ホーム > 高知県拠点 > 高知県農林水産業の概要(水産業)


ここから本文です。

こうち農政情報

高知県の花「やまもも」

高知県農林水産業の概要(水産業)

(平成23年4月1日現在)

   黒潮が前面に流れる土佐湾など、海岸線の総延長が713kmに及ぶ高知県は、「かつおの一本釣」や「かつおのたたき」などで全国に知られるように水産業が盛んです。
   水産加工品もそうだ節などは全国指折りの生産県です。
   最近では、日本最後の清流四万十川が各所で取り上げられ、内水面漁業も脚光を浴びるようになりました。

1 海面漁業・養殖業総生産額

減少傾向の海面漁業の生産額

平成21年の漁業生産額は、437億円でした。

海面漁業は、昭和59年の828億円をピークに減少傾向が続いています。これは、遠洋漁業が200海里体制など国際規制の強化、水産資源の悪化などの影響で大きく減少したためです。
海面養殖業も平成10年の226億円をピークに価格の低迷などで年々減少していましたが、ここ2年は、やや増加しています。

gyo_gaku

2 海面漁業の漁獲量

かつお類の漁獲量は全国4位

平成21年の海面漁業の漁獲量は、8万2,062トンでした。
魚種別にみると、かつお類が36%と最も多く、次いでまぐろ類、いわし類の順となっています。
かつお類の漁獲量は2万6,435トンで、全国4位、まぐろ類は2万1,194トンで、全国3位となっています。

gyo02

3 海面養殖の収獲量

ぶり類、まだい養殖が盛ん

養殖業は、宿毛市の宿毛湾や須崎市の野見湾、浦ノ内湾を中心に、ぶり類、まだい養殖などが行われています。
平成21年の収獲量は2万71トンで魚種別にみると、ぶり類は1万3,419トン、,次いでまだいが5,627トンとなっています。

gyo_yousyoku

4 内水面漁業

あゆの漁獲量がもっとも多い

四万十川、仁淀川など清流に恵まれた高知県では、内水面の漁業や養殖業が盛んに行われています。
平成21年の内水面漁業の漁獲量は328トンとなっています。
平成21年の内水面養殖業の収獲量を主な魚種別にみると、うなぎ544トン、あゆ113トンとなっています。

gyo_naisui

中国四国農政局案内

リンク集