このページの本文へ移動

中国四国農政局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    香川ぴっぴ通信 第16号 2016(平成26)年8月16日 中国四国農政局香川県拠点

    もくじ

    1【今週のひとこと】

    ★ 農産物輸出入業務の今昔

    主任農政推進官 宮﨑主税

    今から20年ほど前、食糧事務所で貿易業務を担当していた当時、坂出港には今より多くの船が入港していました。外国産麦の輸入量は年間20万トンを超え、サイロで保管し製粉業者や精麦業者等に売り渡していました。またアメリカや中国、ベトナム、タイ等から数万トンのミニマムアクセス米を輸入し、県内の倉庫業者で保管していました。さらにアジア、アフリカ諸国向けの食糧援助で数万トンの米を輸出するなど、港にはとても活気がありました。

    最近の状況は、国内需要の減少により外国産麦の輸入は減少したものの、坂出港には年間10数万トンが輸入されています。またミニマムアクセス米も坂出港と高松港で輸入しており、今でも主要食糧の重要な輸入港としての役割を果たしています。

    しかし、昔の状況を知っている者としては、港に活気を取り戻したいとの強い思いがあります。人口減少や高齢化により国内市場が縮小する中で、農林水産物の輸入を増やすことが出来るのかと考えると、輸入ではなく輸出によって港の活気が取り戻せるのではないか、と思うようになりました。

    政府は本年5月に「農林水産業の輸出力強化戦略」をとりまとめ、東京オリンピック・パラリンピックが開かれる平成32年の輸出額1兆円目標を可能な限り早期に達成することを目指しています。坂出港と高松港には大型船舶が係留できるバースがあり、また沿岸には検疫倉庫、サイロがあります。四国の農林水産物・食品の輸出基地として飛躍する余地は大いにある、と確信しています。

     

    2【お知らせ】

    ★ 「フード・アクション・ニッポンアワード2016」の募集について

    農林水産省は、地域の農林水産物や食文化を活かした魅力的な産品を発掘する「フード・アクション・ニッポンアワード2016」を開催します。このコンテストは全国への流通販路を持つ大手百貨店、流通、外食事業者等が審査委員となり「世界に通用する」地域の産品を選定し、作り手の想いとともに消費者に届けるものです。

    書類選考、最終審査を経て選ばれた産品は、各社の販路を通じた販売拡大が期待できます。どうぞ奮ってご応募ください。

     ・応募対象

    応募主体:農林水産物の生産者、食品製造業者、加工事業者等

    対象産品:国産農林水産物の消費拡大に寄与する農林水産物及び加工食品

     ・募集期限

    平成28年8月31日(水曜日)まで

    (詳しくはこちら)
    http://syokuryo.jp/award/

     

    ★ 「牛乳が好き。」MILK・JAPAN中国四国フォトコンテスト2016作品の募集について

    中国四国農政局は、牛乳に関するフォトコンテストを実施しており、次のとおり作品を募集しています。

     ・募集テーマ

    ア「牛乳・乳製品の部」牛乳を飲んでいる(又は乳製品を食べている)写真

    イ「乳牛とのふれあいの部」乳牛・酪農とふれあう写真

     ・応募対象者

    中国四国地域在住の方

     ・応募規定

    ア応募者本人が撮影した未発表作品に限る

    イ応募点数は各部につき、それぞれ2枚までとする

    ウ人物が被写体となっている場合、被写体の了解を得たものに限る

    エ商品を特定できるものは審査対象外とする

     ・募集期限

    平成28年9月30日(金曜日)まで

    (詳しくはこちら)
    http://www.maff.go.jp/chushi/press/se_chikusan/160627.html

     

    ★ 経営所得安定対策交付金(ゲタ、ナラシ対策)には「農産物検査の受検」が必要です

    経営所得安定対策交付金(ゲタ、ナラシ対策)の交付を受けるには、対象作物ごとの出荷・販売状況が分かる書類(当年産の出荷・販売伝票の写し等)及び農産物検査の結果が分かる書類の提出が必要です。

    交付対象となるものは、米は3等以上、麦は種子を除く2等以上、大豆は種子・黒大豆を除く合格以上、そばは2等以上となっています。

    なお、交付申請時に必要となりますので、書類は大切に保管するようお願いします。

    (詳しくはこちら)
    http://www.maff.go.jp/j/kobetu_ninaite/keiei/pamph.html

     

    (経営所得安定対策に関するお問い合わせは)

    経営所得安定対策チーム
    TEL 087-831-8185

    フリーダイヤル : サアー ミナハイロー
    0120-38-3786

    受付時間平日9:00~17:00


    ★ 平成27年度の経営所得安定対策等の支払実績の公表について

    農林水産省は、平成27年度に実施した経営所得安定対策等の全国の支払実績(平成28年4月末時点)を公表しました。

    香川県における支払金額は28.5億円で、平成26年度と比べると2.9億円増加しました。内訳は畑作物の直接支払交付金7.3億円、水田活用の直接支払交付金13.6億円、米の直接支払交付金7.6億円となっています。

    支払件数は畑作物の直接支払交付金352件、水田活用の直接支払交付金約5,400件、米の直接支払交付金約18,900件です。

    なお、平成27年産収入減少影響緩和交付金(ナラシ対策)の支払い件数及び補てん総額については、平成28年9月下旬を目処に公表される予定です。

    (詳しくはこちら)
    http://www.maff.go.jp/j/press/seisaku_tokatu/antei/160719.html

     

    ★ 平成27年度食料自給率等について

    農林水産省は、平成27年度食料自給率及び食料自給力指標を公表しました。カロリーベース食料自給率は、魚介類の国内生産及び自給率の高い米の消費が減少する一方、小麦及びてん菜の国内生産が増加したことから、前年度と同じ39%となりました。生産額ベース食料自給率は、野菜及び畜産物の国内生産額が増加したことから、前年度から2ポイント上昇し66%となりました。

    食料自給力指標は、全体として昨年度から微減となっています。昨年と同様に、米小麦大豆中心型(パターンAB)では、推定エネルギー必要量(2,146キロカロリー)を下回るものの、いも類中心型(パターンCD)では、推定エネルギー必要量を上回っています。

    (詳しくはこちら)
    http://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/anpo/160802.html

     

    3【農政ミニ知識】

    ★ 10アール当たり平年収量について

    水稲の栽培を開始する以前に、その年の気象の推移や被害の発生状況などを平年並みとみなし、最近の栽培技術の進歩の度合いや作付変動等を考慮し、実収量のすう勢をもとに作成したその年に予想される10アール当たりの収量です。

    ★ 作況指数について

    作柄の良否を表す指標で、10アール当たり平年収量に対するその年の(予想)収量の比率です。作況指数106以上を「良」、102~105を「やや良」、99~101を「平年並み」、95~98を「やや不良」、94以下を「不良」とします。 

     

    4【AFFクイズ】

    ★  キウイフルーツの品種のこたえ

    正解は  (イ)さぬきエンジェルスイートでした。

    果肉の色は全体的に鮮やかな黄緑色ですが、種子の回りだけ「天使の輪」のように赤くなります。エンジェルスイートの名のとおり、出会った人すべてに甘い時間を届けるキウイフルーツです。

    ★  Q  小原紅早生が誕生した場所は?
    さぬき讃フルーツの「小原紅早生(おばらべにわせ)」は「宮川早生」の枝変わりから生まれた奇跡の品種です。昭和48年にあるみかん園で発見されましたが、それはどこでしょう。

     (ア)高松市    (イ)坂出市    (ウ)観音寺市

     (解答は次号)
     

    5【コラム】

    ★ おむすびの思い出

    我が家には忘れられない「おむすびの思い出」があります。

    それは、高松市にある公渕森林公園でのことです、時間調整に立ち寄ったつもりが、ちびっこ広場で思いきり遊んでしまい、目的地に向かうには時間の余裕がなくなってしまいました。あせる私は、3人の子供をなだめながらやっとの思いで駐車場に戻り、案の定「お腹がすいた!」と叫ぶ子供達に、持参したおむすびを手渡しました。

    そして「さあ、食べよう!」としたその時、次男の手からおむすびがぽろり。おむすびは高台の駐車場の斜面をコロコロと転がって行きました。下には一般道があり、慌てておむすびを追いかける子供達、幸運な事に車も通らず、またラップをしていたおかげで無傷のままのおむすびを抱えて子供達は戻ってきました。私の口から出た言葉は、「本当におむすびころりんやなあ。」

    その後、笑いながらおむすびを食べ、目的地に向かいました。今ではあのおむすびは、私達親子にとってあの昔話に出てくる「小さいつづら」(宝物のような楽しい思い出)となりました。めでたし、めでたし。

    (主任農政業務管理官 柏谷)

     

     ◆香川県拠点ホームページURL(ぴっぴ通信バックナンバー掲載)
      http://www.maff.go.jp/chushi/nousei/kagawa/index.html

     ◆Facebookページ農水省・農業経営者net
      https://www.facebook.com/nogyokeiei

     ◆農業競争力強化プログラム
      http://www.maff.go.jp/j/kanbo/nougyo_kyousou_ryoku/index.html

     ◆収入保険制度
      http://www.maff.go.jp/j/keiei/nogyohoken/syu_kyosai.html

     ◆香川県拠点お問い合わせ窓口
      https://www.contactus.maff.go.jp/j/chushi/form/161205_3.html

     ◆配信停止等の手続き
       登録情報の変更、配信を解除されたい方は、メールにより連絡をお願いします。
       (「配信解除」等と入力のうえ、送信してください。)
       E-mail:kagawa_merumaga(アットマーク)maff.go.jp
       注)迷惑メール対策のため「@」を「(アットマーク)」と表記しています。送信の際には「@」に変更して下さい。

     ◆発信者
       〒760-0019  高松市サンポート3番33号
       中国四国農政局  香川県拠点地方参事官室
       TEL:087-883-6500(地方参事官ホットライン)
       FAX:087-883-6504
       E-mail:kagawa_merumaga(アットマーク)maff.go.jp
       注)迷惑メール対策のため「@」を「(アットマーク)」と表記しています。送信の際には「@」に変更して下さい。

    お問合せ先

    香川県拠点 地方参事官室
    電話:087-883-6500
    FAX:087-883-6504

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader