ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 医福食農連携「食でつながるイノベーション~心と体がよろこぶ、食の新発想~」シンポジウムの開催について


ここから本文です。

プレスリリース

平成26年11月12日

中国四国農政局

医福食農連携「食でつながるイノベーション~心と体がよろこぶ、食の新発想~」シンポジウムの開催について

 農林水産省中国四国農政局は、中国新聞社及び全国地方新聞社連合会との共催で、12月4日(木曜日)広島県広島市において、医福食農連携「食でつながるイノベーション~心と体がよろこぶ、食の新発想~」シンポジウムを開催します。

1 概  要

 今、日本中で、医療・福祉と食料・農業の異業種連携によって、新しい「食」が生まれています。

 そして、地域の食材を活用した介護食品、機能性食品の開発・普及や薬用作物の生産拡大、障がい者の就労支援など「農」と「福祉」の連携によって新たな付加価値も生まれています。

 このシンポジウムではそうしたさまざまな取り組みを紹介し、みんなで一緒にこれからの「食」を考えていきます。

2 開催日時・会場

日時:平成26年12月4日(木曜日) 13時30分~15時20分 (開場12時30分)
会場:中国新聞ホール(広島市中区土橋町7-1)
    ※ 医福食農連携の取り組み展示コーナー併設

3 参加方法

 参加費は無料(定員300名)

 参加申込みの方法については、以下の「問い合わせ先」までお願いします。具体的には、添付の申込チラシをご覧下さい。

 

 問い合わせ先  「医福食農連携シンポジウム」係(中国新聞企画サービス)
         TEL 082-236-2244 (平日10時00分~17時00分)

4 プログラム

(1) 特別講演

「セカンドライフに農業を」 北別府 学 氏 (野球解説者)

(2) パネルディスカッション

テーマ:心と体がよろこぶ、食の新発想

パネリスト:北別府 学 氏 (野球解説者)

 小谷 あゆみ 氏 (フリーアナウンサー、農業ジャーナリスト、
          ベジアナ(野菜を作るアナウンサー))

 吉長 成恭 氏 (広島国際大学 心理科学部 教授)

 杉岡 光 氏 (広島県立総合技術研究所 副主任研究員)

 黒熊 博也 氏 (芸南食品(株)取締役工場長)

コーディネーター: 石丸 賢 氏 (中国新聞社 論説委員)

5 主  催

農林水産省中国四国農政局、中国新聞社、全国地方新聞社連合会

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

企画調整室 
担当者:島田、永濱
代表:086-224-4511(内線2112)
ダイヤルイン:086-224-9400
FAX:086-235-8115

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

中国四国農政局案内

リンク集