このページの本文へ移動

中国四国農政局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    フォトレポート(島根県)令和元年度

    県域拠点が携わった農林水産施策(会議、イベント等)や農山漁村の風景などを紹介しています。

    11月

    島根県法人協会会員が管理する桑畑現地視察

    • 撮影場所:島根県江津市
    • 撮影日:令和元年11月13日

    桑畑の説明を受ける大浦局長
      桑畑の説明を受ける大浦農政局長(右)

    江の川河川敷の桑畑  江の川河川敷の桑畑

      令和元年11月13日、島根県法人協会との意見交換のため来県された大浦局長、佐藤担い手育成課長による、島根法人協会会員「農業生産法人 有限会社 桜江町桑茶生産組合」が管理する江の川河川敷の桑畑及びISO22000認証を受けた桑茶等を加工する施設の視察が行われました。

      農業生産法人 有限会社 桜江町桑茶生産組合は、江の川河川敷などを活用し、桑の栽培を開始。6次産業化にも取り組み、桑茶のほか桑青汁、桑茶飴などの商品を開発しています。

      現地視察では、古野代表取締役より「河川敷は水害被害を受けやすいリスクはあるが、桑栽培には比較的適した農地である。」との説明を受けました。また、桑栽培を核とした生産・加工・販売事業をより一層推進する中で、地域の活性化を図りたいとの意見がありました。

     

    島根大学での島根県及び農林水産省出先機関が連携しての農業施策説明

    • 撮影場所:島根県松江市
    • 撮影日:令和元年11月11日

    島根県食の安全推進室高田室長
      島根県 食の安全推進室 高田室長

    施策説明の様子 施策説明の様子

      令和元年11月11日、11月13日に中国四国農政局 島根県拠点は、宍道湖西岸農地整備事業所、林野庁 近畿中国森林管理局 島根森林管理署及び島根県農林水産部(農業経営課、農産園芸課)と連携し、次世代を担う大学生約120人に対して、食料・農業・農村に係る政策等について関心と理解を深めてもらうことを目的に国立大学法人島根大学で農業施策説明を行いました。

      説明を受けた学生からは、「ICTや新規就農者に興味があるので、話が聞けてよかった」、「日本の農業・林業の現状を知ることが出来た。特に、農業の話で米に代わって、別の方法で収益をとることに関してとても興味が出た」などの感想が寄せられました。

     

    10月

    スマート農業実証事業の現地視察

    • 撮影場所:島根県出雲市
    • 撮影日:令和元年10月31日

    自動走行トラクターに乗車する志知農政局次長
      自動走行トラクターに乗車する志知農政局次長

    実証事業の説明の様子 実証事業の説明の様子

      令和元年度から、全国でスマート農業実証事業が実施されていますが、島根県では、出雲市で「担い手農地集積率80%からの挑戦」と題し実施されています。

      令和元年10月31日、中国四国農政局の志知次長、福嶋生産部長、古澤生産技術環境課長によるスマート農業実証事業地の視察が行われました。

      現地視察では、実証圃場において自動走行トラクターの走行実演に際し、志知次長、福嶋生産部長が体験乗車し、その後、実証代表であるJAしまね斐川地区本部から実証事業の内容についての説明が行われました。

    9月

    国営事業所と合同での島根県立松江農林高校への施策説明

    • 撮影場所:島根県松江市
    • 撮影日:令和元年9月4日

    井所長から事業所の紹介
      井所長から事業所の紹介

    教室の様子 教室の様子

      令和元年9月4日(水曜日)、島根県立松江農林高校において3年生36名に中国四国農政局島根県拠点から「日本の農林水産業の未来に向けて」と題して施策説明を行いました。また、今回から、昨年、出雲市に開所した中国四国農政局宍道湖西岸農地整備事業所との連携の一環として、同事業所の井所長から事業所の紹介及び宍道湖西岸地区での国営事業の説明を行いました。

      生徒から、「もっと、島根の農業に目を向けいろんな人が関わって行くべきだと思う」、「島根の農業対策が理解できた」、「今後の課題などがよく分かった。将来に生かしたいと思った」と意見や感想等がありました。

    6月

    「しまね農業女子」誕生しました!

    • 撮影場所:島根県大田市
    • 撮影日:令和元年6月25日

    しまね農業女子集合写真
      しまね農業女子  誕生!

    ランチミーティングの様子 意見交換の様子

      「しまね農業女子」は、令和元年6月25日(火曜日)、山の駅さんべ(島根県大田市)において設立総会を12名のメンバー中、6名が参加して開催し、中国四国農政局島根県拠点が事務局となって活動がスタートしました。

      当日は、「しまね農業女子」規約、統一ロゴマーク等について話し合いや、山の駅さんべ限定ランチ「おかあさん定食」をいただきながらランチミーティングを行い、午後からは「しまね農業女子」の今後の活動、目指す未来像などについてグループワーク形式での意見交換を行いました。

    お問合せ先

    中国四国農政局 島根県拠点
          担当者:地方参事官室
          代表:0852-24-7311
          FAX:0852-27-0641