このページの本文へ移動

中国四国農政局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    プレスリリース

    有機農業推進フォーラムの開催について

    • 印刷
    平成29年11月15日
    中国四国農政局
    中国四国農政局では、地域に適合した有機農業を推進するため、基調講演、パネルディスカッションなど、有機農業推進フォーラムを平成29年12月15日(金曜日)に岡山第2合同庁舎(岡山県岡山市)にて開催します。

    1 概要

    有機農業推進法に基づく、有機農業の推進に関する基本方針(平成26年4月)では、新たに有機農業に取り組もうとする者が相当数見込まれ、今後の需要の増加も見込まれることから、有機農業の一層の拡大を図ることとし、概ね平成30年度までに我が国の耕地面積に占める有機農業の割合を倍増(1%)させることを目標にしています。
    この目標の達成に向け、就農相談、技術・経営の研修、慣行農業からの転換、多様な販路の確保の支援や、技術開発、消費者の理解増進等を推進しています。
    今年度のフォーラムでは、改めて有機農業の根本である土づくりについて、専門家による最新の研究成果やこだわりの技術を紹介していただき、土づくりの重要性について意見交換などを行います。

    2 開催日時

    平成29年12月15日(金曜日) 13時30分から17時00分

    3 開催場所

    岡山第2合同庁舎 2F 共用会議室

    4 参集範囲・定員

    生産者、消費者、流通業者、関係団体及び行政機関等  80名

    5 内容

     (1)基調講演:「太陽熱養生処理の周辺研究」
      
     一般社団法人食と農の健康研究所 理事長兼所長  渡辺和彦  氏
     
     兵庫県立農業試験場(現農林水産技術総合センター)に勤務し長年土壌肥料の研究に携わる。
     栄養価の高い農産物生産活動の支援、消費者が見た目だけではなく栄養価の観点から食材
     を判断できるよう、食・農・健康に関する正確な情報を生産者と消費者の双方に対し広く伝
     え、持続可能な農業・健康づくりに貢献。
      
     (2)有機農業をめぐる情勢について
     農林水産省生産局農業環境対策課
     
     (3)パネルディスカッション
     
     【テーマ】「健康な土づくりの重要性」
     
     【コーディネーター】
     
     中国四国地域環境保全型農業・有機農業推進連絡会議 会長  駄田井 久  氏  (岡山
     大学大学院環境生命科学研究科 准教授)
     
     【パネラ-】
     
     おおたに果樹園 代表  大谷 武久  氏
     
     元銀行員。55歳で退職し農業を始める。土壌分析を行い、不足している栄養分を補う科
     学的有機農業に加え、堆肥を大量に投入する栽培は東予有機農業研究会の中では特異な存在。
     早生みかんの糖度17度、甘平の糖度18度、にんじんは反収15トン以上など高品質・
    高収量を実現。
     栽培する農産物はおいしいと評判で、出品する栄養価コンテストでも毎年高評価を受けて
     いる。
     
     TAMファーム 代表・土壌医  田村 雄一  氏
     
     大学は工学部出身。入社した研究所で持続可能な農業・農村づくりに携わり平成8年就農。
     酪農と有機ニラ栽培の複合経営で持続可能な循環型農業を実践。平成28年に高知県で初
     めて土壌医に認定され、全国的な作土の浅土化傾向に対し、栄養診断による内科的な処方だ
     けでなく、外科的な深耕も必要と話す。
     有機農業研修組織SOEL(ソエル)の代表として就農支援活動も行っている。
     
     一般社団法人食と農の健康研究所 理事長兼所長  渡辺 和彦  氏(前掲)
     
     農林水産省生産局農業環境対策課

    6 主催

    中国四国農政局、(共催)中国四国地域環境保全型農業・有機農業推進連絡会議

    7 参加申込

    参加ご希望の方は、参加申込書(別添1)にご記入の上、FAX(086-232-7225)により12月8日(金曜日)までにお申し込みください。

    8 報道関係者の皆様へ

    取材を希望される場合は、取材申込書(別添2)にご記入の上、FAX(086-232-7225)により12月8日(金曜日)までにお申し込みください。

    〈添付資料〉

    チラシ 有機農業推進フォーラム(PDF : 484KB)
    参加申込書(別添1)(PDF : 160KB)
    取材申込書(別添2)(PDF : 39KB)

    お問合せ先

    生産部生産技術環境課

    担当者:赤松、辻
    代表:086-224-4511(内線2772)
    ダイヤルイン:086-230-4249
    FAX番号:086-232-7225

    当資料のホームページ掲載URL
    http://www.maff.go.jp/chushi/press/