ホーム > 組織・政策 > 消費・安全 > 植物検疫に関する情報 > 国際植物防疫条約(IPPC)について > ミカンコミバエ種群植物検疫処理専門家会議


ここから本文です。

更新日:平成26年12月25日

担当:植物防疫課

ミカンコミバエ種群植物検疫処理専門家会議

2014年12月1日から一週間、沖縄科学技術大学院大学(沖縄県恩納村)において、「ミカンコミバエ種群植物検疫処理専門家会議」を開催しました。

会議の概要

    ミカンコミバエ種群はかんきつ類、果菜類を加害する重大な害虫で、東南アジア、ハワイ等に分布しています(我が国未発生)。

    本会議では、10ヶ国15名のミカンコミバエ種群に関する専門家が、ミカンコミバエ種群の最新の分類に関する研究、消毒処理基準を開発するための試験方法及び商業利用する際の課題と解決策等について議論を行いました。また、各国が採用しているミカンコミバエ種群に対する消毒処理基準、殺虫効果、品質への影響、今後の消毒処理ニーズ等について、取りまとめることになりました。

 

 IPPC事務局ホームページ〔外部リンク〕

 

 集合写真会議の様子

 

 

 

お問い合わせ先

消費・安全局植物防疫課
代表:03-3502-8111(内線4561)
ダイヤルイン:03-3502-5976
FAX:03-3502-3386

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図