漁村において、新たな所得や雇用
    を創出し、地域の活性化につながる重要な取組です。このため、これらの取組
    に対して、農林水産省と経済産業省は協力して、農林漁業者及び中小企業者
    の取組を支援してきたところです。

      この度、6次産業化や農商工連携の更なる取組の推進を図るため、農林水
    産省と経済産業省との共催により、平成28年度に全国10か所において「6次
    産業化・農商工連携フォーラム」を開催します。

    【開催日時及び開催場所】

    • 高松会場
    • 日時:平成29年2月15日(水曜日)14時00分~17時00分
    • 場所:高松サンポート合同庁舎  アイホール
             (香川県高松市サンポート3-33高松サンポート合同庁舎低層棟2階)
    • 詳しくはこちらをご覧ください。
      http://www.maff.go.jp/chushi/sesaku/sixth/170123.html

    • 広島会場
    • 日時:平成29年2月9日(木曜日)13時30分~17時00分
    • 場所:広島ガーデンパレス2階鳳凰の間
             (広島市東区光町1-15-21)
    • 詳しくはこちらをご覧ください。
      http://www.maff.go.jp/chushi/sesaku/sixth/170110.html

     

    「平成28年度中国四国地域環境保全型農業推進コンクール表彰式
    及び環境保全型農業推進フォーラム」の開催について

      中国四国農政局は、有機農業をはじめとする環境保全型農業に意欲的に取
    り組む農業者等を表彰する「平成28年度環境保全型農業推進コンクール」に
    ついて、中国四国農政局長賞等の受賞者を決定しました。

      表彰式及びフォーラムは、平成29年3月8日(水曜日)に岡山第2合同庁
    舎(岡山県岡山市)において開催します。

    開催日時及び開催場所

    4 【ふるさと元気だより】

    「三原やっさタコ」~三原市漁業協同組合~
                                                          広島県拠点

      瀬戸内海に面した広島県三原市では、江戸時代よりタコ漁が行われていまやっさタコ
    す。

      三原市沖の海は、広島県の中でも一番島が多く、水温が一定できれいな水
    が特徴。

      岩場が多くカニやエビが多く生息している環境は、タコにとって絶好の住
    処となっています。また、海流が早い三原の海域では、タコがしっかりと岩
    場にしがみついていなければいけないため、タコは海流で鍛えられて身がタコツボ
    締まり、足は短く太くて歯ごたえ抜群で一度食べるとやみつきになる美味しさ
    です。

      三原市漁協では、漁から帰ってきたタコを活け締めにし、海水で洗い-35
    ℃で急速冷凍する事で新鮮さを保つ事が可能となりました。この新鮮なタ
    コを地元の「三原やっさ祭り」にちなみ「三原やっさタコ」と名付け、ブラ
    ンド化を推進してきました。また平成26年2月に商標登録し、広島県産応援
    登録制度にも登録されています。

      「こだわりの広島の幸」として美味しく食べてもらう工夫、商品の魅力を
    伝え、道の駅など三原市内で提供しており、農林水産物の消費拡大や地産地
    消に取組んでいます。

      また、冷凍加工技術により安定的な供給を目指すとともに、三原の地名を
    発信し、地域の貢献に役立ちたいと頑張っています。

    【問い合わせ先】

    5 【お知らせ】

    「一日農政局」を開催します

    中国四国農政局では、現場を第一として、地域の皆さんと一緒に考える「親
    切・丁寧、身近な相談しやすい農政局」を目指し、管内各県で「一日農政局」
    を開催しています。

    一日農政局in西条市

      「農家所得アップに向けた野菜産地化戦略」をテーマに愛媛県西条市で開
    催します。

    開催日時及び開催場所

    • 日時:平成29年2月9日(木曜日)13時30分~16時30分
    • 場所:西条市役所本館 5階 大会議室
             (愛媛県西条市明屋敷164番地)
    • 詳しくはこちらをご覧ください。
      http://www.maff.go.jp/chushi/press/kikaku/170123.html

    一日農政局in周防大島町

      「UIターンの定住促進と大島かんきつ産地の再興」をテーマに山口県周防
    大島町で開催します。

    開催日時及び開催場所

    • 日時:平成29年2月17日(金曜日)13時30分~16時00分
    • 場所:周防大島町久賀総合センター
             (山口県大島郡周防大島町大字久賀5058)
    • 詳しくはこちらをご覧ください。
      http://www.maff.go.jp/chushi/press/kikaku/170206.html

     

    「中国・四国地域一農ネット交流会」の開催と参加者の募集について

      中国四国農政局において、新規就農者や研修生、青年農業者等を対象とし
    た「中国・四国地域一農ネット交流会」を開催いたします。

      本交流会で、日頃の農作業や農業経営・農村での暮らしなどの様々な思い
    や悩み、将来の夢などを、中国・四国地域の同じ新規就農者や、先輩若手農
    業者たちと意見交換しませんか。

    開催日時及び開催場所

    • 日時:平成29年3月2日(木曜日)13時30分~17時00分
       (受付12時30分~)
    • 場所:岡山第2合同庁舎 2階 共用第2会議室
             (岡山市北区下石井1-4-1)
    • 詳しくはこちらをご覧ください。
      http://www.maff.go.jp/chushi/press/ke_sien/170203.html

     

     平成29年度農業農村整備事業優良工事等表彰のうち
    地域貢献活動に係る応募について

      中国四国農政局では、農業農村整備事業等を実施した受益地区内で優れた
    地域貢献活動を行っている企業を表彰する制度を設けており、本制度への応
    募をお願いしています。

    農林水産物・食品の輸出相談窓口について

      農林水産省と日本貿易振興機構(ジェトロ)は、農林水産物及び食品の輸出に
    関して、お気軽にご相談いただけるよう、国内各地に相談窓口を設置しています。
    諸外国の規制・制度、国の支援事業、輸出先国のマーケット情報、輸出等のお問
    い合わせに、ぜひご活用下さい。

     「平成28年(2016年)熊本地震」に関する情報

    熊本地震に関する情報は、こちらをご覧ください。
    (農林水産省ホームページ)
    http://www.maff.go.jp/j/saigai/zisin/160414/kumamoto/index.html

    東日本大震災に関する情報

    東日本大震災に関する情報は、こちらをご覧ください。
    (農林水産省ホームページ)
    http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/index.html

    6 【消費者の部屋】

    テーマ:「LOVEフラワーバレンタイン 世界でいちばん花を贈る日。」

      バレンタインデーは「男女がお互いに愛や感謝を伝え合う日」

      欧米諸国ではバレンタインデーに、男性が女性にお花を贈ることは、とっ
    てもポピュラー!

      「フラワーバレンタイン」は、2月14日に男性から女性に愛や感謝の気持
    ちを込めて花を贈る、バレンタインの新たな取組です。

      今回の消費者の部屋展示では、「フラワーバレンタイン」の取組、中国・
    四国管内の主な花き産地などを紹介します。あわせて、岡山県花き消費拡大
    実行委員会にご協力いただき、岡山県内で生産された洋ランの展示を行いま
    す。

    開催期間:平成29年1月30日(月曜日)~平成29年2月17日(金曜日)
                 8時30分~17時15分
                 (土・日曜日を除く。最終日は13時まで)

    開催場所:中国四国農政局「消費者の部屋」展示コーナー
                 (岡山市北区下石井1-4-1岡山第2合同庁舎 1階)

    詳しくはこちらをご覧ください。
    http://www.maff.go.jp/chushi/press/seikatsu/170123.html

    •  

    移動消費者の部屋

        中国四国農政局では、管内各地に出向き、農林水産行政や食生活等に
    関する情報を消費者の皆さまに提供する「移動消費者の部屋」を開催しています。

    ★「国産農林水産物の需要拡大で食料自給率アップ! in 島根」

      島根県民会館(松江市)において、日本の食料自給率の現状と食料自給
    率向上に向けた国産農林水産物の需要拡大に繋がる米粉の利用拡大、6次産
    業化、輸出促進等の取組を紹介します。

    開催日時及び開催場所

    • 開催日時
      平成29年2月20日(水曜日)~平成29年3月1日(火曜日)
        9時00分~22時00分
    • ※平成29年2月27日(月曜日)は休館日です。
    • 開催場所:島根県民会館プロムナードギャラリー
                    (松江市殿町158)
    • 詳しくはこちらをご覧ください。
      http://www.maff.go.jp/chushi/press/seikatsu/170206.html

    7 【ホームページの新着・更新に関する情報】

    政策情報  【統計情報】

    【ニュースレター】

    【発注・入札情報、その他公表事項】

    【その他】

    編集後記

      読者の皆様、パソコンやスマホの画面の見過ぎで眼に疲れが
    出ていませんか?私は、昼間は仕事でパソコン、夜はスマホの
    画面を凝視することで、ちょっとずつ視力が落ちています。歳の
    せいでもあるとは思いますが、それだけではないように思います。

      これから「離せば分かる」年齢になっていきますが、適度な休
    憩を行い眼に過度な負担をかけないようにして、眼鏡の度数が
    変わらないようにしたいものです。。(On)

     

    フルカラーで画像付きのHTML版は、こちらから

    • http://www.maff.go.jp/chushi/mailm/magazine/index.html
    • このメールマガジンは、農政情報をタイムリーにお届けするために、登
      録して頂いた方々に配信しています。
      配信の変更などはこちらからどうぞ。
      http://www.maff.go.jp/chushi/mailm/index.html
    • PDFファイルを閲覧するためには、Adobe Reader が必要です。
      なお、一部のメールソフトでは、URLをクリックしてもブラウザが立ち上が
      らない場合があります。その際は、インターネット・エクスプローラ等に
      URLをコピーしてご覧ください。
    • メールマガジンへのご意見・ご要望、または転載を希望される場合は、メー
      ルでお知らせください。寄せられたご意見などは、個人情報を伏せた上でメ
      ールマガジンで紹介させていただくこともありますので、あらかじめご了承
      ください。
    • 問い合わせ窓口   https://www.contactus.maff.go.jp/j/chushi/form/161125.html  
    • ホームページURL http://www.maff.go.jp/chushi/
    • 編集〒700-8532岡山市北区下石井1-4-1岡山第2合同庁舎
      中国四国農政局企画調整室
      TEL:086-224-4511(代)(内線2295)
      FAX:086-235-8115


    最後までお読みいただき、ありがとうございました。

    お問合せ先

    企画調整室

    担当者:交流係
    ダイヤルイン:086-224-9400
    FAX番号:086-235-8115

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader