このページの本文へ移動

中国四国農政局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    検疫条件が厳しい台湾等に白桃を輸出

    総社もも生産組合(岡山県)

    台湾のスーパーで販売中の桃の写真

    台湾のスーパーで販売中

    海外販売用ギフトの写真


    海外販売用ギフト

     選果の様子の写真

    選果の様子

      取組の概況

    • 総社もも生産組合は、JA岡山西(同組合事務局)と連携し、平成20年頃から台湾、香港、シンガポール等に白桃を輸出。
    • 主に中元節・中秋節向けとして白桃を約20品種ラインナップ。
    • ターゲットは富裕層。現地販売先等から注文多数。
    • 直接取引は行わず、輸出に強い大田市場や大阪市場の仲卸を通じた海外展開。
    • 検疫条件が厳しい台湾向けは、生産園地や選果こん包施設、選果技術員の登録を行い県内初の本格輸出が実現(先進的モデル)。生産園地は、43園(平成26年)、70園(平成28~29年)、74園(平成30年)に増加しており、年々生産規模が拡大。今後も登録数が増える見込み。

      工夫している点

    • 同組合とJA岡山西が独自の厳しい規格を設定しているため、市場で高評価を受け高値取引が実現。
    • リスク回避のためすべて間接輸出。

      輸出による効果

    • 香港向けは初物等が高値取引されるため国内向けより好条件。
    • 海外市場の知名度向上に伴い国内市場の引き合いを強める等相乗効果。
    • 生産規模拡大に伴う遊休農地の解消。

      輸出実績

    • 輸出先:台湾・香港・シンガポール等
    • 輸出品目:おかやま夢白桃、白麗等
    • 輸出額:年間約1,000万円

      今後の展望・課題

    • 市場規模が大きいEUへの展開。
    • 規格外品の商材化。
    • 中東向け輸出の本格化。(テスト輸出中)

    印刷用

    検疫条件が厳しい台湾等に白桃を輸出(岡山県:総社もも生産組合)(PDF : 224KB)

    お問合せ先

    経営・事業支援部 地域連携課

    代表:086-224-4511(内線2803, 2173)
    ダイヤルイン:086-224-9415
    FAX番号:086-224-7713

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader