このページの本文へ移動

北海道農政事務所

メニュー

フォトレポート集


農林水産施策に関する取組や、食育・イベントの現場などを写真でお伝えします。


農林水産施策、食育イベントの現場

農林水産施策に関する講演・説明会や、食育・イベントの様子を写真入りで掲載しています。

一覧ページへ

カメラ平成31年2月9日

三平汁(北海道開拓の村)

   北海道の郷土料理の代名詞とも言える「 三平汁」は、サケ、タラ、ホッケなどの塩漬けや糠漬けと根菜の汁もので、「三平」という名称の由来は定かではありませんが、一説には、松前藩の殿様が狩りに出て、斉藤三平という漁師の家で食べた有り合わせのもので作った汁が気に入り「三平汁」と呼ぶようになったと言われています。
   今回は、山形県から安政6(1859)年に渡道し小樽沿岸を中心に鰊建網(定置網)などを経営した漁家「青山家」に伝わる三平汁が再現され、大根・じゃがいも・糠ニシン・長ねぎが入っており、味付けは昆布出汁と糠ニシンの塩分のみと、あっさりした中に魚と野菜の旨味が凝縮された味わい深い汁ものとなっていました。また、開拓の村特製の「たくあん」や酒粕から作った風味豊かな「甘酒」もふるまわれ、多くの方が舌鼓を打ちながら味わっていました。
詳しく見る
三平汁

開催日:平成31年2月9日
場所:札幌市

農林水産業の生産現場

農林水産業の生産現場の写真掲載しています。

一覧ページへ 

カメラ平成31年1月27日

家畜改良センター十勝牧場での馬追い運動

  (独)家畜改良センター十勝牧場が毎年恒例で行っている農用馬の馬追い運動(注)の一般公開が、1月15日より始まり、平日の午前中に1時間程度、場内の運動場で実施されています。公開期間は2月末頃までを予定しており、見学にあたっては、家畜防疫対策のため、場内の家畜管理エリアに近づく車輌は、場内に設置された車輌消毒機による消毒の実施が必要となります。
  取材当日は、前日の降雪が運動場に残る中、栗毛のブルトン種、芦毛のペルシュロン種などが、2月に分娩を予定している群(妊娠A群30頭)と3月以降に分娩を予定している群(妊娠B群29頭)に分かれ、大きな馬体を揺らしながら、1周800メートルの運動場を各群ともに3周しました。
詳しく見る

大きな馬体を揺らしながら走路を駆ける

撮影日:平成31年1月27日
場所:音更町

撮影された風景のうち、特美しものを掲載しています。

一覧ページへ

カメラ平成31年1月16日

北海道酪農の夜明けを感じられる建物が保存されています

  札幌市厚別区の雪印種苗株式会社には、近代酪農の先駆けを実践した宇都宮仙太郎と、その娘婿である出納陽一が共同経営した宇納牧場にゆかりのある建物が保存されています。
   宇都宮らは、大正時代に「有限責任北海道製酪販売組合」(現在の雪印メグミルク)を立ち上げ、北海道で初めて工業的なバター生産に取り組みました。ここには、当時の製酪施設(バター工場)を復元した建物や旧雪印乳業が迎賓館として使用した恵庭荘(けいていそう)等の歴史的建物が保存されています。これらは、経済産業省の「近代化産業遺産」、札幌市の「さっぽろ・ふるさと文化百選」にそれぞれ選定されています。
詳しく見る
展示室内観

撮影日:平成31年1月16日
場 所:札幌市

 


 

(注意)

このコーナーに掲載している画像の使用は基本的に自由ですが、画像の使用に当たっては、当サイトからの出典である旨を明示してください。
また、お手数ですが、ご意見・お問い合わせフォームから使用する旨のご連絡をお願いします。
なお、画像を使用することで発生した損害に対しては、直接・間接を問わず、当事務所は何ら責任を負うものではありません。

お問合せ先

企画調整室
TEL:011-330-8801
FAX:011-520-3051

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader