このページの本文へ移動

中国四国農政局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    プレスリリース

    国営総合農地防災事業「児島湾沿岸地区」の開所式及び看板掲示式について

    • 印刷
    令和元年8月9日
    中国四国農政局
    中国四国農政局は、国営総合農地防災事業「児島湾沿岸地区」を新規着工し、本事業の実施を担当する児島湾沿岸農地防災事業所の開所式及び看板掲示式を、8月23日に事業関係者参集のもと開催することとなりましたのでお知らせします。

    1.開催日時

    (1)看板掲示式:令和元年8月23日金曜日  13時30分~13時50分
    (2)開所式:令和元年8月23日金曜日  14時20分~15時10分(受付:13時50分~)

    2.場所

    (1)看板掲示式:中国四国農政局児島湾沿岸農地防災事業所  (岡山県岡山市北区今三丁目23-2)
    (2)開所式:ホテルメルパルク岡山1階「泰平1」  (岡山県岡山市北区桑田町1-13)

    3.式典次第

    (1)看板掲示式
    (2)開所式
    挨拶 中国四国農政局長
    来賓祝辞 岡山県知事
      児島湾沿岸地区国営総合農地防災事業推進協議会会長(児島湾土地改良区理事長)
      児島湾沿岸地区国営総合農地防災事業推進協議会副会長(岡山市長)
      児島湾沿岸地区国営総合農地防災事業推進協議会監事(倉敷市長)
    事業概要説明

    4.事業の背景と目的

      本地区は岡山県の南部に位置する岡山市、玉野市及び倉敷市にまたがる4,320ヘクタールの農業地帯であり、水稲を中心に、水田の畑利用による二条大麦、なす等の野菜を組み合わせた農業経営が展開されています。

      本地区の児島湾締切堤防は、干拓農用地の農業用水の確保と高潮・塩害防止を目的として、国営児島湾沿岸農業水利事業(昭和25年度~昭和36年度)等により造成・改修されました。また、同施設は「南海トラフ地震防災対策推進地域」に指定され、鉄道等の重要な公共施設、民家、工場等も多数存在する本地区において、生活基盤を支える上でも重要な施設となっています。

      しかしながら、児島湾締切堤防の脆弱性評価(耐震照査)を実施したところ、大規模地震の発生によって児島湾締切堤防の堤体及び排水樋門に損壊が生じる結果となり、その場合、農業用水源及び排水機能の喪失やその後の津波による広域的な災害となることが想定されます。

      このため、本事業では、児島湾締切堤防の耐震化対策を行い、大規模地震発生時における農業用水源の喪失、その後の津波被害等を未然に防止することにより、農業生産の維持及び安定を図り、もって国土の保全に資することを目的としています。

    5.計画の概要

    (1)関係市町:岡山市、玉野市、倉敷市
    (2)受益面積:4,320ヘクタール(水田  4,292ヘクタール、畑  28ヘクタール)
    (3)総事業費:260億円
    (4)予定工期:令和元年度~令和12年度
    (5)主要工事:児島湾締切堤防の堤体の耐震化対策一式、排水樋門・閘門の耐震化対策7門

    6.取材申し込み


    開所式及び看板掲示式は、報道関係者に公開します。
    取材を希望される方は、別紙の「取材申込書」に必要事項を記入のうえ、8月21日水曜日までに児島湾沿岸農地防災事業所のFAX(086-236-6241)へ送信し、申し込みをしてください。
    取材及び駐車場所については、担当者の指示に従ってください。
    駐車スペースには限りがありますので、あらかじめご了承願います。


     <添付資料>
    取材申込書(PDF : 45KB)
    児島湾沿岸地区事業概要図(PDF : 104KB)

    お問合せ先

    児島湾沿岸農地防災事業所
    所在地:岡山県岡山市北区今三丁目23-2
    担当者:庶務課長  髙石、工事課長  山下
    電話:086-236-6240
    FAX:086-236-6241

    農村振興部防災課
    担当者:課長補佐  溝手(内線2681)、国営防災第1係長  越智(内線2686)
    代表:086-224-4511
    ダイヤルイン:086-224-9424
    FAX:086-234-7445

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader