このページの本文へ移動

北海道農政事務所

メニュー

フォトレポート集


農林水産施策に関する取組や、食育・イベントの現場などを写真でお伝えします。


農林水産施策、食育イベントの現場

農林水産施策に関する講演・説明会や、食育・イベントの様子を写真入りで掲載しています。

一覧ページへ

カメラ平成29年11月6日

食べて守る北海道の里山セミナー「ドンドン活用!新食材エゾシカ」セミナーを開催しました

札幌地域拠点は、平成29年11月6日かでる2・7(札幌市)において、エゾシカ肉の消費拡大を目的としたセミナーを開催し、消費者、飲食店、行政など幅広い分野から約80名の参加がありました。
本セミナーでは、実際にエゾシカ肉を使った料理(すき焼き)を試食してもらった後に、鳥獣被害の現状とその対策やエゾシカを食用として或いは加工資源としての活用等について講演が行われ、参加者の興味深く熱心に聞き入る姿が目立ちました。報道機関も複数社会場入りし、ニュースや新聞等で取り上げられるなど関心の高さがうかがわれるセミナーとなりました。
また、会場内には展示コーナーを設置し、エゾシカ被害の実態等についてのパネルのほか、エゾシカを活用した食品(ジャーキー、ジンギスカン等)や製品(シャンプー、皮製品、角を使用したストラップ等)、エゾシカ猟に用いる猟銃の模型の紹介も行いました。
詳しく見る

1_semina.JPG
開催日:平成29年11月6日(月曜日)
場所:札幌市

農林水産業の生産現場

農林水産業の生産現場の写真掲載しています。

一覧ページへ 

カメラ平成29年10月27日

ドイツ製大型収穫機によるてんさいの収穫

津別町、美幌町、常呂町、オホーツク網走の4農協でつくる日甜美幌地区四ケ町村甜菜振興対策協議会は、農家の高齢化などを背景に農作業の負担軽減や収量増加を実現するため、欧州の技術を取り入れた栽培の実証実験に着手しています。
今年度、ドイツ・ホルマー社の大型収穫機(テラドスT4-30)を導入しました。この収穫機は、一度に6列のてんさいが収穫できるため作業の効率化が期待されます。
詳しく見る


撮影日:平成29年10月27日
場所:津別町

撮影された風景のうち、特美しものを掲載しています。

一覧ページへ

カメラ平成29年8月

ゆりの花が見頃を迎えています

広大な丘陵地の園内に、世界のゆり100品種以上・700万輪が植えられ、7月中旬から9月上旬まで様々な色、形、香りが楽しめます。
詳しく見る


撮影日:平成29年8月
場 所:小清水町 ゆりの郷こしみずリリーパーク 

 


 

(注意)

このコーナーに掲載している画像の使用は基本的に自由ですが、画像の使用に当たっては、当サイトからの出典である旨を明示してください。
また、お手数ですが、ご意見・お問い合わせフォームから使用する旨のご連絡をお願いします。
なお、画像を使用することで発生した損害に対しては、直接・間接を問わず、当事務所は何ら責任を負うものではありません。

お問合せ先

企画調整室
TEL:011-330-8801
FAX:011-520-3051

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader