このページの本文へ移動

中国四国農政局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー
    鳥取県拠点#

    平成27年度

    鳥取県拠点が携わった農林水産施策(会議、イベント等)や農山漁村の風景などを紹介しています。

    3月1月10月5月

    3月 

    「6次産業化シンポジウム~女性が活躍する6次産業化~」を開催

    撮影場所:倉吉未来中心 小ホール
    撮影日:平成28年3月18日

    シンポジウム(パネルディスカッション)の様子

    シンポジウム(パネルディスカッション)の様子

    仲家農政局長の挨拶

    仲家農政局長の挨拶

    県内6次産業事業者の紹介展示

    県内6次産業事業者の紹介展示

    平成28年3月18日(金曜日)、中国四国農政局主催の「6次産業化シンポジウム~女性が活躍する6次産業化~」を倉吉市において開催しました。

    鳥取県内を中心に約180名の出席があり、はじめに、仲家農政局長から「6次産業化を進め、農業の経営を発展させていくためには、これからの女性のみなさんの役割は非常に重要です。農政局においても地域の皆さんのお声をしっかりと聞きながら、6次産業化を始めとする農業農村の振興に向けて取組んで行きます。」と挨拶があり、株式会社百姓屋取締役の市丸氏による基調講演や有限会社ひよこカンパニー及びブリリアントアソシエイツ株式会社による事例紹介を行いました。

    パネルディスカッションにおいては、来場された参加者も含め、活発な意見交換等が行われました。

     

    【関連リンク】

    プレスリリース:6次産業化シンポジウム~女性が活躍する6次産業化~

     

    1月 

    「農政新時代キャラバン 鳥取県説明会」を開催

    撮影場所:倉吉未来中心 小ホール及びセミナールーム
    撮影日:平成28年1月25日

    説明会(総論)の様子

    説明会(総論)の様子

    大角大臣官房審議官の挨拶

    大角大臣官房審議官の挨拶

    園芸分科会の様子

    園芸分科会の様子

    中国四国農政局鳥取支局は、1月25日(月曜日)、倉吉市において「総合的なTPP関連政策大綱」を踏まえた農林水産分野の対策について、地方公共団体、関係団体等に説明する「農政新時代キャラバン 鳥取県説明会」を開催しました。

    午前中の総論には、鳥取県内を中心に約140名の出席があり、はじめに、大角大臣官房審議官から「生産者の皆様が引き続き農林水産業に取り組めるようにすることが、農林水産省の使命と考え、あらゆる機会を活用して現場の皆様に説明して参りたい。」と挨拶がありました。

    その後、本省担当者から「総論」に関する説明を行い、午後からは「水田・畑作」「園芸」「畜産」の3つの分科会が開催され、活発な質疑応答が行われました。

     

    【関連リンク】

    「総合的なTPP関連政策大綱」

     

    10月 

    「中国四国農政局の新たな県域拠点(鳥取県拠点)」の開所式を開催

    撮影場所:鳥取県鳥取市
    撮影日:平成27年10月1日 

    開所式の様子

    開所式の様子

    新たなプレートの設置

    新たなプレートの設置

    平成27年10月1日(木曜日)、中国四国農政局(岡山県岡山市)の鳥取県における新たな拠点として「鳥取県拠点」が鳥取市に設置され、同県拠点において開所式を開催しました。

    鳥取県拠点は、「農林水産業・地域の活力創造プラン」に基づく農政改革を着実に推進するため、これまでの鳥取地域センターを見直し、新たに、農政全般について「現場に伝える」「現場から汲み上げる」「現場と共に解決する」機能を担う組織として、鳥取市に設置されました。

    開所式では、就任した中村裕一地方参事官(鳥取県担当)から、職員に対して「率先して現場に足を運び、現場とともに課題を解決する役割を果たし、現場の方々、さらには国民の皆様の期待に応えてもらいたい」との訓示が行われ、引き続いて庁舎内においてプレートの除幕を行い、新たな拠点での業務を開始しました。

     

    5月 

    「新たな食料・農業・農村基本計画に関する県別説明会(鳥取県)」を開催 

    • 撮影場所:倉吉交流プラザ視聴覚ホール
    • 撮影日:平成27年5月20日

    説明会の様子

    説明会の様子

    月山農政局次長のあいさつ

    開催の挨拶をする月山農政局次長

    参加者の質問に回答する荒川総括審議官

    参加者の質問に回答する荒川総括審議官

    鳥取地域センターは、5月20日に倉吉市の倉吉交流プラザ視聴覚ホールにおいて、「新たな食料・農業・農村基本計画に関する県別説明会(鳥取県)」を開催しました。

    説明会では、今後10年程度先までの施策の方向等を示すものとして策定され、本年3月31日に閣議決定された「新たな食料・農業・農村基本計画」について、関係者に説明し、意見交換等を行うもので、鳥取県内の自治体及び関係団体を中心に約100名が出席しました。

    説明会では、月山農政局次長の挨拶に続いて、農林水産省大臣官房の荒川総括審議官をはじめとする本省、農政局の担当から、「総論」、「食料自給率目標・食料自給力指標・食料安全保障」、「農地の見通しと確保」、「農業構造の展望」、「農業経営等の展望」、「農林水産研究基本計画」、「魅力ある農山漁村づくりに向けて」及び「各品目別の基本方針」について説明を行いました。

    その後、「食料自給率目標」や「農業経営等の展望」などについて、質疑応答が行われました。

     

    【関連リンク】 

    新たな食料・農業・農村基本計画