ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 「中国四国地域食育交流会in広島」の開催について


ここから本文です。

プレスリリース

平成28年7月22日

中国四国農政局

「中国四国地域食育交流会in広島」の開催について
       和食文化の継承 ~ 基本の「だし」を知る ~

   第3次食育推進基本計画では、「和食;日本人の伝統的な食文化」がユネスコ無形文化遺産に登録(平成25年12月)されたことも踏まえ、食育活動を通じて、郷土料理、伝統食材、食事の作法等、伝統的な食文化に関する国民の関心と理解を深め、伝統的な食文化の保護・継承を推進することを新たに重点課題としています。

  このため、和食の基本である「だし」に着目し、素材の持ち味を活かすだしの特徴を学ぶとともに、和食文化継承に向けた効果的な手法について調理師、栄養士、食育実践団体、行政等による意見交換を実施するために、食育交流会を開催します。

1  開催日時

平成28年8月27日(土曜日)  13時30分~16時30分(受付開始  13時00分~)

2  開催場所  

学校法人 原田学園 広島酔心調理製菓専門学校  4階  第2調理実習室  (広島市西区福島町2-4-1)

3  内容

(1) 情報提供
       「和食」の保護・継承に向けた取組
       中国四国農政局職員

    
(2) だしの授業
       だし(かつお、昆布、いりこ)の飲み比べ体験と和食文化の授業
       講師:神開  明規 氏
                 (学校法人 原田学園 広島酔心調理製菓専門学校 日本料理専任教員)

(3) ワークショップ
      テーマ:若い世代に和食文化を継承するために
      グループ形式による意見交換を行い、継承に向けた方策を検討します。
      コーディネーター:神開  明規 氏

4 参集者

中国四国地域の調理師、栄養士、食育実践団体、行政等(50名程度) 

5 参加費

1 人 500 円 (当日、受付で集金いたします。)

6 主催

中国四国農政局

7 協力

学校法人 原田学園 広島酔心調理製菓専門学校

8 申込方法  ※参加者の募集は終了しました。

参加を希望される方は、別添「参加申込書」により FAX又は WEBメールでお申込みください。 

 <  FAXによるお申込先  > 
        中国四国農政局 経営・事業支援部 地域食品課  FAX番号: 086 - 224 - 7713

 <  WEBメールによるお申込先  >

↓ ↓ ↓ クリックをして、所定の事項を記入し、送信してください。

申込フォーム

9 申込締切  ※参加者の募集は終了しました。

平成 28 年 8 月 19 日 (金曜日) までにお申込みください。
参加者については先着順とし、定員に達した場合は、その旨をこちらからご連絡いたします。

10 その他  

報道機関の方は記者席を設けますので、お申込みの際に別添「参加申込書」の所属(職業)名欄に「報道関係者」と記載してください。
(テレビカメラがある場合は、その旨も併せて記載してください。)

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

経営・事業支援部  地域食品課
  担当者:古屋、岸  
  代表:086-224-4511(内線 2313)
  ダイヤルイン:086-230-4258
  FAX:086-224-7713

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

中国四国農政局案内

リンク集