1 水産動植物の保護

 ア 資源が著しく減少している水産動植物の保護・増殖を図るため,「水産資源保護法」に基づく保護水面について,資源状態の著しく悪化している水産動植物が生息している水面を新たに指定したほか,道県が行う保護水面の管理及び有害な水産動植物の除去に対し助成した。

 また,(社)日本水産資源保護協会が行う水産資源保護に関する啓蒙普及事業等に対し助成した。

 イ 小型鯨類(イルカ等)の保護について国際的関心が高まる中で,混獲され,又は座礁したイルカ等の救出及び適切な対応を行うための啓発普及等を実施したほか,沿岸漁業におけるトドの被害を防止し,漁業との共存を図るために必要な調査研究を実施した。また,新たに,多様な水域生態系の保存及びこれと調和した水産資源の持続的利用を図るため,水生生物の生息状況等に関する調査を行い,減少の著しい種に関するデータブックを作成したほか,希少魚類等の増殖・保存試験を行った。

 ウ 海と渚の環境美化を推進する漁業関係者等の自主的な運動と連携しつつ,新たに,海と干潟の漁場環境を保全するための定点観測,海亀の保存調査や生物を利用した漁場環境保全に関する手法の開発調査を実施した。