ホーム > フォトレポート集 > 農林水産業の生産現場 > 過去の農業の生産現場(野菜・果樹編) > ながいも(春掘り)


ここから本文です。

ながいも(春掘り)

 

全道一のながいも産地の十勝では、前年春に種いもを植え、地中で越冬させた春堀りながいもの収穫が4月上旬から下旬にかけて行われました。
ここ芽室町の農家でも、雪が少なかったため、平年に比べ5日程早い4月9日から収穫が始まりました。トラクタに取り付けた専用機械でいもの横に溝をほり、一本づつ丁寧に手で堀り出していきます。農家によると、一日当たり15アール程収穫することができ、作柄は平年並みだそうです。
収穫されたながいもは、「十勝川西長いも」として全国各地や台湾などへ出荷されます。

 

 

専用機械でながいもの横に溝を掘る様子 手で掘り出されたながいも

 

 

北海道農政事務所案内

リンク集