このページの本文へ移動

中国四国農政局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    中国四国あぐりレター 第376号 2017(平成29)年7月5日 中国四国農政局

    もくじ

    1 【重要なお知らせ】

    2 【ひとことメッセージ】

    3 【ふるさと元気だより】

    4 【お知らせ】

    5 【消費者の部屋】

    6 【ホームページの新着・更新に関する情報】

    1 【重要なお知らせ】

    平成28年度「食料・農業・農村白書」、「食育白書」、「森林・林業白書」及び「水産白書」に関する中国・四国ブロック説明会の開催について

    「食料・農業・農村白書」、「食育白書」、「森林・林業白書」及び「水産白書」は、農林水産業を取り巻く最近の動きを踏まえ、主要施策の取組状況や課題について、国民的な関心と理解が一層深まることをねらいとして作成されています。

    このたび、平成28年度白書が公表されましたので、広く国民各層に発信していくことを目的に、下記により、農林漁業者、地方公共団体農政担当者、農林水産関係団体、消費者等を対象とした4白書合同の説明会を中国ブロック及び四国ブロックの2会場で開催します。

    開催日時及び場所

     (1) 中国ブロック会場

    日時:平成29年7月27日(木曜日)13時~16時40分
    場所:中国四国農政局(岡山第2合同庁舎)2階 共用会議室  岡山市北区下石井1-4-1

     (2) 四国ブロック会場

    日時:平成29年7月11日(火曜日)13時~16時40分
    場所:香川県社会福祉総合センター 7階 第二中会議室  香川県高松市番町1-10-35

    収入保険制度等についての中国・四国ブロック説明会の開催について

    平成29年6月16日に収入保険制度の導入等を内容とする「農業災害補償法の一部を改正する法律」が可決・成立しました。収入保険制度の内容等について、農業者を中心に、関係団体などの関係者に広く周知することを目的として、中国・四国ブロック説明会を開催いたします。(説明会は、2~3時間程度を予定しています。)。

    開催日時及び場所

    (1) 岡山会場

    日時:平成29年7月21日(金曜日)14時~
    場所:岡山県農業共済会館6F 大会議室  岡山県岡山市北区桑田町1-30

    (2) 高知会場

    日時:平成29年7月25日(火曜日)14時~
    場所:四国森林管理局2F 大会議室  高知県高知市丸ノ内1丁目3番30号

    「平成28年度中国四国食料・農業・農村情勢報告」について

    「中国四国食料・農業・農村情勢報告」は、中国・四国地域の食料・農業・農村に関する総合的な報告書として、毎年度、作成・公表しているものです。

    平成28年度情勢報告は、巻頭において、鳥取県中部を震源とする地震の対応、農泊の取組、日本農業遺産等、中国・四国地域における1年間の特徴的な動きをトピックスとして紹介しています。

    また、第1部の特集編では、「先端技術で農業を変えていく」と題して、省力化・高品質生産等を可能にし、農業の成長産業化に向けた推進力と期待されるスマート農業について、農業経営に活用されている事例を紹介するとともに、統計データやアンケート調査を用いて地域の農業構造、農業者の意識等を整理し、スマート農業が期待される状況をまとめました。

    さらに、第2部の動向編では、中国・四国地域の食料・農業・農村の最近の動向やそれをめぐる課題を明らかにするとともに、各種の統計データ、各地の取組事例やその成果、中国四国農政局の取組等を紹介しています。

    「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」(第4回選定)に係る優良事例の募集について

    内閣官房と農林水産省は、「強い農林水産業」、「美しく活力ある農山漁村」の実現のため、農山漁村の有するポテンシャルを引き出すことにより地域の活性化や所得向上に取り組んでいる優良な事例を選定し、全国へ発信する表彰事業「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」を実施しています。

    このため、他の地域の参考となるような優れた地域活性化の取組を募集します。自薦・他薦は問いませんので、ふるってご応募ください。

    2 【ひとことメッセージ】

    仕事は「一期一会」の積み重ね

    中国四国農政局地方参事官(広島県担当)  二井 幸徳

    4月、広島県に赴任し、そうこうしているうちに早3ヶ月が過ぎようとしています。

    先日、実家に帰り、母と近所のショッピングセンター(家から約20キロの所)に買い物に行った時のこと。母を先に降し、一服しようと灰皿を探し見つけると、遠めで見たようなおじさんが疲れた顔してタバコを吸っていました。誰かなと近づいていくと局の某氏でした。

    まさか、こんな所で出会うとは思ってもいなかった(一期一会?)ので、久々に仕事を離れて会話ができ、また、ゆっくり話そうといって同伴者の所に去っていきました。

    また、関東に勤務している時も、仕事で静岡に出張し、現地案内をしていただいた職員の方が、数週間後に妻と御殿場アウトレットに出かけた際、同じように一服しようと歩いていると前から最近見たような人が歩いてくるではありませんか。

    相手も気がつき此間はどうも。こんな所で会うとは、またきっと合うでしょうと同伴の奥さんにも挨拶して別れました。その後も、何度か一緒に仕事をすることになりましたが、プライベートで会っているからか、多くを話さなくてもなんとなくお互い気心が知れてスムーズに物事が進むのです。

    私が本省勤務になり数年が過ぎた頃(27才位)、ある仕事で外部の方との打合わせで私にとっては初めてでしたが、相当厳しいことをいい、その時はまあこの先会うこともないだろうと思っていた所、数年後にまた、仕事で一緒することがありました。

    その時は、あの時厳しく言ったことを謝るべきか、そ知らぬふりをすべきか一瞬悩みましたが、思い切って「○○課の時は、若造が厳しく申上げてすいません。」と言ったら、「そんなの気にしていないよ。まだ良いほうだったよ。」やさしく答えていただきました。私を覚えていていただいたのか。これでわだかまりがなくなったなぁと思い、そのついでではないのですが、「これも仕事と割り切ってやりましょうね」とつい言ってしまいました。相手は笑っていましたが・・・。でも、それ以来、常に本音でぶつかり合える関係になりました。

    この出来事がきっかけなのかどうかは、はっきりしませんが、色々な方々とお会いする際は、これが最初で最後になるかも知れないし、またお会いするかもしれない。今、この相手と如何に胸襟とはいかないまでも背広のボタンをはずか、背広を脱いだ位、いや、ワイシャツの袖を巻くって話せる関係になれるかを自分のスタイル(正に一期一会的なぁ~)として、日々仕事に限らず取り組んでいる毎日です。

    3 【ふるさと元気だより】

    山口県農業のトップリーダー育成に期待  ~「やまぐち尊農塾」開講~

    山口県拠点

    平成29年5月22日、今後の山口県農業を担う優れた農業経営者を育成するための「やまぐち尊農塾」が開講し、県内で農業を経営する1期生23名が、農業経営のプロフェッショナルを目指しその一歩を踏み出しました。

    「やまぐち尊農塾」は、山口県が主催し開講するもので、意欲ある法人経営者等を対象に、充実した講師陣によるマネジメントやマーケティング研修等を来年の2月まで計10回実施し、経営マインドに優れた次世代の農業を担う経営者の育成を目指します。

    6月15日には、開講以来となる2回目の研修が行われ、受講生は、秋田県立大学生物資源科学部藤井吉隆准教授による講義を受講した後、「農業経営の環境分析」演習に取り組みました。

    この「やまぐち尊農塾」が、将来の山口県農業を担うトップリーダーを多く輩出する、いわゆる「農業版松下村塾」として、山口県農業の発展に貢献する場になればと、当塾の今後の発展に、農業関係者から大きな期待が寄せられています。

     ※「やまぐち尊農塾」についてのお問合せは
     山口県農林水産部農業振興課経営体育成班
     TEL:083-933-3375

    4 【お知らせ】

    「牛乳が好き。」MILK・JAPAN中国四国フォトコンテスト2017作品の募集について

    牛乳、乳製品の消費拡大の一環として、「牛乳が好き。」MILK・JAPAN中国四国フォトコンテスト2017を実施します。

    募集テーマは「牛乳・乳製品の部」と「乳牛とのふれあいの部」です。牛乳を飲む、乳製品を食べている写真あるいは乳牛とふれあう写真などのテーマに沿った作品の応募をお待ちしております。

    「第2回 全国子ども和食王選手権」の開催及び参加者の募集について

    農林水産省は、日本の伝統的な食文化である「和食」やふるさとの「郷土料理」に対して、子どもたちの強い関心と理解を育むことを目的に、「第2回全国子ども和食王選手権」を開催し、参加する小学生を募集します。

    1.和食お絵かき部門:小学校1年生~3年生対象
    2.和食王部門:小学校4年生~6年生対象
    募集期間  平成29年6月12日(月曜日)~9月15日(金曜日)

