このページの本文へ移動

中国四国農政局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    フォトレポート(徳島県)平成31年度・令和元年度

    徳島県拠点が携わった農林水産施策(会議、イベント等)や農山漁村の風景などを紹介しています。

    平成31年度・令和元年度 

    10月9月8月7月6月5月4月



    10月

    赤そばの花が満開、見頃を迎えている

    • 撮影場所:徳島県美馬市
    • 撮影日:令和元年10月9日

    令和元年にかたどったそば畑
    令和元年にかたどったそば畑
    赤そばの花
    赤そばの花

    徳島県西部の美馬市美馬町重清北地区で「令和元年」の文字をかたどって植えられた赤そば(高嶺ルビー)の花が満開を迎え見頃になっています。

    地元の農家グループ「百笑一起の会」が平成28年ごろから地域活性化を目的に休耕地(約15アール)を利用し栽培しています。

    今年は、播種が台風の影響や梅雨明けが遅かったことによりお盆を過ぎ遅くなりましたが、生育は順調で10月下旬から11月上旬に収穫、はぜかけにより天日乾燥、11月下旬に脱穀・製粉し、来年2月頃に同会が運営する「太陽マーケット」の食堂において、手打ちそばにして提供するそうです。

    9月

    徳島市立高等学校への出張講座

    • 撮影場所:徳島県徳島市
    • 撮影日:令和元年9月20日

    出張講座の様子
    出張講座の様子
    職員による説明の様子
    職員による説明の様子

    令和元年9月20日、徳島市立高等学校2年生22名に「我が国の食料自給率と徳島県の農林水産業の概要について」をテーマに、出張講座を行いました。

    2年生には、総合学習として、テーマごとにグループ分けしてそれぞれのテーマをグループで検討し、発表するカリキュラムを設けています。

    今回は、「食と健康」のテーマのグループを対象に、我が国の食料自給率、徳島県の農林水産業の特色及び農業産出額、6次産業化について説明を行いました。

    生徒たちは、熱心に講義を聞き、質問も多くて時間が足りないぐらいでした。また、講義後のアンケートでは「とてもわかりやすく参考になった」、「これからの学習に活かしたい」等の感想をいただきました。


    令和元年度徳島県総合防災訓練に参加

    • 撮影場所:徳島県阿南市
    • 撮影日:令和元年9月1日

    水陸両用車による救助
    水陸両用車による救助
    倒壊建物からの救助・搬送訓練
    倒壊建物からの救助・搬送訓練
    航空機による救出・救助訓練
    航空機による救出・救助訓練

    令和元年9月1日、中国四国農政局徳島県拠点は、徳島県防災会議が主唱し、徳島県ほか1市4町が主催した「令和元年度徳島県総合防災訓練」に参加しました。

    この訓練は、188機関約900人が参加し、阿南市橘町の小勝緑地を主会場に、副会場の阿南市立福井小学校と分会場7カ所を結んで行われました。

    訓練は、南海トラフ巨大地震が発生し、道路が寸断され、多数の負傷者が発生した想定で行われ、主会場である小勝緑地では、ドローンによる情報収集、道路啓開訓練、水陸両用車による救助、倒壊建物からの救助・搬送訓練、航空機による救出・救助訓練と負傷者等搬送訓練などが本番さながらに実施されました。

    8月

    令和元年度徳島県高等学校教育研究大会農業教育学会における講演

    • 撮影場所:徳島県徳島市
    • 撮影日:令和元年8月27日

    講演を行う尾﨑地方参事官
    講演を行う尾﨑地方参事官
    講演の様子
    講演の様子

    令和元年8月27日(火曜日)、徳島県徳島市の徳島県立城西高等学校で開催された「令和元年度徳島県高等学校教育研究大会農業教育学会」において、徳島県内の農業高校の教職員等約70名を対象に、尾﨑地方参事官が「農業を巡る情勢と担い手育成」をテーマに講演を行いました。

    7月

    県南部で早期米の収穫始まる

    • 撮影場所:徳島県阿南市
    • 撮影日:令和元年7月31日

    早期米稲刈り作業の様子
    早期米稲刈り作業
    WCS用稲の収穫の様子
    WCS用稲の収穫

    7月31日、徳島県南部の阿南市で早期米の収穫が始まりました。

    牟岐町では7月30日からハナエチゼンの収穫が既に始まっており、県南部から県東部の早期栽培地帯ではコシヒカリを中心に8月下旬にかけて収穫されます。

    今年は梅雨入りが昨年に比べ21日遅く6月26日ごろで、梅雨明けも16日遅く7月24日ごろになったことから、田植期以降の生育は順調でしたが、梅雨時の日照不足等により出穂の遅れがみられ、収穫の始まりが昨年より3~5日程度遅くなったとのことです。

    また、阿南市では、WCS用稲の収穫も始まっていました。



    かんしょ(なると金時)のさぐり掘り始まる

    • 撮影場所:徳島県鳴門市
    • 撮影日:令和元年7月16日

    かんしょの収穫作業の様子
    収穫作業の様子
    さぐり堀りしたかんしょ
    さぐり堀りしたかんしょ

    徳島県の北東部を中心にかんしょの収穫作業が7月初旬から始まりました。

    3月は天候に恵まれ、苗の生育が順調であったことから、挿苗作業は前年に比べ2~3日早く始まり、5月下旬にかけて挿苗されました。

    収穫作業は、手作業によるさぐり掘りが7月初旬から始まり、その後、収穫機による総堀りが11月上旬頃まで続き、貯蔵することで年間を通して出荷されます。

    高系14号を系統選抜し育種したかんしょを「なると金時」と命名し、平成19年に特許庁から地域団体商標の登録が認められました。

    栽培地域によっては独自のブランド名(里むすめ、甘姫、松茂美人等)を冠し、その価値と評価を高めています。


    「若手農業者集団GOTTSO阿波との意見交換会」を開催

    • 撮影場所:徳島県阿波市
    • 撮影日:令和元年7月10日

    意見交換会の様子
    意見交換会の様子
    圃場にて集合写真
    GOTTSO美~ナスの圃場にて

    令和元年7月10日、徳島県拠点は、阿波市観光協会会議室においてGOTTSO阿波との意見交換会を中国四国農政局企画調整室が参加のもと開催しました。

    冒頭、星川企画調整室長が挨拶を行い、その後、尾﨑地方参事官から「農福連携の推進について」の話題提供を行った後、意見交換を行いました。

    出席者からは、「福祉事業所の設立方法」、「障がい者雇用の進め方」、スマート農業等に関する質問があり、活発な意見交換となりました。

    その後、GOTTSO阿波が栽培している「GOTTSO美~ナス」の圃場を見学し、意見交換会を終えました。

    (注:GOTTSO美~Ⓡナスとは、GOTTSO阿波のメンバーが生産する「ひすいナス」)

    【関連リンク】阿波市観光協会HP

    6月

    6次産業化プランナー研修に参加して

    • 撮影場所:徳島県石井町
    • 撮影日:令和元年6月27日

    意見交換会の様子
    意見交換会の様子
    見学施設の豚肉加工場
    見学施設の豚肉加工場

    令和元年6月27日、県内6次産業化プランナー19名の他総勢29名が参加して、徳島県農林水産総合技術支援センター会議室で研修会が開催されました。

    研修会では、当県拠点からは6次産業化の推進について、徳島県からは6次産業化関連の研修及び事業計画について、地域商社「阿波ふうど」からは新作物(ザーサイ、メンマ)づくりの状況について、6次産業化プランナーからは活動状況について、それぞれ説明があり、その後意見交換を行い、総合化事業計画申請者の発掘に向けて関係者での意思疎通が図られました。

    研修会終了後は、(有)石井養豚センターの「自然派ハム工房リーベフラウ」に場所を移して、施設見学が行われました。

    当工房は、平成29年度6次産業化ネットワーク活動交付金を利用して整備された豚肉加工場で、主に、ソーセージ、ハム、ベーコンが製造されています。

    当施設の責任者である近藤保仁取締役から、工房建設の苦労話や消費者に安全・安心な豚肉加工品を提供するための工夫や注意点について説明がありました。

    当工房では、総合化事業計画商品である豚肉加工品の売上げが現在も伸びており、今後、益々の活躍が期待できる事業者でした。


     

    報道機関との意見交換会を開催

    • 撮影場所:徳島県徳島市
    • 撮影日:令和元年6月24日

    尾﨑地方参事官による説明
    尾﨑地方参事官による説明
    意見交換会の様子
    意見交換会の様子

    令和元年6月24日、中国四国農政局徳島県拠点において、報道機関との意見交換会を開催しました。

    はじめに、尾﨑地方参事官から「徳島県拠点の概要」について説明を行い、その後、農林水産省が厚生労働省と連携し推進している「農福連携」、「地域の農業を見て・知って・活かす統計DB(データベース)を活用した地域分析事例」について情報提供を行った後、意見交換を行いました。

    出席いただいた3社の報道機関からは、県内の農福連携の状況、ノウフクJAS、GAPへの取組等の質問があり、現在の状況について説明を行い、約2時間の意見交換を終了しました。


    今年も「弁当の日」を開催しました

    • 撮影場所:徳島県徳島市
    • 撮影日:令和元年6月19日

    お弁当の前で記念写真
    お弁当を前に記念写真
    旬の彩りと個性が光るお弁当
    旬の彩りと個性が光るお弁当

    中国四国農政局徳島県拠点では、毎年6月19日に職員がお弁当を持ち寄り、一緒に食べてコミュニケーションを図る「弁当の日」を開催しています。

    令和初となる「弁当の日」は、旬の彩りと作り手の個性が光るお弁当(残念ながらキャラ弁はありませんでした)、職員が栽培している果物や釣ったイカが料理されて並び楽しい「共食」となりました。

    5月

    徳島県のらっきょう、全国第5位です!(生産量)

    • 撮影場所:徳島県鳴門市
    • 撮影日:令和元年5月27日

    トラクターによるらっきょうの収穫作業の様子
    トラクターによる収穫作業
    玉らっきょうの袋詰め作業の様子
    玉らっきょうの袋詰め作業

    鳴門市の大毛島では、「玉らっきょう」と呼ばれるらっきょうの収穫が最盛期を迎えています。

    この地のらっきょうは、ミネラルに富んだ海の砂地で育てるため、歯ごたえの良いらっきょうがとれることで有名です。

    収穫は、5月中旬から始まり6月中旬頃まで行われる予定で、トラクターを使ってらっきょうを掘り出し、コンテナに積み作業場に運び、らっきょうの根を切り取り、その後、土や薄皮を洗い落とし、脱水し袋詰め作業を行います。

    取材に協力していただいた作業場では、「切り子さん」と呼ばれる作業員による根を切る作業と袋詰め作業は完全分業で行うとのことです。取材日には、300キログラムもの袋詰め作業を行うとのことでした。

    袋詰めされたらっきょうは、県内をはじめ主に関西方面に出荷されます。
     


    小松島市認定農業者への施策説明

    • 撮影場所:徳島県小松島市
    • 撮影日:令和元年5月21日

    尾﨑地方参事官による施策説明の様子
    尾﨑地方参事官による施策説明の様子
    施策説明会の様子
    施策説明会の様子

    令和元年5月21日(火曜日)、徳島県小松島市で開催された令和元年度小松島市認定農業者連絡協議会第17回通常総会後の「農業振興施策等の説明会」において、小松島市内の認定農業者等22名を対象に、徳島県拠点  尾﨑地方参事官が「新たな外国人材の受入れ制度」及び「農業保険制度」について説明を行いました。
     

    4月

    春にんじんの収穫始まる

    • 撮影場所:徳島県板野町
    • 撮影日:平成31年4月11日

    専用収穫機によるにんじんの収穫作業の様子
    専用収穫機による収穫作業の様子
    手掘りによるにんじんの収穫作業の様子
    手掘りによる収穫作業の様子

    徳島県板野郡を中心に、全国1位(春夏にんじん)のシェアを誇る春にんじんの収穫が始まり、専用の収穫機で収穫作業に追われています。

    板野町の農家では、例年どおり3月20日頃から収穫が始まりました。

    昨年は冬場の生育期間が寒かったため小ぶりでしたが、今年は暖冬のため順調に生育しているとのことです。

    県下の春夏にんじんの収穫は、早いところで3月中旬頃から始まり4月から5月にかけて最盛期を迎えます。

    徳島県にんじん振興協議会(事務局:JA全農とくしま)では「4・1・2=よいにんじん」の語呂合わせから4月12日を「徳島県にんじんの日」と定め、PRを行っています。



    日本なし満開、受粉作業が最盛期を迎える

    • 撮影場所:徳島県鳴門市
    • 撮影日:平成31年4月11日

    なしの花が開花している写真
    なしの開花
    農家の方が受粉作業をしている様子
    受粉作業の様子

    徳島県鳴門市では日本なしの花が満開で、3月末から4月初旬に気温が低かったものの、天候に恵まれ農家は受粉作業に追われています。

    徳島県北部では幸水や豊水が主流に栽培され、8月上旬から下旬にかけて京阪神市場を中心に糖度の高いなしを出荷し高い評価を受けています。



    県南部で早期米の田植えが始まる

    • 撮影場所:徳島県阿南市
    • 撮影日:平成31年4月5日

    田植え機に乗って田植えをする様子
    田植えの様子(阿南市見能林町)
    水田に稲の苗が植えられた風景
    田植えの様子(阿南市福井町)

    徳島県南部の阿南市から海部郡海陽町にかけて、早期米(ハナエチゼン、コシヒカリ)の田植えが始まりました。

    早期米は2月から3月にかけてもみまきが行われ、早いところでは3月24日から田植えが始まりました。

    もみまき以降、気温が高く苗の生育は順調に進んでいますが、3月下旬から4月初旬にかけて気温が下がったため、おおむね例年並みの植え付けとなっています。

    早期米の作付けは、3月下旬から5月上旬頃まで続き、8月上旬から8月下旬にかけて収穫期を迎えます。

    お問合せ先

    徳島県拠点
    Tel:088-622-6131
    Fax:088-626-2091

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader