このページの本文へ移動

中国四国農政局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    中国四国食育ネットワークメールマガジン第175号 

    (^_^)v◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇(^O^)
         ★ 「中国四国食育ネットワーク」メールマガジン ★    第175号       ◇
                                                                    平成30年2月1日発行  ◇
                                                                                                  ◇
                              発行:中国四国農政局経営・事業支援部地域食品課  ◇
             「食」と「農林水産業」をつなぐ食育に取り組みましょう!         ◇
    (*^_^*)◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇(^_^)v

      
      今月の食育情報を、お届けします。 

    食育Topics

    第14回食育推進全国大会の開催について

       農林水産省は、食育推進運動を重点的かつ効果的に実施する6月の「食育月間」における全国規模の中核的な行事として、平成31年6月29日(土曜日)と6月30日(日曜日)の2日間、アイメッセ山梨等において、山梨県及び甲府市との共催により、第14回食育推進全国大会を開催します。

       日時:平成31年6月29日(土曜日)、6月30日(日曜日)
       会場:アイメッセ山梨等(山梨県甲府市)
       内容:開会式、食育活動表彰、食育推進のためのブース展示等

     <詳しくは、以下のホームページをご覧ください>

       農林水産省ホームページ
       http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/hyoji/180115.html

       山梨県ホームページ(外部リンク)
       http://www.pref.yamanashi.jp/shokuhin-st/shokuiku/zennkokutaikai.html
       
       甲府市ホームページ(外部リンク)
       http://www.city.kofu.yamanashi.jp/

     
       なお、平成30年開催の第13回食育推進全国大会については、大分県との共催により、下記のとおり開催します。

       日時:平成30年6月23日(土曜日)、24日(日曜日)
       場所:ホルトホール大分等(大分市)
       内容:開閉会式、食育活動表彰、食育推進のためのブース展示等

     <詳しくは、以下のホームページをご覧ください>

       農林水産省ホームページ
       http://www.maff.go.jp/j/syokuiku/taikai/13th.html

       大分県ホームページ(外部リンク)
       http://www.pref.oita.jp/site/syokuiku/dai13kaishokuikusuisinnzennkokutaikai.html

     

    「地域から広がる食育の環~子供食堂の事例を通して考える~」セミナーの開催及び参加者の募集について

       農林水産省は、平成30年2月17日(土曜日)に、東雲合同庁舎5階会議室(東京都)において、「地域から広がる食育の環~子供食堂の事例を通して考える~」セミナーを開催します。
       セミナーでは、子供食堂の事例を通して、地域で支えるこれからの食育について、食の専門家や子供食堂の実践者、支援者らが語り合います。

       日時:平成30年2月17日(土曜日)13時30分~16時00分(12時30分開場)
       会場:東雲合同庁舎5階会議室(東京都江東区東雲1丁目9-5)
       参加費:無料
       定員:300名
       登壇者
        1   パネリスト
          ・村山 信子  新潟県立大学人間生活学部健康栄養学科 教授
          ・瀧本 秀美  医薬基盤・健康・栄養研究所 
                           国立健康・栄養研究所 栄養疫学・食育研究部長
          ・釜池 雄高  こども食堂ネットワーク事務局 事務局長
          ・合瀬 宏毅  NHK解説委員室 解説副委員長
          ・栗林 知絵子  NPO法人豊島子どもWAKUWAKUネットワーク 理事長
          ・大隈 由加里  農林水産省大臣官房参事官(消費・安全局)
        2   コーディネーター:町永 俊雄  福祉ジャーナリスト

      <詳しくは、以下のホームページをご覧ください>(農林水産省)
       http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/hyoji/180109.html

     

    農と食の未来をつくる地産地消セミナーの開催及び参加者の募集について

       農林水産省では、地産地消の取組を促進するため、平成29年度の地産地消等優良活動表彰受賞者の事例をはじめ、現場で役立つ実践的な事例をご紹介するセミナーを全国7カ所で開催しています。
       最新の地産地消の取り組みやノウハウを学びたい方に、ぜひご参加いただきたいセミナーです。

       テーマ:学校給食における地場産食材の活用   
          視点:地産地消による持続可能な農業
      日時:平成30年2月9日(金曜日)14時00分~17時00分
            (希望者のみ)交流会  17時00分~18時00分
      会場:JAおちいまばり  さいさいきて屋(愛媛県今治市中寺279-1)
      参加費:無料(交流会参加者は2,000円(税込)を当日ご持参ください)
      内容:基調講演「学校給食における地場産食材の活用」
                  講師:管理栄養士  栄養学修士  村井  栄子氏 
      事例報告
         1.地場産食材活用の工夫  飯山市中学校給食センター
         2.地産地消による持続可能な農業  中土佐町立学校給食センター
         3.直売所を拠点とした学校給食の取組み  JAおちいまばり  さいさいきて屋
            (希望者のみ)交流会   SAISAICAFE

    <詳しくは、以下のホームページをご覧ください>(農林水産省)
      http://www.jc-so-ken.or.jp/chisan_chisho/


    農林水産省は、映画「カレーライスを一から作る」とタイアップしています

       本映画は、「グレートジャーニー」で知られる探検家・関野吉晴氏が教授を務める、武蔵野美術大学の課外ゼミとして実施した、カレーライスの材料を自分達の手で育て、作り、食べようという9ヶ月にわたる取組を撮影したドキュメンタリー映画です。
       米、野菜、香辛料、鶏、塩、器、スプーンまで、カレーライスを食べるために必要なすべての材料を自分達の手で育て、作る中で、野菜の生育が遅くて悩んだり、飼育した鶏を本当に食べるかどうか揺れ動く様子など、自然体のありのままのゼミ生達の様子を通じて、命を育てて生きているという、人間にとってごく当たり前で基本的な営みを見つめ直す映画となっています。
       なお、本映画には、一部食鳥処理の映像が含まれますのでご承知おき下さい。

     <詳細につきましては、以下のホームページをご覧ください>(農林水産省)
       http://www.maff.go.jp/j/syokuiku/karei.html

       本映画は全国各地の映画館などで上映されるほか、「自主上映会」を開催していただくこともできます。
     
    <上映情報やDVDの貸し出し等、詳細につきましては、以下のホームページをご覧ください>(外部リンク)
       http://www.ichikaracurry.com/

     

    平成30年度予算の概要を掲載しました

       農林水産省は、「平成30年度農林水産予算概算決定」を公表しました。
       食育の推進と国産農林水産物の消費拡大、食料産業・6次産業化交付金、食育活動の全国展開事業委託(拡充)等について、紹介しています。

     <詳しくは、農林水産省のホームページをご覧ください>
       http://www.maff.go.jp/j/syokuiku/torikumi.html



    食育活動に取り組まれている皆様へ

       農林水産省では、食文化の継承や農林漁業体験機会の提供、和食給食の普及など、食や農林漁業への理解を深めるために、地域で取り組む食育活動を支援します。

      (1)都道府県、市町村、民間団体等が実施する食育活動を支援します。
      (2)補助率 1/2 以内で、都道府県を通じての申請・交付となります。
      (3)事業名:食料産業・6次産業化交付金のうち食育推進
                     (平成30年度予算概算決定)
        
       シンポジウム(講師謝金、会場借料等)、調理講習会(講師謝金、食材費等)、農林漁業体験(指導者謝金、バス借料等)などが支援対象となります。具体的な支援内容と補助対象経費の例については、以下のチラシをご覧ください。

       http://www.maff.go.jp/j/syokuiku/attach/pdf/torikumi-199.pdf 

       また、地域で食育活動に取り組まれている方へ当事業についてお知らせいただければ幸いです。

    <詳しくは、中国四国農政局経営・事業支援部地域食品課にご相談ください>
       電話  086-230-4258(直通)  担当:柳田、成相

     

    農政局からのお知らせ

    機能性等に着目した地域振興作物の生産拡大に関するシンポジウムの開催について  

       中国四国農政局は、機能性等に着目した農産物を活用し、地域振興に取り組む個人、団体の参考となるよう、先駆的な事例の講演と併せて、この度とりまとめた地域振興に向けた導入戦略の紹介等を目的に、シンポジウムを開催します。

       日時:平成30年2月14日(水曜日)13時30分~16時30分
       場所:岡山県農業共済会館  大会議室(6階)(岡山県岡山市北区桑田町1-30)
       内容
          機能性等を活用した農産物の高付加価値化について
            ((株)グローバルニュートリショングループ代表取締役  武田 猛 氏)
          機能性等に着目した地域振興作物の導入戦略(中国四国農政局長  坂井 康宏)
          先進事例発表
          (1)産学官連携によるカンキツ機能性果汁飲料の開発
                  ((株)えひめ飲料企画開発部研究開発課主任研究員  菅原 邦明 氏)
          (2)ヤマブドウ製品による地域ブランドの向上
                  (ひるぜんワイン(有)代表取締役  植木 啓司 氏)
          (3)さぬき讃フルーツのブランド化の取組
                  (香川県農政水産部農業生産流通課副主幹  大川 俊彦 氏)
          パネルディスカッション
          参加費:無料
          定員:100名
          申込締切:平成30年2月5日(月曜日)
        
       <参加申込み及び詳しくは、以下のホームページをご覧ください>
         http://www.maff.go.jp/chushi/press/se_tokusan/180118.html
         

    くだもの消費拡大セミナーの開催について

       果物の1人当たりの1日平均摂取量は、生活様式や食生活の多様化、嗜好の変化、簡便化・小口化志向等が進展する中、近年100グラム程度にとどまっています。
       果物を嗜好品としてだけではなく、適量を毎日の食生活に取り入れるべき必需品であるということについて理解を広める必要があります。
       このため、中国四国農政局は、公益財団法人中央果実協会と共催して、習慣的な生鮮果実の摂取の促進や、機能性関与成分にも着目した生鮮果実を取り入れた食生活の実践を啓発する目的として、セミナーを開催します。

       日時:平成30年3月1日(木曜日)13時30分~16時20分(受付開始 13時00分~)
       場所:公立学校共済組合岡山宿泊所 ピュアリティまきび 2F「千鳥(ちどり)」
             (岡山県岡山市北区下石井2-6-41)
       内容
        (1)「毎日くだもの200グラム運動」について
                中国四国農政局 生産部 園芸特産課
        (2)シャインマスカットの開発
                国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 果樹茶業研究部門  ブドウ・カキ研究拠点 育種ユニット長 佐藤明彦 氏
        (3)「栄養機能食品」さぬきゴールドの取組
                JA香川県 営農部 販売促進課長 久保明彦 氏
        (4)愛のオレンジロードの取組
                JA全農えひめ 園芸部果実課 基盤対策専任課長 山本洋司 氏
        (5)ゆるキャラ紹介・記念撮影 等
       参集範囲:消費者、学生、生産者(団体)、行政等(150名程度)
       参加費:無料 
       申込締切:平成30年2月19日(月曜日)
         
     <参加申込み及び詳しくは、以下のホームページをご覧ください>
       http://www.maff.go.jp/chushi/press/se_tokusan/180110.html

     

    「消費税軽減税率制度関係」について      

         平成31年10月から消費税の軽減税率制度が導入されます。
         軽減税率制度に関することや中小事業者等向けの支援につきましては、以下のホームページ等をご覧ください。


    軽減税率制度に関すること・・国税庁HP  又は最寄りの税務署
    http://www.nta.go.jp/zeimokubetsu/shohi/keigenzeiritsu/index.htm)

      ※  消費税軽減税率電話相談センターのお問い合わせ(軽減コールセンター)
         (専用ダイヤル0570-030-456)

      ※  各都道府県の税務署で開催する説明会の日程をご覧いただけます。
           どなたでも参加できます。

      ※  軽減税率制度に関する動画(Web-TAX-TV)をご覧いただけます。

      中小事業者等への支援・・「軽減税率対策補助金事務局」
    (専用ダイヤル0570-081-222)(http://kzt-hojo.jp/

      ※  軽減税率対策補助金の申請受付の期限が延長されました。

     

    中国四国地域で行われる食育の取組(2月の予定)

    「子育て相談」を実施           公益社団法人香川県栄養士会(香川県高松市)

       公益社団法人香川県栄養士会では、子どもたちの心と身体の健やかな育ちをサポートするため、子育て全般・子供の食事等についての相談を実施します。

       日時:平成30年2月8日、15日(木曜日)10時30分~15時00分
       場所:さぬきこどもの国(高松市香南町由佐3209)
       内容:子育て全般・子供の食事等についての相談
       主催:さぬきこどもの国

    【問合せ先】公益社団法人香川県栄養士会(電話 087-811-2858)

             

    「献血ルームにおける栄養・食生活相談」を実施                    公益社団法人香川県栄養士会(香川県高松市)

       公益社団法人香川県栄養士会では、献血ルーム「オリーブ」で健康状態により献血できなかった人を対象に、再度献血への協力を得るため、栄養指導を中心とした個別相談を実施します。

       日時:平成30年2月18日(日曜日)10時00分~17時00分                
       場所:丸亀町献血ルーム「オリーブ」 (高松市丸亀町13-3高松丸亀町参番街東館3階)                
       内容:食事・生活面についての個別指導
       主催:香川県赤十字血液センター

     【問合せ先】公益社団法人香川県栄養士会(電話  087-811-2858)


    【編集後記】
     
       新年になったと思ったら、早いものでもう2月です。この冬は気温が低く寒い日が続いていますので、体調にはくれぐれもお気をつけ下さい。
       立春の前の日、本年は2月3日が節分です。一般的には、炒った豆を神棚にお供えした後、一家の主が豆をまき、災いを追い払います。その後、まいた豆を年の数だけ食べ、1年の無病息災を願います。
       また、節分の日は焼いた鰯や恵方巻きを食べる家庭が多いようです。
       このほかにも、日本には行事食や伝統料理がたくさんあります。みなさんも季節折々の伝統行事などの際に行事食を楽しんでみられてはいかがでしょうか。


    ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
      ◆このメールマガジンは、登録していただいた方々に配信しています。
         配信の変更などはこちらからどうぞ。
          http://www.maff.go.jp/chushi/mailm/index.html
      ◆メールマガジンへのご意見・ご要望、または転載を希望される場合は、メールでお知らせください。寄せられたご意見などは、個人情報を伏せた上でメールマガジンで紹介させて  いただくこともございますので、あらかじめご了承ください。
      ◆お問い合わせ窓口 https://www.contacts.maff.go.jp/chushi/form/161125.html
      ◆ホームページURL  http://www.maff.go.jp/chushi/
      ◆編  集  〒700-8532  岡山市北区下石井1-4-1
                中国四国農政局 経営・事業支援部 地域食品課
                TEL:086-224-4511(代)  FAX:086-224-7713
    ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
      <( _ _ )>   最後までお読みいただき、ありがとうございました。   <( _ _ )>

    お問合せ先

    経営・事業支援部地域食品課
    ダイヤルイン:086-230-4258
    FAX:086-224-7713