このページの本文へ移動

北海道農政事務所

メニュー

「仮想!道の駅フェスティバル」が開催されました。

  9月22日に標茶町において、「仮想道の駅フェスティバル」が開催されました。このイベントは、もし標茶町に町の魅力を発信出来るような道の駅があったら、標茶町は盛り上がるのではないか、また、標茶高校が開発した標茶産牛乳使用の「しべパフェ」で、標茶町を「パフェの町」として町おこしをするきっかけにしたいとの思いから開催されました。
  当日は標茶高校生徒による「しべパフェ」販売やキッチンカーでの飲食販売、標茶町物産品の販売のほか、メインステージでは標茶高校の生徒が「しべパフェ」のPRを行い、今回のイベントで年間試食目標の1,000食を達成するとの発表がありました。
  イベントには約5,000人が来場し、「しべパフェ」や標茶町の牛肉など標茶町の魅力ある食などを満喫していました。   


撮影データ

◯撮影年月日:令和元年9月22日(日曜日)
◯撮影場所:標茶町 JAしべちゃ駐車場


実行委員長のJAしべちゃ千葉組合長開会のもちまきをする
実行委員長の
JAしべちゃ千葉組合長
大勢の来場者でにぎわうJAしべちゃ駐車場大勢の来場者でにぎわう
会場のJAしべちゃ駐車場
標茶高校の生徒が販売した「しべパフェ」標茶高校の生徒が販売した
「しべパフェ」
「しべパフェ」販売コーナーには長蛇の列が 「しべパフェ」販売コーナーには途切れることなく長蛇の列が


お問合せ先

釧路地域拠点地方参事官室

TEL:0154-23-4401
FAX:0154-23-4404