1 技術開発の推進

 ア 沿岸漁場の整備・開発,栽培漁業等つくり育てる漁業を従来にもまして効果的に推進するため,新たな観点からの技術開発の促進を図ることとし,産・学・官の連携による共同研究開発組織である(社)マリノフォーラム21が行う緊急重点テーマとして,生産性の高い漁場を効率的に造成するためのマウンド漁場造成システムの開発のほか,簡易型自動漁場観測システムの開発,種苗生産・育成用飼料の開発・改良,浅海域における藻場造成を促進するための浅海域緑化技術の開発,水域の立体的かつ高度な利用を図るための複合型海洋牧場技術システムの開発,増養殖等高度化システムの開発,貧酸素水対応型漁場造成システムの開発,排水処理利用技術の開発,水産加工エコシステムの開発,岩礁性藻場の造成技術の開発,粒径選別型底掃除システムの開発,魚群誘導技術システムの開発,バイオテクノロジーを用いた高機能植物餌料の開発,環境創出型養殖技術の開発等の先進的技術開発研究に対し助成した。

 イ 水産分野における自然生態系の遺伝的多様性の維持を図るため,水産生物の遺伝的多様性と近親交配の解明及び保存技術の確立を図ったほか,高度回遊性魚種に係る国際的保存管理措置の実効性を確保するため,輸入まぐろの魚種等を迅速簡便に判別する手法の開発を行った。

 ウ バイオテクノロジー等の地域における活用促進を図るため,国立及び公立水産研究機関に加え大学,民間の研究開発能力も組み入れた産学官の共同研究に対し助成したほか,養殖システムの一層の高度化を図るため,新たなバイテク魚種を実際の養殖に導入するための養殖システムの開発及びDNA(デオキシリボ核酸)の分析等の最新のバイテクを応用した病害予防技術等の開発に対し助成した。

 また,バイオテクノロジーの試験研究及び産業化促進のための施設整備に対し農林漁業金融公庫資金等の融通を措置した。

 エ 海洋に関する調査研究の効率化を図るため,水温水色等衛星データを利用し海中クロロフィル分布状況を効率的・広範囲に把握する手法の開発を行ったほか,我が国周辺水域における適正な漁業管理の履行のため,人工衛星を利用した漁船の操業監視システムの開発を行った。

 オ 環境に配慮した漁船・漁具等の技術開発を推進するため,電解方式船底防汚技術の実用化開発及び導電性の繊維,塗膜等を用いた自己防汚型漁網システムの開発を行ったほか,小型漁船安全対策のための調査,検討及び安全対策機器の開発に対し助成した。

 カ 漁業経営の合理化を図るため,省エネルギー化,低コスト化等の観点から,漁獲物の海中選別漁具の開発,多獲性魚類の高品質安定供給システムの開発等に対し助成した。また,新たに,近海まぐろはえなわ漁業や沖合底びき網漁業の効率化・省力化を図る目的から,近海漁船の合理化システムの開発等に対し助成した。

 キ 漁業生産・流通等の場における先駆的な漁業機械の実用化と効率的な利用方式の導入を図るため,冷凍かつおの荷役省力化システム及び2×4(ツーバイフォー:構成要素ユニット化)型漁船の実用化試験を実施したほか,水産加工業の水産物の一次処理作業の機械化等省人・省力型の先導的加工機械の実用化試験を実施した。

 ク 漁網の小型化等による漁獲努力量の削減により,資源動向に即した操業形態とすること及び省力化等による経費の削減,漁獲物の付加価値向上等を総合的に取り入れた操業形態とすることを基本とした新たな漁業生産方式の企業化を促進するため,海洋水産資源開発センターが実施する新操業形態開発実証化事業に対し助成した。

 ケ 未利用水産物等の有効利用・高付加価値化を図るため,投棄魚等の飼餌料化技術等の開発に対し助成した。