このページの本文へ移動

北海道農政事務所

メニュー

農と福祉の連携(農福連携)

 
  近年、農業の現場では、農業従事者の高齢化や働き手の不足が課題となっています。一方、福祉の現場では、障害者等の就業率や賃金が低いため、経済的自立が難しいという課題があります。
  そのため、北海道農政事務所では、農業分野と福祉分野が連携し、障害者等が農業生産活動に携わる取組である「農福連携」を推進しています。
  農福連携を行うことで、農業経営体にとっては、作業過程の見直しや作業の細分化等を通じ、経営効率が上がるというメリットがあります。
  また、福祉側にとっては、土や自然に触れることで心身に良い影響があったり、障害者等が積極的に施設外に出かけることで地域とのつながりが生まれるというメリットがあります。
  ここ数年、北海道においても、農福連携は確実に盛り上がりを見せています。農業が重要な社会経済基盤である北海道において、「農福連携」は多くの可能性を秘めています。

最新情報

 

各種情報

北海道地域の農福連携推進ネットワーク

セミナー・シンポジウム等情報

補助事業(農山漁村振興交付金)の紹介

農福連携の取組実践事例

リンク集

 

パンフレット・マニュアル

「福祉分野に農作業を Ver.6」(PDF : 3,034KB)
(平成30年9月 農林水産省・厚生労働省)
 
農福連携に関する支援策などについて解説しています。
パンフレット
「農業分野における障害者就労マニュアル」(PDF : 1,493KB)
(平成21年3月 農村工学研究所)
 
農業分野における障害者の受入手法や支援手法について解説しています。
農福マニュアル
「農業分野における障害者就労の手引き」(PDF : 2,910KB)
(平成20年3月 農村工学研究所)
 
農作業を行う際の障害への配慮や指導ポイントについて解説しています。
障害者就労の手引き

お問合せ先

企画調整室
TEL:011-330-8801
FAX:011-552-0530

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader