このページの本文へ移動

中国四国農政局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー
    鳥取県拠点梨花バナー

    平成24年度

    鳥取県拠点が携わった農林水産施策(会議、イベント等)や農山漁村の風景などを紹介しています。

    11月10月9月

    11月 

    「平成24年度食品事業者表示適正化技術講座」を開催

    • 撮影場所:鳥取県鳥取市
    • 撮影日:平成24年11月15日

    「平成24年度食品事業者表示適正化技術講座」の様子

    講座に聞き入る食品事業者

    鳥取地域センターは11月15日、鳥取市の鳥取第1地方合同庁舎共用大会議室において、食品事業者を対象とした「平成24年度食品事業者表示適正化技術講座」を開催した。

    午前中は、加工食品の表示に重点を置いた「製造業者向け講座」、午後からは、生鮮食品の表示に重点を置いた「小売・卸売・輸入業者向け講座」を行い、県内外の事業者等64名が受講した。

    本講座は、食品表示の一層の適正化を図り、消費者に信頼される表示の普及を目指すことを目的に平成21年度から実施されており、鳥取県では2回目の開催となった。

     

    10月 

    食の安全・安心及び食料自給率向上に向けたパネル展を開催

    • 撮影場所:鳥取県鳥取市
    • 撮影日:平成24年10月15日

    展示の様子

    展示の様子

    展示パネルを熱心にみる来場者

    展示パネルを熱心にみる来場者

    鳥取地域センターは10月15日~26日の間、イオン鳥取北店(鳥取市)1階フロアにおいて、来店者に、食料自給率の向上や健康で豊かな食生活の実現、食品表示、流通経路などへの関心を深めていただくことを目的としたパネル展を開催した。

    また、併せて、「食べて応援しよう!」のラウンドシートを使用し、東日本大震災の被災地及びその周辺地域で生産・製造されている農林水産物や加工食品を積極的に消費する取組についてPRも行った。

     

    9月 

    「第2回中部発!食のみやこフェスティバル」に参加

    • 撮影場所:鳥取県倉吉市
    • 撮影日:平成24年9月1日

    「第2回中部発!食のみやこフェスティバル」に参加 
    会場の様子

    「第2回中部発!食のみやこフェスティバル」に参加-米粉を使ったケーキも登場
    米粉を使ったケーキも登場

    9月1日、2日の両日、倉吉市の大御堂廃寺跡地において「第2回中部発!食のみやこフェスティバル」が開催された。中部地区の行政や民間団体などでつくる「中部発!食のみやこフェスティバル企画運営委員会」が主催した。

    会場には県内外から61団体の店が並び、旬の野菜や農畜産物などを販売した。鳥取県米粉食品普及推進協議会は、地元で生産された野菜や魚を使った米粉料理の試食や米粉、米粉スイーツの販売を行った。

    また、初日は鳥取県立倉吉農高の生徒も参加し、米粉を使った料理の普及活動等を行った。

    お問合せ先

    中国四国農政局鳥取県拠点
    電話:0857-22-3131(代表)
    FAX:0857-27-9672