このページの本文へ移動

中国四国農政局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    香川ぴっぴ通信 創刊号 2016(平成28)年1月4日 中国四国農政局香川県拠点

    もくじ

    1【今週のひとこと】

    ★ 「香川支局ぴっぴ通信」創刊にあたって

    中国四国農政局香川支局長 加藤 勝

    新年あけましておめでとうございます。支局長の加藤です。メールマガジン「香川支局ぴっぴ通信」の創刊に当たり、ご挨拶申し上げます。

    昨年10月、これまでの高松地域センターに代わり、香川支局が発足しました。新たな支局の役割を一言で表現すると「現場と農政を結ぶ」ことです。現場に最新の農政を伝え、現場の声を農政にフィードバックし、さらに様々な課題を現場とともに解決できるよう、支局一丸となって努力してまいります。その前提として、皆さまと「顔の見える関係」を築けるよう、職員一同心がけています。

    行政機関のメールマガジンは、一方通行の情報発信になりがちです。ぴっぴ通信では、皆さまからの声やニーズを正面から受けとめ、読者にピピッと来るような情報をタイムリーに提供してまいります。(なお、香川県人には解説不要かと思いますが、「ぴっぴ」とは讃岐の方言で「うどん」のことです。)

    香川支局では、このぴっぴ通信の発行等を通じて、皆さまと双方向のコミュニケーションを図ってまいりたいと考えています。引き続きご支援ご指導を賜りますようお願い申し上げますとともに、本年が実り多い年となることを心よりお祈り申し上げます。

     

    2【お知らせ】

    ★ 「農政新時代キャラバン」ブロック別説明会の開催

    中国四国農政局は、「総合的なTPP関連対策大綱」を踏まえた農林水産分野の対策について、地方公共団体及び関係団体、関係者等に説明するため、「農政新時代キャラバン ブロック説明会兼香川県説明会」を開催します。

    本説明会は午前に総論の説明を、午後に「水田・畑作」「園芸」「畜産」の品目別に分科会を開催し、より詳細な説明を行います。なお、一般の方も参加可能です。

    四国ブロック兼香川県説明会及び中国ブロックの説明会は、次のとおりです。


     ・四国ブロック(香川県)説明会

    平成28115(金曜日)10時~16時 香川県社会福祉総合センター(高松市番町1丁目10-35

    (詳細・申込はこちら)
    http://www.maff.go.jp/chushi/press/kikaku/151228_1.html


     ・中国ブロック(岡山県)説明会

    平成28119(火曜日)10時~16時 おかやま未来ホールほか(岡山市北区下石井1丁目2-1岡山イオンモール5階)

    (詳細・申込はこちら)
    http://www.maff.go.jp/chushi/press/kikaku/151228.html

     

    ★ 28年産生産数量目標の配分~平成28年産米の生産数量目標が決定~

    農林水産省は、昨年1130日(月曜日)に開催した「食料・農業・農村政策審議会 食糧部会」の答申を経て公表した「米穀の需給及び価格の安定に関する基本指針」に基づき、平成28年産米の都道府県別の生産数量目標等を設定しました。

    (概要)

    全国の平成28年産米の生産数量目標は743万トン、自主的取組参考値は735万トンです。都道府県別配分は、平成27年産米における都道府県別シェアを固定し、当該シェアで按分されました。

    香川県の28年生産数量目標は、前年に比べ748トン減少の69,492トン、同自主的取組参考値は同じく376トン減少の68,744トンです。

    (詳しくはこちら)
    http://www.maff.go.jp/j/press/seisan/kokumotu/151130.html

     

    ★ 「農業IT知的財産活用実証事業」地方セミナーの開催

    慶応義塾大学SFC研究所は、熟練農家のノウハウをITの活用によりデータ化するなど、知的財産の新たな活用に向けた取組を支援するためのセミナーを開催します。

    日時:平成28114日(木曜日)1500分~1700

    場所:サンポートホール高松 63会議室(高松市サンポート2-1

    (詳しくはこちら)
    http://agri-ip.sfc.keio.ac.jp/


    ★ 「年明けうどん」

    去る1212日(土曜日)、高松市のサンメッセ香川において平成27年度「さぬきの夢」うどんグランプリ表彰式(主催:香川県ほか)が開催されました。

    本表彰は、県内のうどん店や製造業者の商品を対象に、さぬきうどんの品質向上と県産小麦「さぬきの夢」の利用拡大を図ることを目的に実施しているものです。当日は、加藤支局長から農林水産大臣賞、食料産業局長賞及び中国四国農政局長賞の授与を行いました。

    この式典は「全国年明けうどん大会2015inさぬき」のイベント会場(121213日)で行われ、全国25の「ご当地うどん」ブースが並び、さぬきうどん手打教室やスタンプラリー等も行われ多くの人で賑わいました。(その模様は、香川支局HPフォトレポートでも紹介しています。)

    http://www.maff.go.jp/chushi/nousei/kagawa/index.html

     

    ★ 「おむすびの日」パネル展の開催~「おむすびの日」作ろう食べよう大作戦~

    香川支局では、「おむすびの日」をきっかけとして、食べることの大切さや主食であるお米の重要性を伝えるパネル展を開催します。

    当日は、香川県産「おいでまい」を使ったおむすびの試食(先着500名、JA香川県提供)もあります。

    日時:平成28117日(日曜日) 900分~1700

    場所:ファーマーズマーケット讃さん広場(丸亀市飯山町西坂元655-1

    (詳しくはこちら)
    ・ごはんを食べよう国民運動推進協議会
    http://www.gohan.gr.jp/special/

    JA香川県
    http://kw-ja.or.jp/?page_id=2023

     

    3【農政ミニ知識】

    ★ 「おむすびの日とは」

    1月17日は、平成7年に阪神・淡路大震災が発生した日です。食べ物がない中、ボランティアによるおむすびの炊き出し等で多くの被災者が救われました。この大震災での体験をきっかけに「ごはんを食べよう国民運動」がはじまりました。

    平成12年、いつまでも食料とりわけ米の重要性、ボランティアの善意を忘れないために、ごはんを食べよう国民運動推進協議会(事務局:兵庫県)が1月17日を「おむすびの日」(日本記念日協会登録)に制定しました。

     

    4【AFFクイズ】

    ★  香川県のオリーブ収穫量は?

    香川県のオリーブは、明治41年から小豆島を中心に栽培が始まり、平成20年には植栽100周年を迎えました。

    近年は、健康ブームやイタリア料理の普及により、オリーブオイルの需要が増加しています。平成25年の県内栽培面積は170ヘクタールですが、収穫量は何トンでしょう?

     (ア)154トン   (イ)254トン    (ウ)354トン

     (解答は次号)
     

    5【コラム】

    ★ 私のおすすめ!-No1(緑提灯)

    世の辛党諸兄におすすめ情報をひとつ。

    飲み屋の目印と言えば赤提灯ですが、「緑提灯」を御存知でしょうか。国産や地場産の食材を積極的に使っている飲食店等において、星(★)印を並べた緑色の提灯を店頭に掲げるお店が増えています。

    現在、我が国の食料自給率は39%ですが、国産や地場産の食材をカロリーベースで50%以上使っていれば星一つ、60%以上なら二つという風に提灯の星印が増えていく仕組み。(星の数は店主さんの自主申告によります。)

    現在、香川県内で「緑提灯」を掲げている店舗は19店を数えます。

    http://midori-chouchin.jp/green_lantern.html

    私も数軒、訪問させて頂きましたが、文字通りの「地場産品応援の店」ばかりでした。熱燗の美味しい季節、夕暮れからの地産地消、食料自給率向上に参画しませんか。

    (支局長代理 田鎖)

     

     ◆香川県拠点ホームページURL(ぴっぴ通信バックナンバー掲載)
      http://www.maff.go.jp/chushi/nousei/kagawa/index.html

     ◆Facebookページ農水省・農業経営者net
      https://www.facebook.com/nogyokeiei

     ◆農業競争力強化プログラム
      http://www.maff.go.jp/j/kanbo/nougyo_kyousou_ryoku/index.html

     ◆収入保険制度
      http://www.maff.go.jp/j/keiei/nogyohoken/syu_kyosai.html

     ◆香川県拠点お問い合わせ窓口
      https://www.contactus.maff.go.jp/j/chushi/form/161205_3.html

     ◆配信停止等の手続き
       登録情報の変更、配信を解除されたい方は、メールにより連絡をお願いします。
       (「配信解除」等と入力のうえ、送信してください。)
       E-mail:kagawa_merumaga(アットマーク)maff.go.jp
       注)迷惑メール対策のため「@」を「(アットマーク)」と表記しています。送信の際には「@」に変更して下さい。

     ◆発信者
       〒760-0019  高松市サンポート3番33号
       中国四国農政局  香川県拠点地方参事官室
       TEL:087-883-6500(地方参事官ホットライン)
       FAX:087-883-6504
       E-mail:kagawa_merumaga(アットマーク)maff.go.jp
       注)迷惑メール対策のため「@」を「(アットマーク)」と表記しています。送信の際には「@」に変更して下さい。

    お問合せ先

    香川県拠点 地方参事官室
    電話:087-883-6500
    FAX:087-883-6504

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader