このページの本文へ移動

中国四国農政局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    香川ぴっぴ通信 第81号 2019(令和元)年5月7日 中国四国農政局香川県拠点

    もくじ

    ~日本の農業、もっと強く。~
    「農業競争力強化プログラム」は、農業者が自由に経営展開できる環境を整備するとともに、農業者の努力では解決できない構造的な問題を解決するために策定されたものです。農林水産省HPで説明動画を公開しています。ぜひご覧ください。

    http://www.maff.go.jp/j/kanbo/nougyo_kyousou_ryoku/index.html

    1【今週のひとこと】

    ★ 市町村別農業産出額(推計)について
                                                                                                                    総括統計専門官  仙波正弘

    農林水産省は、平成31319日に平成29年市町村別農業産出額(推計)を公表いたしました。本調査は、市町村ごとの農業生産の実態を金額(産出額)で評価することにより明らかにし、農政の企画やその実行のフォローアップに資する資料を提供することを目的として、都道府県別に推計した都道府県別農業産出額を農林業センサス及び作物統計を用いて市町村別に按分し、市町村別農業産出額(推計)を作成したものです。

    香川県内では、1位が三豊市で179億円、次いで観音寺市が156.4億円、高松市が100.2億円、綾川町が62.6億円、さぬき市が56.2億円の順となっています。

    なお、鶏卵部門では、三豊市が全国で9位となっています。

    農林統計について、ご質問やご不明な点がございましたら、香川県拠点統計チ―ムまでお気軽にお問い合わせください。

    【お問合せ先】TEL087-883-6501(統計チーム)

     

    2【お知らせ】

    ★ 食品ロス量(平成28年度推計値)の公表について

    農林水産省は、平成28年度の食品ロスの量の推計結果を公表しました。

    本来食べられるにも関わらず捨てられた食品ロスは約643万トンと推計されました。

    (詳しくはこちら)
    http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/kankyoi/190412_40.html

     

    ★ 低コスト化・高収益化に資する農業実用化技術(園芸及び有機農業分野)の募集について

    農林水産省は、花き、茶、ばれいしょ、そば、環境保全型農業及び有機農業において、低コスト化・高収益化に資する実用化技術に関する情報を募集しています。

    担い手に選択肢として示せると判断された技術については、関連情報を農林水産省ホームページに掲載するとともに、facebooktwitterにおいても情報発信します。応募期間は、531日(木曜日)までです。

    (詳しくはこちら)
    http://www.maff.go.jp/j/press/seisan/gizyutu/190412.html

     

    ★ 平成30年産米の相対取引価格・数量について(平成31年3月)

    農林水産省は、平成30年産米の「相対取引価格・数量(平成313月)」について取りまとめました。

    平成313月の相対取引価格は、全銘柄平均価格で15,722/玄米60kg、相対取引数量は、全銘柄合計で36万トンとなっています。

    (詳しくはこちら)
    http://www.maff.go.jp/j/press/seisaku_tokatu/kikaku/190412.html


    ★ 「平成31年度 病害虫発生予報第1号」の発表について

    農林水産省は、向こう1か月の主要な病害虫の発生予察情報を発表しました。

    四国地方で平年値より発生が多いと予想されるのは、たまねぎ及びねぎのアザミウマ類です。

    (詳しくはこちら)
    http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/syokubo/190417.html

     

    ★ 農山漁村活性化に向けて【中国四国農政局管内の取組事例集】を発刊

    中国四国農政局は、農山漁村地域の活性化・所得向上の取組事例を農山漁村(むら)の宝として幅広く情報発信することにより、都市と農山漁村の交流等に資することを目的に事例集を作成・発刊しました。昨年度の各地での優れた地域活性化の事例(管内170事例余り)を掲載しております。

    (詳しくはこちら)
    http://www.maff.go.jp/chushi/press/shinko/190416.html

     

    ★ フォトレポートを更新(香川県拠点:総合化事業計画に係る認定証の授与)

    香川県拠点は、香川県綾歌郡綾川町で水稲栽培を行う稲木健造氏が、平成313月に六次産業化・地産地消法に基づく総合化事業計画の認定を受けたことから、森地方参事官から「総合化事業計画に係る認定証」を手交しました。香川県では22例目となりました。

    (詳しくはこちら)
    http://www.maff.go.jp/chushi/nousei/kagawa/photo/photo-31.html#310416

       

     3【農政ミニ知識】

    ★ 農業者年金について(その3)

