このページの本文へ移動

中国四国農政局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    香川ぴっぴ通信 第22号 2016(平成28)年11月16日 中国四国農政局香川県拠点

    もくじ

    1【今週のひとこと】

    ★ ジビエ利活用で元気な地域づくり

    総括農政推進官 松尾 正美

    近年、鳥獣被害の増加とともに、捕獲したイノシシ、シカなどを「ジビエ」として利活用する取組が広がっています。島根県美郷町では、捕獲したイノシシを食肉に加工し地域ブランドとして売り出すとともに、皮もペンケースや名刺入れ等に製品化しています。

    イノシシやシカの肉を食肉として利用するためには、捕獲後できるだけ速やかに処理施設に搬入し、適切な解体処理を行う必要があります。NPO法人「日本ジビエ振興協議会」では、自動車メーカーと連携して車内で衛生的に1次処理(内蔵摘出~剥皮~解体)ができる移動式解体処理車を開発し、今年度から長野県等で実証実験を行っています。

    香川県内では、捕獲したイノシシやシカのほとんどは埋却・焼却処分が行われており、猟師さんや市町担当者等の負担も大きいと聞いています。現時点では、この試作車を当省の鳥獣被害防止総合対策交付金の対象とするかは検討中ですが、処理加工施設の代替機能や捕獲現場に近接できる機動力を有することから、1日も早い商品化が期待されます。

    (詳しくはこちら)
    日本ジビエ振興協議会「移動式解体処理車」のHP
    http://www.gibier.or.jp/gibiercar/

     

    2【お知らせ】

    ★ 平成27年産収入減少影響緩和対策(ナラシ対策)の支払実績について

    平成27年産の収入減少影響緩和対策(ナラシ対策)は、米価は前年より上昇したものの標準的収入額を下回ったことから、全国の支払件数は93,891件、補てん総額は332億円となりました。香川県の支払件数は540件、補てん総額は3.2億円でした。

    (詳しくはこちら)
    http://www.maff.go.jp/j/press/seisaku_tokatu/antei/161101_35.html

     

    ★ 平成28年度の経営所得安定対策等の加入申請状況について

    香川県における収入減少影響緩和交付金(ナラシ対策)の申請件数は665件で、前年度と比べて個人による申請が増えたことから46件増加しました。一方、申請面積は4,992haで前年度と比べて1,562ha減少しています。

    畑作物の直接支払交付金(ゲタ対策)の申請件数は432件で、前年度と比べて73件増加した一方、作付計画面積は2,460haで184ha減少しています。

    水田活用の直接支払交付金の申請件数は5,785件で、飼料用米の作付けが減少したため前年度と比べて211件減少、戦略作物の作付計画面積の合計は3,175haで58ha減少しています。

    米の直接支払交付金の申請件数は20,308件で、前年度と比べて1,131件増加した一方、作付計画面積は11,681haで405ha減少しています。

    (詳しくはこちら)
    http://www.maff.go.jp/j/press/seisaku_tokatu/antei/161101.html

     

    ★ 平成28年産米の契約・販売状況、民間在庫の推移等について

    米政策の見直しにおいては、生産者や集荷業者・団体の主体的な経営判断や販売戦略に基づき、需要に応じた米生産ができるよう環境整備を進めることが重要です。その一環として、平成26年3月から米の流通に係るよりきめ細かい需給・価格情報、販売進捗・在庫情報等の提供を行っています。

    今回、平成28年9月の契約・販売状況、民間在庫の推移等の状況について、米の出荷・販売業者、団体等から報告のあった内容を取りまとめました。

    〇契約・販売状況

    平成28年9月末現在の全国の集荷数量は91万トン、契約数量は140万トン、販売数量は12万トンとなっています。

    〇民間在庫の推移

    平成28年9月末現在の全国段階の民間在庫は、出荷・販売段階の計で176万トンとなっています。

    〇事前契約数量

    全国の事前契約数量は124万トンとなっています。

    (詳しくはこちら)
    http://www.maff.go.jp/j/press/seisaku_tokatu/kikaku/161028.html


    ★ 満濃池が「世界かんがい施設遺産」に登録されました

    国際かんがい排水委員会(ICID)は、農業用水の確保に不可欠なかんがい施設の適切な保全等に資するため、2014年に「世界かんがい施設遺産」制度を創設しました。11月8日にタイ王国チェンマイで開催されたICID第67回国際執行理事会において、満濃池が世界かんがい施設遺産に登録されました。これは、中国四国地域において初の登録となります。

    (詳しくはこちら)
    http://www.maff.go.jp/j/press/nousin/kaigai/161108.html

     

    ★ 日本の農林水産物・食品の輸出促進に関するイベント情報を掲載した「国・地域別イベントカレンダー」をリニューアルしました

     

    農林水産省は、独立行政法人日本貿易振興機構(JETRO)とともに、国内外で開催する日本の農林水産物・食品の輸出促進に関するイベントを「国・地域別イベントカレンダー」として公表しています。このたび、イベント情報をより利用しやすいように掲載ホームページのリニューアルを行いました。

    今回、本カレンダーに掲載している情報をより利用しやすくするため、「国・地域」、「品目」などの条件でイベント情報の絞り込みができるように検索機能を追加したほか、絞り込んだ条件毎にイベント情報一覧を表示できるようにしました。また、更に幅広い情報を掲載するため、民間事業者からのイベント情報の受付を開始します。

    (詳しくはこちら)
    http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/kaigai/161031.html

    「国・地域別イベントカレンダー」(JETROホームページ)
    https://www.jetro.go.jp/agriportal/eventcalendar

     

    ★ 有機農業推進フォーラムの開催について

    平成26年4月、有機農業の推進に関する法律に基づき新たな「有機農業の推進に関する基本的な方針」が策定されました。基本方針では、おおむね平成30年度までに有機農業の取組面積を倍増させること、地域の気象や土壌特性を踏まえ、地域ごとに導入が可能な技術の体系化を進めること等を定めています。

    今般、中国四国地域環境保全型農業・有機農業推進連絡会議では、地域に適合した有機農業を推進するため、基調講演、パネルディスカッションなど有機農業推進フォーラムを開催します。参加申込期限は11月30日となっています。

    ・日時:平成28年12月7日(水曜日)13:30~17:00

    ・場所:岡山第2合同庁舎2F共用会議室

    ・住所:岡山市北区下石井1丁目4番1号

    (詳しくはこちら)
    http://www.maff.go.jp/chushi/press/se_kankyo/161107.html

     

    3【農政ミニ知識】

    ★ 水田フル活用と経営所得安定対策の着実な実施について

    今回は、平成29年度予算概算要求の重点事項である水田フル活用と経営所得安定対策の着実な実施について紹介します。

    食料自給率・自給力の向上を図るため、飼料用米、麦、大豆など、戦略作物の本作化を進めるとともに、地域の特色のある魅力的な産品の産地づくりに向けた取組を支援することにより、水田のフル活用を図ります。

    政策目標として平成37年度には飼料用米110万トン、米粉用米の生産拡大、担い手の飼料用米の生産コストを5割程度削減、麦28.1万ha、大豆15万haへ作付面積を拡大、飼料自給率の向上を目指します。

    また経営所得安定対策として、畑作物の直接支払交付金(ゲタ対策)及び米・畑作物の収入影響緩和対策(ナラシ対策)について、担い手(認定農業者、集落営農、認定新規就農者)を対象とし、幅広い担い手が参加できるよう規模要件を課さずに実施し、米・麦・大豆等の土地利用型農業の経営体の経営の安定を目指します。

    (詳しくはこちら)
    http://www.maff.go.jp/j/budget/2017/attach/pdf/index-44.pdf

    http://www.maff.go.jp/j/budget/2017/attach/pdf/index-49.pdf

     

    4【AFFクイズ】

    ★  セトダイの地元での呼び名のこたえ

    正解は  (ウ)ビングシでした。

    地元では日本髪の女性の鬢(ビン)にさす櫛(クシ)に似ているため「ビングシ」と呼ばれています。白身魚の美味しさがぎゅっと詰まっていて、特に煮付けなどで食べるととても美味しい魚です。

    ★  Q  アナゴの中でも特に太くて大きいアナゴの呼び名は?
    瀬戸内海のアナゴは全国的にも有名ですが、香川県ではアナゴの中でも特に太くて大きいものを何と呼んでいるでしょうか?

     (ア)べーすけ    (イ)ちょーすけ    (ウ)ぐーすけ

     (解答は次号)
     

    5【コラム】

    ★ 11月22日(いい夫婦の日)に寄せて(特別寄稿)

    旅行と言えば、お洒落してヒール履いて、バス、列車、飛行機、ホテルのチェックイン・アウトなどの時間に追われてしまいます。ところがキャンカー(キャンピングカー)の旅というのは、なんとも気楽なものです。普段着で気が向いた時に予定を立てずに出発、走りながらステキな風景を見つけてはオープンカフェを設置、夜は山の上から街の夜景や満天の星を見ながら晩酌!遠くに漁り火、波の音を子守歌にイビキの大合唱。朝もやの中、鳥のさえずりに耳をかたむけ、朝の光の中でモーニング。

    近年、日本という国は何処へ行ってもコンビニ、温泉、道の駅があり、なんと平和で便利かな。あとはキャンカーがあれば、飲食住には困りません。

    人混みの観光地より大自然のアウトドア、解放された時間、至福の時です。瀬戸内の島に夜船で来るウイングボディトラックのスーパーマーケットの光景、水島コンビナート群の夜景、北の大地、南の島エトセトラ。私にはもっともっと行きたいところがあるのです。

    さあ!高松に単身赴任中の夫が再来年無事定年退職した暁には、朝風呂入りに北海道に出発だ!

    (職員Kの妻)

     

     ◆香川県拠点ホームページURL(ぴっぴ通信バックナンバー掲載)
      http://www.maff.go.jp/chushi/nousei/kagawa/index.html

     ◆Facebookページ農水省・農業経営者net
      https://www.facebook.com/nogyokeiei

     ◆農業競争力強化プログラム
      http://www.maff.go.jp/j/kanbo/nougyo_kyousou_ryoku/index.html

     ◆収入保険制度
      http://www.maff.go.jp/j/keiei/nogyohoken/syu_kyosai.html

     ◆香川県拠点お問い合わせ窓口
      https://www.contactus.maff.go.jp/j/chushi/form/161205_3.html

     ◆配信停止等の手続き
       登録情報の変更、配信を解除されたい方は、メールにより連絡をお願いします。
       (「配信解除」等と入力のうえ、送信してください。)
       E-mail:kagawa_merumaga(アットマーク)maff.go.jp
       注)迷惑メール対策のため「@」を「(アットマーク)」と表記しています。送信の際には「@」に変更して下さい。

     ◆発信者
       〒760-0019  高松市サンポート3番33号
       中国四国農政局  香川県拠点地方参事官室
       TEL:087-883-6500(地方参事官ホットライン)
       FAX:087-883-6504
       E-mail:kagawa_merumaga(アットマーク)maff.go.jp
       注)迷惑メール対策のため「@」を「(アットマーク)」と表記しています。送信の際には「@」に変更して下さい。

    お問合せ先

    香川県拠点 地方参事官室
    電話:087-883-6500
    FAX:087-883-6504

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader