5 遊漁対策等の推進

 ア 「遊漁船業の適正化に関する法律」に関する制度の周知徹底に努めるとともに,事故防止・安全対策の徹底強化を図るため,講習会の開催,ポスター・パンフレットの配布のほか,新たに,事故防止のための教材としてのビデオの製作を行った。

 また,遊漁船業に積極的に取り組んでいこうとする地域における遊漁船業振興のための指針の作成を行ったほか,遊漁船業者の届出情報の電算処理等を行い,遊漁船業者の適正な指導に努めた。

 さらに,漁業と遊漁の漁場利用の調整・適正化を図るため,漁場利用調整協議会等の開催を行ったほか,漁場利用協定の締結の促進及び遊漁船業者の組織化の促進に努めた。

 このほか,プレジャーボート所有者の実態の把握及び組織化・漁場利用ルールの啓発普及に努めた。

 イ 漁港においては,プレジャーボート・遊漁船と漁船とのトラブル等を防止するため,遊漁船等を分離収容する施設(フィッシャリーナ)の整備を引き続き実施した。

 ウ 海洋性レクリエーションについては,そのタイプごとに漁場利用共存事例を調査し,漁業関係者が適切に対応できるよう具体的な指針を策定した。