    「全国キャラバン!食の発掘商談会2017」出展者募集について

    農林水産省の農山漁村6次産業化対策事業(6次産業化サポート事業)により、株式会社JTB西日本が実施する「全国キャラバン!食の発掘商談会2017」が開催されます。

    地域とバイヤーが連携し、全国8ブロックで地域交流会(相談会)と商談会を開催するもので、中国四国ブロックでは地域交流会が岡山市と高松市で、商談会が高松市で、それぞれ開催されます。

    「米政策改革について」  ~米政策説明動画が公開されました!~

    30年産からの米政策見直しへの円滑な移行に向け、各県関係者・担い手に対しキャラバンを実施し、政策の見直しについて説明・意見交換を実施しているところですが、さらに、多くの生産者及び関係者の方々に理解を深めていただくため、インタビュー形式で柄澤政策統括官が説明する動画を制作し、公開しましたので、ぜひご覧ください。

    「農業競争力強化プログラム」 ~日本の農業、もっと強く。~

    農業者の所得向上に向け、農業者が自由に経営展開できる環境を整備するとともに、農業者の努力では解決できない構造的な問題を解決していくため、農業競争力強化プログラムが決定され農林水産業・地域の活力創造プランの中に位置付けられました。

    このプログラムの具体的な内容を知っていただけるよう、説明動画を農林水産省ホームページへ掲載しましたので、ご覧ください。

    「鳥獣被害対策に関する情報」 ~野生動物による農作物被害対策(研究成果等)を動画で紹介~

    近年、中山間地域などにおいて、シカ、イノシシ、サルなどの野生鳥獣による農林水産業被害が深刻化・広域化しています。

    このたび、国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)で行われている研究成果等を踏まえた鳥獣被害対策について紹介する動画が農林水産省ホームページに掲載されておりますので、ご覧ください。

    農林水産物・食品の輸出相談窓口について

    農林水産省と日本貿易振興機構(ジェトロ)は、農林水産物及び食品の輸出に関して、お気軽にご相談いただけるよう、国内各地に相談窓口を設置しています。
    諸外国の規制・制度、国の支援事業、輸出先国のマーケット情報、輸出等のお問い合わせに、ぜひご活用下さい。

    「家畜伝染病の発生防止について」

    6月以降、韓国、中国、台湾において、高病原性鳥インフルエンザが発生するなど、周辺諸国では家畜伝染病が継続して発生しています。

    このような中、訪日外国旅行者数の増加及び日本から海外への渡航者の増加等により、我が国へ家畜伝染病が侵入・まん延するリスクは依然として高い状況にあると考えられます。

    家畜飼養者の皆様におかれましては、徹底した消毒と野生動物等の侵入防止に努めるなど、飼養衛生管理基準の遵守の徹底をお願いします。

    なお、万が一、異状を見つけた場合には、直ちに最寄りの家畜保健衛生所に連絡してください。

     「消費税軽減税率制度関係について」

    平成31年10月から消費税の軽減税率制度が導入されます。
    軽減税率制度に関することや中小事業者等向けの支援につきましては、以下のホームページ等をご覧ください。

    軽減税率制度に関すること
    (国税庁ホームページ)http://www.nta.go.jp又は最寄りの税務署

    中小事業者等への支援・・「軽減税率対策補助金事務局」
    (専用ダイヤル  0570-081-222)
    (ホームページ)http://Kzt-hojo.jp

    東日本大震災に関する情報

    東日本大震災に関する情報は、こちらをご覧ください。
    (農林水産省ホームページ)
    http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/index.html

    5 【消費者の部屋】

    テーマ:「もっと牛乳を飲もう!」

    国連食糧農業機関(FAO)が、6月1日を「世界牛乳の日」とすることを提唱し、我が国においても6月1日を「牛乳の日」、6月を「牛乳月間」として、牛乳の消費拡大運動を展開しています。

    6月の牛乳月間を受け、「もっと牛乳を飲もう!」と題した消費者の部屋」特別展示を実施します。

    今回の消費者の部屋特別展示では、(1)「牛乳が好き。」MILK JAPAN中国四国フォトコンテスト2017のご案内、(2)管内ブランド牛乳、(3)乳和食(レシピ配布)などを紹介します。

    • 開催期間:平成29年6月19日(月曜日)~平成29年7月7日(金曜日)
        8時30分~17時15分
        (土曜日・日曜日を除く。最終日は13時まで)
    • 開催場所:中国四国農政局「消費者の部屋」展示コーナー
        (岡山市北区下石井1-4-1 岡山第2合同庁舎 1階)
    • 詳しくはこちらをご覧ください。
      http://www.maff.go.jp/chushi/press/seikatsu/170612.html

    テーマ:「さあ、出かけよう!農山漁村へ~農泊の推進~」

    豊かな自然、四季のうつろい、その土地ならではの食事や伝統文化など、たくさんの魅力をもつ農山漁村へ出かけてみませんか?

    今回の消費者の部屋特別展示では、グリーン・ツーリズムの普及・推進を図るため、中国四国地域の農業体験や交流イベント、農泊(農山漁村滞在型旅行)(注)等の情報を紹介します。

    (注)農泊(農山漁村滞在型旅行)・・・農山漁村において日本ならではの伝統的な生活体験と農村地域の人々との交流を楽しみ、農家民宿、古民家を活用した宿泊施設など多様な宿泊手段により旅行者にその土地の魅力を味わってもらう農山漁村滞在型旅行。

    • 開催期間:平成29年7月10日(月曜日)~平成29年7月28日(金曜日)
        8時30分~17時15分
        (土・日曜日・祝日を除く。最終日は13時まで)
    • 開催場所:中国四国農政局「消費者の部屋」展示コーナー
        (岡山市北区下石井1-4-1 岡山第2合同庁舎1階)
    • 詳しくは、こちらをご覧ください。
      http://www.maff.go.jp/chushi/press/seikatsu/170703_15.html

    テーマ:子どものための夏休み企画「考えてみよう!農林水産業と私たちの食生活」

    夏休みを迎えた子どもたちを対象に、毎日の食生活を支えている地域の農林水産業の役割等について、考え、理解を深めてもらうことを目的に、パネル展示のほか、ゲームやクイズ等を通して、楽しみながら学べるイベントを開催します。

    • 開催期間:平成29年8月10日(木曜日)10時00分~16時00分
        ※休館日は土曜日・日曜日
    • 開催場所:中国四国農政局「消費者の部屋」展示コーナー
        (岡山市北区下石井1-4-1 岡山第2合同庁舎2階共用会議室)
    • 詳しくは、こちらをご覧ください。
      http://www.maff.go.jp/chushi/press/seikatsu/170703_14.html

    6 【ホームページの新着・更新に関する情報】

    政策情報

    農業生産
    主要野菜の入荷量及び卸売価格の見通し(平成29年7月)について
    http://www.maff.go.jp/chushi/press/se_tokusan/170630.html

    統計情報
    平成29年農業構造動態調査(平成29年2月1日現在  中国四国地域)の公表について
    http://www.maff.go.jp/chushi/info/toukei/00chushi/index.html

    報道・広報

    申請・お問い合せ

    【その他】

    編集後記

    暑い日が続くようになり、最近は家に帰ると同時にエアコンの電源を入れるようになりました。
    昨年は、とある理由でエアコンのない夏を過ごしていました。夜でも熱中症になることがあると聞いたことから、しっかり冷やしたスポーツドリンクを魔法瓶に入れて、枕元において寝るようにしていました。
    今期、すでに管内でも猛暑日を記録した地域もあります。熱中症には十分気を付けるようにしましょう。(Ya)

    フルカラーで画像付きのHTML版は、こちらから

    • http://www.maff.go.jp/chushi/mailm/magazine/index.html
    • このメールマガジンは、農政情報をタイムリーにお届けするために、登録して頂いた方々に配信しています。
      配信の変更などはこちらからどうぞ。
      http://www.maff.go.jp/chushi/mailm/index.html
    • PDFファイルを閲覧するためには、Adobe Reader が必要です。
      なお、一部のメールソフトでは、URLをクリックしてもブラウザが立ち上がらない場合があります。その際は、インターネット・エクスプローラ等にURLをコピーしてご覧ください。
    • メールマガジンへのご意見・ご要望、または転載を希望される場合は、メールでお知らせください。寄せられたご意見などは、個人情報を伏せた上でメールマガジンで紹介させていただくこともありますので、あらかじめご了承ください。
    • 問い合わせ窓口  https://www.contactus.maff.go.jp/j/chushi/form/161125.html  
    • ホームページURL  http://www.maff.go.jp/chushi/
    • 編集〒700-8532岡山市北区下石井1-4-1岡山第2合同庁舎
      中国四国農政局企画調整室
      TEL:086-224-4511(代)(内線2295)
      FAX:086-235-8115

    最後までお読みいただき、ありがとうございました。

    お問合せ先

    企画調整室

    担当者:交流係
    代表:086-224-4511(内線2295)
    ダイヤルイン:086-224-9400
    FAX番号:086-235-8115