1 漁業経営対策

(1) 漁業経営環境の変化に対応した経営対策

 景気停滞の長期化による魚価の低迷等による水揚額の減少が,企業的経営を行う中小漁業者等の中小漁業構造改善計画に基づく経営合理化の取組等の効果を損なうおそれがあることにかんがみ,自助努力では対応困難な急激な漁業経営への圧力に対処するための漁業経営環境変化対応緊急資金の融通措置を新たに講じた。

 また,上記資金の創設に伴い,保証機能の強化を図るため,農林漁業信用基金に対する出資を実施した。

(2) 漁業者に対する経営指導の強化

 ア 我が国漁業を巡る厳しい経営環境に耐え,将来にわたり漁業を継続する経営能力の優れた漁業者を育成するため,漁業者に対する経営指導に必要な経費を助成したほか,改良普及員等の参加による指導体制の強化及び漁業経営評価システムの導入による経営指導の質的充実を図った。

 また,経営指導と一体的に短期の運転資金である漁業経営強化特別資金(融資枠200億円)の融通を措置した。

 イ 中小漁業の対象業種について,望ましい経営のための最適条件を明らかにし,各漁業者が最も効率的かつ効果的な経営計画及び操業計画を策定するための支援システムの開発を実施した。

 ウ 底びき網漁業について,労働力及び漁獲物の流通の実態調査・分析を行い,総合的な経営対策の検討を実施した。