1 新技術開発の推進

 ア 沿岸漁場の整備開発,栽培漁業等つくり育てる漁業を従来にも増して効果的に推進するため,新たな観点からの技術開発の促進を図ることとし,産・学・官の連携による共同研究開発組織である(社)マリノフォーラム21が行う緊急重点研究テーマとして,沖合養殖システム技術開発のほか,まぐろ類等の高度回遊性魚種に関する養殖技術システム,人工湧昇流発生パイロット,超微粒子人工配合飼料,海洋牧場技術システム等の先進的技術開発研究に対する助成を引き続き実施した。

 また,新たに,急深な海域等の表層の活用を図るための人工浮海底システムの開発,人工種苗を省力的に取り上げ,放流等の地点まで良好な環境下で輸送する種苗輸送システムの開発及び人為的な刺激により魚群の行動を制御する技術の開発に対し助成した。

 イ 我が国周辺水域における水産未利用資源を高度かつ多用途に利用し,水産業の新たな展開を図るため,(社)マリノフォーラム21が行う海洋生物特有の体成分,産生物質等の食品,飼餌料等への利用を目指した新技術開発に対して,引き続き助成した。

 ウ (社)マリノフォーラム21等で技術開発が進められている浮魚礁を使用して,我が国周辺の沖合水域での漁場造成を図ることを目的に海洋水産資源開発センターが行う実操業レベルでの企業化調査に対し引き続き助成した。

 エ 水産分野における育種の本格的な展開を図るため,引き続きバイオテクノロジーの活用等による水産生物の有用形質の先導的評価手法の開発を行った。

 また,海洋に関する調査研究の効率化を図るため,人工衛星高度計等を利用した漁況海況調査手法等の開発を行った。

 オ 地域に適合したバイオテクノロジーの開発を図るため,国の水産研究所等との連携の下に,都道府県水産試験場が行う水産生物へのバイオテクノロジー手法の活用技術の研究開発に対して引き続き助成したほか,バイオテクノロジーにより作出された三倍体魚等を養殖魚に導入し生産性の向上を図るためのバイテク魚の大量作出技術の開発,飼育方法のマニュアル化等に対し助成した。

 さらに,NTT資金による無利子融資制度を活用した水産関係研究開発・企業化基盤施設整備プロジェクト(民活型)を推進した。

 カ 漁業経営の合理化を図るため,省エネルギー化,低コスト化等の観点から漁具・漁法,漁船等について新技術の開発を行うとともに,音声認識技術を用いた操業・操船支援システムの開発,多獲性魚類の高鮮度維持加工システムの開発を行ったほか,新たに,環境保全型底びき網漁法の開発,かつお一本釣り漁業の合理化のためのかつお釣り機等自走システムの開発に対し助成した。また,開発実用化された機器,装置等の普及を図るため,民間団体による水産用機器形式等認定基準策定事業に対し助成した。

 キ まき網漁業の今後の厳しい労働力環境等に即応した操業形態の合理化を図るため,海洋水産資源開発センターが行う網船,灯船の2隻による新しい操業形態の確立のための洋上実証化調査等を内容とした新操業形態開発実証化事業に対し引き続き助成した。

 ク 公海流し網漁業停止後のあかいか漁業の操業継続を図るため,新たに,好漁場探索技術の確立のための調査及び漁法転換による生産効率の低下防止等を図るための代替漁法の実用化試験を行った。