このページの本文へ移動

中国四国農政局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    フォトレポート(徳島県)平成31年度

    徳島県拠点が携わった農林水産施策(会議、イベント等)や農山漁村の風景などを紹介しています。

    平成31年度 

    4月

    4月

    春にんじんの収穫始まる

    • 撮影場所:徳島県板野町
    • 撮影日:平成31年4月11日

    専用収穫機によるにんじんの収穫作業の様子
    専用収穫機による収穫作業の様子
    手掘りによるにんじんの収穫作業の様子
    手掘りによる収穫作業の様子

    徳島県板野郡を中心に、全国1位(春夏にんじん)のシェアを誇る春にんじんの収穫が始まり、専用の収穫機で収穫作業に追われています。

    板野町の農家では、例年どおり3月20日頃から収穫が始まりました。

    昨年は冬場の生育期間が寒かったため小ぶりでしたが、今年は暖冬のため順調に生育しているとのことです。

    県下の春夏にんじんの収穫は、早いところで3月中旬頃から始まり4月から5月にかけて最盛期を迎えます。

    徳島県にんじん振興協議会(事務局:JA全農とくしま)では「4・1・2=よいにんじん」の語呂合わせから4月12日を「徳島県にんじんの日」と定め、PRを行っています。



    日本なし満開、受粉作業が最盛期を迎える

    • 撮影場所:徳島県鳴門市
    • 撮影日:平成31年4月11日

    なしの花が開花している写真
    なしの開花
    農家の方が受粉作業をしている様子
    受粉作業の様子

    徳島県鳴門市では日本なしの花が満開で、3月末から4月初旬に気温が低かったものの、天候に恵まれ農家は受粉作業に追われています。

    徳島県北部では幸水や豊水が主流に栽培され、8月上旬から下旬にかけて京阪神市場を中心に糖度の高いなしを出荷し高い評価を受けています。



    県南部で早期米の田植えが始まる

    • 撮影場所:徳島県阿南市
    • 撮影日:平成31年4月5日

    田植え機に乗って田植えをする様子
    田植えの様子(阿南市見能林町)
    水田に稲の苗が植えられた風景
    田植えの様子(阿南市福井町)

    徳島県南部の阿南市から海部郡海陽町にかけて、早期米(ハナエチゼン、コシヒカリ)の田植えが始まりました。

    早期米は2月から3月にかけてもみまきが行われ、早いところでは3月24日から田植えが始まりました。

    もみまき以降、気温が高く苗の生育は順調に進んでいますが、3月下旬から4月初旬にかけて気温が下がったため、おおむね例年並みの植え付けとなっています。

    早期米の作付けは、3月下旬から5月上旬頃まで続き、8月上旬から8月下旬にかけて収穫期を迎えます。

    お問合せ先

    徳島県拠点
    Tel:088-622-6131
    Fax:088-626-2091

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader