2 試験研究の強化

 国の試験研究機関においては,各種の試験研究を推進したほか,形態・生理機能の改変による新農林水産生物の創出に関する総合研究(バイオデザイン計画),農林水産業における内分泌かく乱物質の動態解明と作用機構に関する総合研究,麻痺性有毒プランクトンの発生予察手法の開発,種苗放流が生物多様性に及ぼす影響に関する研究,漁業資源量調査のためのマリノセンシング技術の開発,太平洋沖合水域における環境変動が漁業資源に及ぼす影響の解明,森林,海洋等における二酸化炭素(CO 2 )収支の評価の高度化,水産生物育種の効率化基礎技術の開発,炭素循環に関するグローバルマッピングとその高度化に関する国際共同研究,流出油が沿岸・沖合生態系に及ぼす中・長期的影響の解明等のプロジェクト研究等を都道府県水産試験場等関係機関の協力を得て実施した。

 また,バイオテクノロジー等科学技術の進歩による遺伝資源利用の増大に備えるため,農林水産ジーンバンク事業の水産生物部門として,藻類の遺伝資源の収集・保存等を行った。

 さらに,我が国周辺水域内の漁業資源調査を始め,我が国漁業が対象としている資源等に対する調査研究活動を実施した。

 このほか,都道府県水産試験場等が実施する試験研究のうち,重要かつ緊急性が高いものについて助成した。