このページの本文へ移動

中国四国農政局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    ニーズに合わせた商品開発で水産加工品を海外へ

    株式会社出雲国大社食品(島根県)

    ハワイでの試食販売の写真

    ハワイでの試食販売

      取組の概況

    • (株)出雲国大社食品は、島根県が開催した商談会をきっかけに輸出を開始した。主な納入先は、商社を介し日系スーパーに小売用として販売。。
    • 競争を回避するため、安全基準の厳しいアメリカ等をターゲットに水産加工製品を約10種類輸出。そのうち英語表記の商品は、2~3種類となっている。
    • 海外への流通は、冷凍して行っており、賞味期限は300日~1年程度で設定している。サイズの大きい商品を求められることもあるが、品質管理が難しく、商品が限定されている。
    • 国により基準は異なるが、FSSC22000を取得。

      工夫している点

    • かまぼこは、商品自体に付加価値をつけるのが難しいことから、現地のニーズに合わせた商品開発を輸出先と共同で行っている。

      輸出による効果

    • 国内消費が減少するなか、売上額の補完ができている。
    • 社員のモチベーションの向上。

      輸出実績(平成30年6月期)

    • 輸出先:アメリカ、豪州、ドバイ、シンガポール
    • 輸出品目:ちくわ、かまぼこ
    • 輸出額:500万円

      今後の展望

    • 日本食が世界的にブームになる中、低カロリー、高タンパクなどのヘルシーさをアピールするとともに、食べ方のアドバイスやユズ入り商品の開発で、現在はハワイ州がメインであるが、アメリカ本土のスーパーや外食産業にも販路を広げたい。
    • 輸出額は、全売上の2%程度であるが、国内市場が縮小する中、将来的には20%を目標としたい。

    印刷用

    ニーズに合わせた商品開発で水産加工品を海外へ(島根県:株式会社出雲国大社食品)(PDF : 185KB)

    お問合せ先

    経営・事業支援部 地域連携課

    代表:086-224-4511(内線2803, 2173)
    ダイヤルイン:086-224-9415
    FAX番号:086-224-7713

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader