このページの本文へ移動

北海道農政事務所

メニュー

フォトレポート集


農林水産施策に関する取組や、食育・イベントの現場などを写真でお伝えします。


農林水産施策、食育イベントの現場

農林水産施策に関する講演・説明会や、食育・イベントの様子を写真入りで掲載しています。

一覧ページへ

カメラ平成30年8月2日、3日

「わくわく夏休み子ども体験デー」を開催しました

北海道農政事務所は、関係機関とともに、平成30年8月2日(木曜日)、3日(金曜日)に「わくわく夏休み子ども体験デー」を開催しました。
「わくわく夏休み子ども体験デー」は、北海道の基幹産業である農林水産業に関する体験や食育を通して、親子のふれあいを深め、子どもたちが夏休みに広く社会を知る体験活動の機会とするとともに、農林水産関係の施策に対する理解を深めてもらうことを目的に開催しました。当日は天候にも恵まれ、2日間で531名の来場をいただき、大変盛況となりました。
北海道農政事務所では、「乳しぼり体験」「ブロッコリースプラウトの栽培体験」の2つのブースを出展しました。
詳しく見る
乳しぼり体験の様子2

開催日:平成30年8月2日、3日
場所: モエレ沼公園ガラスのピラミッド(札幌市)

農林水産業の生産現場

農林水産業の生産現場の写真掲載しています。

一覧ページへ 

カメラ平成30年7月27日

にんじんの収穫が行われています

音更町西昭和地区の農場では、にんじん(秋にんじん)(注)の収穫作業が始まりました。
JARおとふけ管内では、130戸の農家が423ha、にんじんを作付しています。
播種及び収穫作業を農協が作業委託し、これにより作付農家は、収穫時期が重なる小麦、ばれいしょ等の収穫作業に専念することができます。
収穫作業は10月末まで続き、北海道内外19箇所の市場に出荷されます。

(注)「秋にんじん」とは季節区分が秋(主な収穫・出荷期間8月~10月)に区分されるものです。年間を通じて栽培される品目については、産地、作型によって特定期間に出荷が集中するので、これらを考慮し、主たる出荷期間により季節区分を設定しています。
詳しく見る
複数の収穫機が同時に収穫

撮影日:平成30年7月27日
場所:音更町

撮影された風景のうち、特美しものを掲載しています。

一覧ページへ

カメラ平成30年5月28日

リラの花が初夏の訪れを告げています

札幌の木ライラックは別名リラとも呼ばれ、市内のどこの家の庭先でも見かけるほど、古くから市民に親しまれる花木です。 昭和34年から始まり今年60回目を迎える「ライラックまつり」は、市民にとって、長い冬から開放され、野外散策を楽しむ季節到来を告げる催しです。今では、札幌を代表する初夏のイベントとなっており、中心部の大通り公園と郊外の川下公園で開催されます。ライラックの花色は白、紫、ピンクなど様々。撮影を行った川下会場では、6月2・3日の開催を控え、リラの香りが公園中に漂っています。
詳しく見る
リラの花が初夏の訪れを告げています

撮影日:平成30年5月28日
場 所:札幌市

 


 

(注意)

このコーナーに掲載している画像の使用は基本的に自由ですが、画像の使用に当たっては、当サイトからの出典である旨を明示してください。
また、お手数ですが、ご意見・お問い合わせフォームから使用する旨のご連絡をお願いします。
なお、画像を使用することで発生した損害に対しては、直接・間接を問わず、当事務所は何ら責任を負うものではありません。

お問合せ先

企画調整室
TEL:011-330-8801
FAX:011-520-3051

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader