このページの本文へ移動

中国四国農政局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    フォトレポート(高知県)平成28年度


    高知県拠点が携わった農林水産施策(会議、イベント等)や農山漁村の風景などを紹介しています。

    平成28年度
    3月1月12月10月7月6月4月

    3月

    田植え
      田植

    田植全景
      田植全景

      

     

    平成29年産米の田植え始まる

    • 撮影場所:高知県高知市
    • 撮影日:平成29年3月27日

      高知県高知市や南国市では、3月中旬から平成29年産米の田植えが始まっています。

      高知市布師田地区で作業中の農家は、「田植えの時期は平年並みです。近年は米価が低くて厳しいが、おいしい米を頑張って作っていく。」と話されました。

      県内の田植えは、3月下旬からナツヒカリ等の極早生品種に始まり、4月はコシヒカリ等の早期米、5月からはヒノヒカリ等の普通期米が植えられ、6月末までにほぼ終了します。

     

    1月

    上大田局次長の挨拶  上大田局次長の挨拶

    会場の様子
      会場の様子

    意見交換の様子
      意見交換の様子

     

     

    「一日農政局in中土佐町」を開催

    • 撮影場所:高知県高岡郡中土佐町
    • 撮影日:平成29年1月24日

      中国四国農政局は、1月24日(火曜日)、高知県高岡郡中土佐町において「農林漁業における女性の活躍と6次産業化の取り組み」をテーマに「一日農政局in中土佐町」を開催しました。

      当日は、地元で女性を中心に活躍している農事組合法人苺倶楽部、おおのみエコロジーファーマーズ、上ノ加江漁業協同組合のほか、大野見七面鳥生産組合、JA四万十、須崎農業振興センター、中土佐町、農政局(傍聴者を含めて40名)が出席しました。

      中土佐町の概要及び国の施策の紹介に続き、出席者の3団体からそれぞれの取組を紹介していただいた後、活発な意見交換が行われました。


    講義の様子
      講義の様子

    講義の様子
      講義の様子

      

     

    高知県立農業大学校で農林水産省の施策を説明

    • 撮影場所:高知県いの町
    • 撮影日:平成29年1月13日

      中国四国農政局高知県拠点は1月13日(金曜日)高知県立農業大学校(いの町)において、園芸学科と畜産学科の1、2年生53名を対象に農林水産省の施策について講義を行いました。

      同講義は、同大学校からの要請で、平成24年度から年2回講義の一コマで実施しており、今回は「県内の地産地消、施策の取り組み状況」と題して、高知県の地産地消、6次産業化について、事例を含めて紹介しました。

      学生からは「地元の直売所について、知ることができ良かった」、「人口が減少している中で売上げを確保するには、地産外商の強化が無ければ事業の継続は見込めないと思う」等の感想がありました。

     

    12月

    植え付け作業
      植え付け作業

    い草の苗
      い草の苗

      

     

    い草の植え付け中

    • 撮影場所:高知県土佐市
    • 撮影日:平成28年12月19日

      高知県土佐市では、い草の植え付けが始まっています。

      同市のい草は、昭和50年代には約300ヘクタール栽培していましたが、中国からの輸入増加で価格が低下したことにより栽培面積が減少し、現在は3戸の農家で4ヘクタール栽培しています。

      このうち、2ヘクタールを栽培している野村和仁さんは、10アール当たり1万7千株の苗を12月10日から12月末までに植え付ける予定です。

    植え付け後は、冬場に飛来しほ場を荒らすカモ対策をするとともに、病害虫の発生等に注意し、来年7月に収穫します。収穫したい草は、自ら畳表に加工して問屋に販売します。

      野村さんは、「全国ではい草農家が減少しているが、後継者ができたので、今後も伝統ある畳表を作っていきたい。また、畳には、香りによるリラックス効果や光を反射させて室内を明るくするなど、機能性も高いので、「和室の復活」と「和の中で過ごす良さ」をみなさんに再認識していただきたい」と話されました。

    10月

    会場の様子
      会場の様子

    坂井局長の挨拶
      坂井局長の挨拶

      

     

     高知県園芸品販売拡大推進大会の開催

    • 撮影場所:高知県高知市
    • 撮影日:平成28年10月18日

     

        平成28年10月18日、高知県と高知県園芸農業協同組合連合会は、県民体育館(高知市)において、「平成29園芸年度(注)高知県園芸品販売拡大推進大会・園芸連創立95周年記念大会」を開催しました。

        同大会は、高知県の基幹産業である園芸品の生産・販売の一層の推進を目指して開催され、生産者や取引業者、JA、行政機関から約1,000人が出席しました。

        来賓として出席した坂井農政局長は、挨拶の中で「全国のモデル拠点の1つとして、先般本格的に営農を開始した四万十町の次世代施設園芸での成果を、今後、横展開を図り、高知県の施設園芸全般の更なる生産性の向上を期待しています。農政局としても、皆さんの声を聞きながら、関係機関との連携のもと所要の事業、施策推進をして参りたい。」と述べました。

        大会では、長年にわたり県産園芸品の販売強化・園芸農業の振興に尽力頂いた方々に感謝状を贈呈するとともに、平成29園芸年度は、「販売努力目標650億円」の達成に向けて関係者で連携し、事業方針・計画を実行・推進していくことを誓いました。

    (注:平成29園芸年度は平成28年9月から平成29年8月まで)

     7月

    新米の積み込み作業
      新米の積み込み作業

    関係者によるテープカット
      関係者によるテープカット

    新米を積み込み、出発
      新米を積み込み、出発

      

     

     平成28年産早期米の進発式(初出荷)

    • 撮影場所:高知県高知市
    • 撮影日:平成28年7月27日

     

        平成28年7月27日、全国農業協同組合連合会高知県本部は、高知市五台山の同連合会本部で平成28年産早期米の進発式を開催しました。

        式典には、高知県、高知県農業技術センター、JA、米卸業者、中国四国農政局高知県拠点など関係者約30名が出席しました。

        新米が積み込まれたトラックの運転手に花束が贈呈されると、関係者によるテープカットが行われ、早期米の「南国そだち」と「ナツヒカリ」が全国に向けて出発しました。

        今年の早期米は、田植後の平均気温が平年より高かったため、活着は良好でした。登熟期間の気象条件を平年並みと仮定すると、平年並みの作柄が見込まれています。

    会場の様子
      会場の様子

    前島地方参事官による説明
      前島地方参事官による説明

      

     

     「農林水産業の輸出力強化戦略」高知県説明会を開催

    • 撮影場所:高知県高知市
    • 撮影日:平成28年7月22日

     

        平成28年7月22日、中国四国農政局高知県拠点は、高知市内において、「農林水産業の輸出力強化戦略」高知県説明会を開催しました。

        この説明会は、本年5月19日の農林水産業・地域の活力創造本部において取りまとめられた「農林水産業の輸出力強化戦略」について、高知県内での周知を図り、農林水産物及び食品の輸出拡大に向けた取り組みをさらに推進するために開催し、JA、食品事業者、関係機関の担当者等約40名が参加しました。

        出席者からは、「農業者が輸出手続きをすることは非常に困難なことと思う。農業者は高い技術で高品質な農産物の生産に専念し、輸出業者等がこういう形でやれませんかと提案してもらえるような形を構築してもらいたい。」など、貴重な意見が出されました。

    稲刈り
      稲刈り

    稲刈り
      稲刈り 

    収穫した生もみの搬出
      収穫した生もみの搬出 

      

     早期米の収穫が始まる

    • 撮影場所:高知県高知市
    • 撮影日:平成28年7月14日

     

        早場米産地として知られる高知市周辺で28年産米の収穫が始まりました。

        収穫しているのは、極早生米の「南国そだち」で7月末まで行われます。収穫作業中の生産者によると、「今年は大きな被害もなく生育は早いが、曇天の日が多く、収量は平年並みか少なくなりそう」とのことでした。

        高知県内は、これから8月にかけて本格的な収穫時期を迎え、極早生米の「南国そだち」から「ナツヒカリ」、早期米「コシヒカリ」、普通期米「ヒノヒカリ」へと収穫が続きます。

     

     

     

     

     6月

    オクラの収穫作業
      オクラの収穫

    オクラの花
      オクラの花

      

     

     オクラの収穫

    • 撮影場所:高知県香美市
    • 撮影日:平成28年6月21日

     

        香美市では、露地栽培のオクラの収穫が始まっています。

        生産者の話では、「今年は天候に恵まれ、収穫は、去年より1週間ほど早い」とのことです。

    南国そだちの出穂
      南国そだちの出穂

    南国そだちのほ場
      南国そだちのほ場 

      

     水稲の出穂が始まる

    • 撮影場所:高知県南国市
    • 撮影日:平成28年6月21日

     

        水稲の栽培が盛んな南国市では、出穂した田が多く見られるようになりました。極早生品種の「南国そだち」の出穂が始まっており、「ナツヒカリ」、「コシヒカリ」も一部で出穂しています。

        順調に生育すると、7月中旬から収穫が始まります。

     

     4月

    新高なしの花
      新高なしの花

    受粉作業
      受粉作業

    受粉作業
      受粉作業

      

     

      新高なしの受粉作業

    • 撮影場所:高知県高知市
    • 撮影日:平成28年4月8日

     

        県内有数の新高なしの産地である、高知市針木地区では、開花とともに受粉作業が行われています。

        受粉作業中の農家は「今年は開花が遅かったため、受粉作業は、去年より2日遅れの4月1日から始まり、今は大忙しです。」と話されました。

        この日も、晴天の中、10人ほどで受粉作業を行っていました。

        毎年、台風の被害が心配されますが、秋には大きく実った新高なしが収穫されます。

    南国市の田植
      南国市の田植

    南国市の田植
      南国市の田植  

     平成28年産米の田植始まる

    • 撮影場所:高知県南国市
    • 撮影日:平成28年4月5日

     

        高知県高知市や南国市では、3月下旬から平成28年産米の田植が始まりました。

    南国市前浜地区で作業中の農家は「田植えの時期は平年と変わりないです。」と話されました。

        県内の田植は、3月下旬からナツヒカリ等の極早生品種に始まり、4月はコシヒカリ等の早期米、5月からはヒノヒカリ等の普通期米が植えられ、ほぼ6月末までに終了します。

    お問合せ先

    高知県拠点
    電話:088-875-7236
    Fax:088-872-7531