このページの本文へ移動

北海道農政事務所

メニュー

管内概要

1.管轄区域

釧路支局管内概要管轄区域1 釧路支局管内概要管轄区域2 釧路支局管内概要管轄区域3

 

釧路地域拠点は、釧路地域の8市町村(1市6町1村)と根室地域の5市町(1市4町)の13市町村を管轄区域としています。
総面積は1万4,498㎢(北方領土含む)で北海道の17.4%を占め、福島県とほぼ同じ広大な面積であり、このうちの13.7%(19万9,600ha)が耕地面積となっています。
また、総人口は約32.1万人で、北海道(約543.2万人)の5.9%を占めています。  

資料1)国土地理院「全国都道府県市区町村別面積調」(平成27年) 
   2)農林水産省「耕地及び作付面積統計」(平成27年)
   3)総務省「住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数」(平成27年)

2.地勢

 釧路支局管内概要地勢

極寒の餌場に群れる丹頂鶴とオジロワシ(鶴居村)

 

北海道の東部に位置し、北東部はオホーツク海に、南部は太平洋に面しています。北部は千島火山帯の阿寒山系を境にしてオホーツク管内に、西部は直別川で十勝管内に接しています。
世界自然遺産に登録されている知床に加えて、阿寒、釧路湿原と3つの国立公園があるなど森林、湖沼、海岸と豊かな自然に恵まれた地域となっています。春から夏にかけて「じり」と呼ばれる霧が発生し、「湿潤冷涼な夏」は天然の避暑地となると同時に、湿原の乾燥化も防いでいます。
また、秋冬には晴天の日が続き、「乾燥寒冷な冬」となり、年間日照時間は国内有数の地域となっています。沿岸部では海洋性気候、内陸部では大陸性気候を示し、年平均気温は、5℃~7℃と冷涼であり、オホーツク海域は、冬期間流氷に閉ざされ、厳しい寒気に見舞われます。

3.農業の概要

 

広大な牧草地を利用した道内でも屈指の酪農地帯であり、水田はなく、畑の一部にいも類、野菜、小麦等が作付けされているものの、そのほとんどに牧草が作付けされており、牧草専用地作付面積は17万8,110haで北海道の40.8%を占めています。
農業就業者数は6,872人で、北海道の7.1%を占め、また、販売農家数は2,494戸で、北海道の6.5%を占めています。
生乳生産量は、北海道(381万t)のおおよそ3分の1を占めており、その多くはバター、チーズ等の乳製品向けですが、飲用乳として道外へも移出されています。


資料:農林水産省 「2015年世界農林業センサス」
                      「牛乳乳製品統計」(平成26年)

 

 釧路支局管内概要農業の概要

雄大な放牧地で草をはむ乳用牛(別海町)

 


 

 

お問合せ先

釧路地域拠点地方参事官室
TEL:0154-23-4401
FAX:0154-23-4404

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader