このページの本文へ移動

中国四国農政局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    プレスリリース

    農林水産省として初めてCLTパネル工法を活用したダム管理事務所の整備について(現地見学の御案内)

    • 印刷
    平成30年2月20日
    中国四国農政局
    中国四国農政局で行っている公共建築物におけるCLTパネル工法を活用した木材利用の取り組みについて、報道関係者を対象に当日の作業状況の見学・概要説明を行います。

    1.概要

    中国四国農政局では「公共建築物等における木材の利用の促進に関する法律」に基づき、公共建築物における木材の利用に取り組んでいます。
    この度、中国四国農政局において整備する小阪部川ダム管理事務所建築工事は、農林水産省のダム管理事務所として初めてCLT(直交集成材)工法を採用しました。
    3月初旬までにCLTの建て込み作業を行い、平成30年3月末の完成を予定しています。

    2.小阪部川ダム管理事務所の概要

    (1)建築場所:岡山県新見市上熊谷6961番地(老朽化による建替え)
    (2)形式:混構造(1階:鉄筋コンクリート構造、2~3階:CLT構造)
    (3)建築面積:122.30平方メートル
    (4)延床面積:355.11平方メートル
    (5)発注者:中国四国農政局中国土地改良調査管理事務所

    3.現地見学

    平成30年2月27日(火曜日)~3月1日(木曜日)の間にCLTの建て込み作業を行います。
    報道関係者で当日の作業状況の見学・概要説明を希望される方は、平成30年2月26日(月曜日)までに問合せ先まで連絡をお願いします。

    (参考)CLTパネル工法の特長

    (1)優れた断熱・耐火・耐震性能
      ・鉄やコンクリートに比べ、高い断熱性を有している
      ・厚い材料全体で構造を支えるため、強く安定した性能を発揮
      ・CLTは材料を直交させることにより高い寸法安定性を有している
    (2)優れた施工性
      ・工場でパネルの製造・加工が行われるため、現場での施工が効率的
      ・簡易な接合金物(L型金物・スクリュー)で接合が可能
    (3)優れた経済性
      ・従来の鉄筋コンクリートに比べ重量は1/6で材料輸送コストの低減が図られる
      ・材料が軽量化されることにより、基礎構造が簡易となり経費の節減につながる

    お問合せ先

    中国四国農政局中国土地改良調査管理事務所小阪部川支所

    担当者:有福、佐藤 (8時30分~17時15分)
    TEL番号:086-441-2601
    FAX番号:086-441-2647