    農業者年金にはこんないいことが!~保険料の国庫補助で月々の保険料負担を軽く~

    前回は、農業者年金の保険料が全額社会保険料控除になり、節税につながることをお伝えましたが、一定の要件を満たせば月額2万円の保険料のうち、保険料の国庫補助を1万円から4千円まで受けられます。農業経営者ご本人でなくても 「家族経営協定を締結している配偶者」も保険料の国庫補助を受けることができます。また、皆さんからお預かりした保険料などの年金資産は安全かつ効率的に農業者年金基金が運用しています。平成14年度の新制度発足以降、16年間の運用利回りの平均は、年率2.89%。29年度単独では、4.75%となっています。保険会社等の年金では支払う保険料の中に、運用の事務経費が含まれているのですが、農業者年金は、この事務経費を国が負担していますので、加入者の方々の負担はありません。その分皆さんの年金原資が増えることも大きなメリットです。

    次回は、これまでお伝えした農業者年金の特徴などを総括して説明します。

    (詳しくはこちら)
    https://www.nounen.go.jp/

    4【AFFクイズ】

    ★  平成29年産作物統計調査によると、全国のブロッコリー収穫量は144,600トンですが、香川県の収穫量は?のこたえ

    正解は  (1)11,100トンでした。

    香川県のブロッコリー収穫量は11,100トンで、全国4位です。1位は北海道で25,000トン、2位が埼玉県で13,100トン、3位は愛知県です。県内の主な産地は、高松市、多度津町、まんのう町、三豊市などで、出荷は10月~翌年6月、旬の時期は2~3月です。

    ★  Q  平成29年林業産出額によると、全国のぶなしめじ産出額は508.8億万円で、香川県は全国第4位ですが産出額は?

     (1)806億円    (2)29.0億円    (3)17.7億円

     (解答は次号)
     

    5【コラム】

    ★ 芸は身を助く?

    2年前の同じ時期にも同じ題名でこのコラムを書きましたが、そのときの内容は和太鼓でした。イベント等を通じて、仕事上のつながりにも活かせることができる趣味の世界、今回は尺八です。

    始めるきっかけは22年前の自身の結婚式で、仲人をお願いした当時の職場の上司が、自ら余興として演奏していただいたのが最初でした。聞けばその上司の師匠も職場の上司に当たる方で、代々伝わる芸能を私も受け継ぎ、平成28年9月に都山流師範「河野宝山」を襲名し、文化祭や観月祭など、年に数回の発表の機会があり、他の会員の方々と一緒に演奏活動を続けています。

    都山流尺八は京都に本部を構え、西日本を中心に全国展開していますが、四国は特に熱心です。そして面白いことに、香川県支部会員の大多数を占めるのが元県職員、元教職員、元JA職員と、公務員や団体職員出身の方々です。

    会員の中には、現役を退いてから農業、特に集落営農に取り組まれている方々も多く、共通の話題で盛り上がり、お互いに情報交換ができています。

    退職後も仲間が集まって色々と交流できる大切な場所として、現役のうちは頑張って参加していこうと考えています。

    (主任農政推進官  河野)

     

     ◆香川県拠点ホームページURL(ぴっぴ通信バックナンバー掲載)
      http://www.maff.go.jp/chushi/nousei/kagawa/index.html

     ◆Facebookページ農水省・農業経営者net
      https://www.facebook.com/nogyokeiei

     ◆農業競争力強化プログラム
      http://www.maff.go.jp/j/kanbo/nougyo_kyousou_ryoku/index.html

     ◆収入保険制度
      http://www.maff.go.jp/j/keiei/nogyohoken/syu_kyosai.html

     ◆香川県拠点お問い合わせ窓口
      https://www.contactus.maff.go.jp/j/chushi/form/161205_3.html

     ◆配信停止等の手続き
      登録情報の変更、配信を解除されたい方は、メールにより連絡をお願いします。
      (「配信解除」等と入力のうえ、送信してください。)
       E-mail:kagawa_merumaga(アットマーク)maff.go.jp
                   注)迷惑メール対策のため「@」を「(アットマーク)」と表記しています。送信の際には「@」に変更して下さい。

     ◆発信者  〒760-0019  高松市サンポート3番33号
                  中国四国農政局  香川県拠点地方参事官室
                  TEL:087-883-6500(地方参事官ホットライン)
                  FAX:087-883-6504
                  E-mail:kagawa_merumaga(アットマーク)maff.go.jp
                                  注)迷惑メール対策のため「@」を「(アットマーク)」と表記しています。送信の際には「@」に変更して下さい。

    お問合せ先

    香川県拠点 地方参事官室
    電話:087-883-6500
    FAX:087-883-6504

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader