このページの本文へ移動

北海道農政事務所

メニュー

攻めの農林水産業を率先する現場の取組み事例(北海道)

我が国の農業・農村は、農業生産額の減少、就農者数の減少、担い手の高齢化など多くの課題を抱えています。

北海道の農業・農村においても同様の課題を抱えていますが、全国の四分の一の耕地面積と大規模な専業的経営体を主体とした農業を展開し、我が国の食料基地として大きな役割を担っています。

このような中、農林水産省においては、「攻めの農林水産業推進本部」を設置し、現場の声を徹底的に吸い上げ、施策の具体化を加速することとしています。

この度、北海道農政事務所では、「攻めの農林水産業の推進」の取り組みとして、今後の農業施策の検討や農業の新たな展開の可能性となる生産性の拡大に向けた取組みや6次産業化等の取組みについて、事例を収集したところです。

これら事例が、関係する多くの皆様に活用され、参考になれば幸いです。

生産性拡大と品質向上

新品種・新技術の開発

農地集積、耕作放棄地の解消と担い手

6次産業化

輸出促進

異業種連携

再生可能エネルギー

食育の推進と農業体験

地域振興

その他 

 生産性拡大と品質向上

 新品種・新技術の開発

 農地集積、耕作放棄地の解消と担い手

 6次産業化

 輸出促進

 異業種連携

 再生可能エネルギー

 食育の推進と農業体験

 地域振興

 その他

お問合せ先

企画調整室
TEL:011-330-8801
FAX:011-552-0530

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader