1 資源管理型漁業の推進等

(1) 資源管理型漁業の推進

 水産業をめぐる内外の厳しい情勢の下で,我が国周辺水域の水産資源の維持,増大と安定的な漁業生産の確保を図るためには,地域の漁業者の総意によって資源管理を実施していくことが重要な課題となっている。

 このため,「海洋水産資源開発促進法」に基づき漁業者団体等による資源の自主的な管理を促進したほか,国,都道府県,漁業者団体等の関係機関が一体となって,資源管理型漁業の全国的な推進及び定着化を図るための総合的な対策を実施した。

 ア 資源管理型漁業の一層の推進・定着化を図るため,広域回遊性資源について一定のまとまりをもった広い海域を設定し,その海域において管理対象となる魚種・漁業種類を拡大して,総合的な資源管理計画の策定等を図ることとし,資源管理型漁業推進協議会の設置,漁協系統組織による指導・普及等推進体制の整備,資源調査,資源管理関連施設(築いそ,漁場管理強化施設等)の整備を行った。

 また,新たに,資源管理情報を整備し,漁業者へ提供するためのシステムの開発を行ったほか,小型いか釣り漁業の集魚灯の光力適正化のための調査・検討を行った。

 イ 資源管理型漁業の定着化を図るため,計画的かつ効率的な増養殖場造成等を行う資源管理型漁業推進増養殖場整備事業を実施した。

 ウ 資源の減少が著しい特定漁場については,関係漁業者が一体となって減船,漁船の小型化,網目規制等の措置を行い,資源を回復させ資源管理体制への円滑な移行を図る資源管理型漁業構造再編緊急対策事業を実施した。

 エ 資源管理の実施に伴い必要となる減収見合いの経営資金等を融通した。(資源管理型漁業経営安定資金,融資枠300億円)

 オ 我が国の漁獲量の大半を占める浮魚資源についての資源管理推進の一助とするため,既存の管理モデル開発,地域性の強い浮魚を対象に実施した調査で得られた成果を発展させ,特定の地域で特定の漁業種類を対象とした実践的シミュレーションモデルを構築するための調査等を行った。

(2) 漁業資源調査の推進

 我が国周辺水域内の漁業資源の実態を明らかにするため,都道府県等の協力を得て主要魚種及び漁業種類について,漁場別漁獲情報及び生物データの収集・整備を行ったほか,調査船等によるまさば,まいわし,するめいか等の資源量の推定に必要な卵,稚仔等の調査を実施し,これらの調査から得られた資料に基づき,科学的な解析により資源量の推定,再生産機構の解明等を行った。また,まいわし資源等の資源現存量,資源変動要因等の調査を引き続き実施した。

 さらに,漁業資源の評価精度の向上を図るため,我が国周辺水域の主要魚種について中層域の生物データの収集調査,幼魚及び未成魚の生態・分布量調査,音響を利用した資源現存量把握調査等を行ったほか,北海道周辺海域におけるすけとうだらの漁獲対象資源への新規加入機構を解明するための調査を行った。